国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > 新着情報
  • > 2016
  • > ”クローズアップ2016 原因不明の病、特定に道筋"として報道されました

”クローズアップ2016 原因不明の病、特定に道筋"として報道されました

国立成育医療研究センターの取り組みが記事になりました。

取材をうけたスタッフ

所長 松原 洋一の画像
所長 松原 洋一

国立成育医療研究センターは、わが国の成育医療・研究の中枢を担うナショナルセンターです。未来にむけて病院と研究所が一体となり、先進的な医療と研究を実践していることが特徴です。
研究所は実験医学研究部門から社会医学研究部門にいたるまで、成育医療における広範な分野を研究対象としています。具体的には、再生医療、遺伝子治療、薬剤治療、システム発生・再生、小児がん、内分泌、母児感染、周産期病態、免疫アレルギー、系統的レビューと政策提言、養育環境、移植免疫、遺伝子改変動物などの研究を行っています。
次世代シークエンサーをはじめとする最先端の機器が整備された研究環境の中で、様々なバックグラウンドを持ち、出身校も異なる研究者たちが全国から集まり、切磋琢磨しながら明日の成育医療を創造しようと努力を重ねています。また、全国の大学や成育医療施設とも積極的な研究連携をおこなっています。 私たちは、今後とも、優れた研究成果を国内のみならず世界に向けて発信していくとともに、次世代の成育医療を担う研究者の育成にも努めていきたいと考えております。

小児希少・未診断疾患イニシアチブ(IRUD)

原因不明で診断がつかず、治療の進まない症状の子どもたちをゲノムで救う。
全遺伝子解析等による病気や原因を特定するプロジェクト「小児希少・未診断疾患イニシアチブ」が、はじまりました。
このプロジェクトは、原因や診断がわからない小児の患者さんについて、最先端の機器を駆使してDNAを調べ、原因や診断の手がかりを探す全国規模の研究プロジェクトです。
国立成育医療研究センター、慶応義塾大学病院が拠点となり、各地の地域拠点施設(クリニカルセンター)を中心に、全国体制で病気の特定につとめます。
診断のつかない子どもたちと、そのご家族のために。皆さまのご理解・ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。