国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > 新着情報
  • > 2017
  • > 第29回成育臨床懇話会「世田谷区のこれからの連携を考える」を開催いたしました

第29回成育臨床懇話会「世田谷区のこれからの連携を考える」を開催いたしました

★横谷の画像

先日、第29回成育臨床懇話会「世田谷区のこれからの連携を考える」を開催いたしました。
主に医療従事者の方々と今回は3つのテーマをもとに懇話会を行いました。

《議題》

  • 『地域で一生を支える在宅医療』:総合診療部 在宅診療科医長 中村知夫
  • 『小児医療におけるトランジションの重要性』:副院長・生体防御系内科部長 横谷進
  • 『児童虐待への積極的な対応』:副院長・こころの診療部部長 奥山眞紀子

国立成育医療研究センターは、今後も地域に根ざした医療機関を目指していきたいと考えています。みなさまのご理解・ご支援のほど何卒よろしくお願いいたします。

医療連携・患者支援センターについて

▸ 基本情報

医療連携開発室、医療連携室、患者相談窓口からなる組織として2011年5月にスタートしました。2013年7月からは、新たに在宅医療支援室が加わり、現在は4部門となり、事務職、MSW(MedicalSocial Worker)、PT(理学療法士)、看護師、医師で構成しています。


総合診療部 在宅診療科区長 中村知夫
副院長・生体防御系内科部長 横谷進
副院長・こころの診療部部長 奥山眞紀子

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。