国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > 新着情報
  • > 2016
  • > ”菅原洋一さん 闘病の子どもに歌をプレゼント 東京の病院で披露”として報道がされました

”菅原洋一さん 闘病の子どもに歌をプレゼント 東京の病院で披露”として報道がされました

国立成育医療研究センターで開催された企画が記事になりました。

国立成育医療研究センターの小児がんセンター

わが国における小児がん診療のモデルとなるべく、全ての小児がん患者に対して世界標準かつ優しく温かい医療を提供するとともに、臨床研究の推進、新規治療の開発、長期フォローアップ体制の確立などを通じて、わが国の小児がん診療をリードすることを目標としています。
2013年2月、厚生労働省は、全国に15の小児がん拠点病院を指定し、国立成育医療研究センターは、そのひとつに指定されました。さらに、2014年2月には、15の拠点病院を取りまとめる小児がん中央機関に指定されました。小児がんセンターは、2013年9月に新しく組織され、小児がん拠点病院・中央機関を担う部門として機能しております。
小児がんセンターの診療科としては、現在のところ診療部門内科系の体制整備が行われております
小児がんセンターは、診療部門研究部門、患者支援部門及び教育部門に大きく分かれ、病院、研究所が互いに協力して、各診療科を横断的に統合した体制を目指します。内科系診療組織には、血液腫瘍科、脳神経腫瘍科、移植・細胞治療科、血液内科があり、外科系診療組織には、腫瘍外科があります。また将来的には、緩和ケア科、長期フォローアップ科を設置予定です。
長期フォローアップに関しては、小児がん経験者に生じる問題を理解し、適切に対応するために、経験豊富な看護師の配置、治療サマリー・フォローアッププログラムを用いた対応を行っています。2014年の外来患者総数はのべ約3,000人でした。また、さまざまな診療科の医師、専門看護師、チャイルドライフスペシャリスト、臨床心理士、薬剤師及び社会福祉士などにより構成される緩和ケアチームを設置しています。
緩和ケアチーム「こどもサポートチーム」、そして「長期フォローアップ」の取り組み
小児がん患者さんとその家族をサポートするために、緩和ケアチーム「こどもサポートチーム」を設置しています。小児がん経験者に生じる様々な問題を理解し、適切に対応するために「長期フォローアップ」にも力を入れています。

くわしくはこちら

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。