国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > 新着情報
  • > 2017
  • > 中国新聞”妊婦の禁忌薬を容認 厚労省方針、免疫抑制剤3種を先行"として報道されました

中国新聞”妊婦の禁忌薬を容認 厚労省方針、免疫抑制剤3種を先行"として報道されました

中国新聞”妊婦の禁忌薬を容認 厚労省方針、免疫抑制剤3種を先行"として報道されました

▸ 関連情報のご案内

取材をうけた医師・スタッフ

村島 温子の画像

氏名 むらしま あつこ
村島 温子
Atsuko Murashima
所属、役職 周産期・母性診療センター 主任副センター長
妊娠と薬情報センター センター長 併任
卒業大学・卒業年 1982年 筑波大学医学専門学群 卒業
専門分野 合併症妊娠(特にリウマチ/膠原病)
母性内科学
資格・学位 医学博士
日本内科学会認定 内科専門医
日本リウマチ学会認定 専門医・指導医

国立成育医療研究センターの妊娠と薬情報センター

妊娠中・授乳中の服薬について、気になることがありましたらご連絡ください
妊娠中の薬剤使用について不安を持つ女性に安全情報を提供すること、および集積した相談者の服薬データと妊娠転帰データからエビデンスを創出することを目的として2005年、当センターに開設されました。
情報提供は当センターの作成した回答書をもとに、主治医ないしは拠点病院(2013年度時点で全国25か所)に設置された「妊娠と薬外来」で行っており、相談数は年間2000例あまりと年々増加傾向にあります。
専門家との情報交換・共同研究を通じた啓発を続けています
集積したデータを基にエビデンスの創出に努めるとともに、欧米のネットワークに参加し情報交換や共同研究を行っています。
拠点病院の医師や薬剤師を対象とした研修会、一般の医師・薬剤師を対象とした講演会を開催するなど、積極的にこの分野の啓発活動を行っています。

くわしくはこちら

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。