国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > 新着情報
  • > 2017
  • > 毎日新聞"患者塾 医療の疑問にやさしく答える どうなる2017年の医療 /下 /福岡”として報道されました

毎日新聞"患者塾 医療の疑問にやさしく答える どうなる2017年の医療 /下 /福岡”として報道されました

国立成育医療研究センターのアレルギー科

重症のアレルギー疾患の実績が豊富です
日常生活に支障を来してしまうような重症患者でも、正しい治療努力をすれば、病気を克服して、健康な子どもと同じような生活が送れるようになります。
最新の医学的エビデンスに基づく医療
日本アレルギー学会専門医6名(うち2名は指導医)をはじめ、当科の医師全員が小児科専門医の資格を有しています。外来では小児アレルギーエデュケーターの資格を持つナースによる教室や個別指導も受けられます。
ガイドライン治療を基本として、信頼性の高い最新の医学的エビデンスを取り入れて患者ごとに決定します。どんなに重症でもきちんと治すことが基本です(特にアトピー性皮膚炎)。患者と家族が病気を克服し、QOL(生活の質)を高められるよう全面的に支援します。
アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、気管支喘息でお困りの方は受診を
対象疾患は、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、新生児・乳児アレルギー性胃腸炎、気管支喘息、じんましん、薬物アレルギー、血管性浮腫など。
特に、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、気管支喘息の治癒を得意とします。

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。