国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > 新着情報
  • > 2017
  • > 読売巨人軍ケーシー・マギー選手が国立成育医療研究センターを慰問されました

読売巨人軍ケーシー・マギー選手が国立成育医療研究センターを慰問されました

読売巨人軍のケーシー・マギー選手は自身の長男が脳性まひを抱えて誕生したことから、福祉施設や小児医療機関で過ごしている子供たちを元気づけたいと考え、今回の訪問が実現しました。
IMG_0629の画像

IMG_0633の画像

小児入院病棟、外来スペースをまわってリハビリテーション室を慰問。小児入院病棟では人生初めてのプロ野球選手との出会いに、子どもたちも愉しそうでした。
IMG_0641の画像

マギー選手は子どもたちとの交流前に「ここに入院している子どもたちは深刻な病などで闘病している子どもたちだから、東京ドームに来られない、野球を観ることができない日常に、少しでも変化を与えて、少しでも力になりたい。自分が来たことによって非日常感を味わってもらって、しばらくでも良いから闘病している子供たちの顔に笑顔ができるようにしたい」と子どもたちへの想いを話しました。
IMG_0656の画像

IMG_0662の画像

IMG_0665の画像

交流の後、「病という困難に笑顔で向き合っている子供たちを見ると、自分が野球で思うとおりにいかなくても下を向いてはいられないなという気持ちになったし、逆にエネルギーをもらえたよ」とお話されていました。
IMG_0624の画像

今回、このような交流を実現できたこと、たいへん嬉しく思います。ケーシー・マギー選手、そして読売巨人軍ファン事業部のみなさま、ほんとうに有難う御座いました。

▸ 関連情報

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。