国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • 交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > 新着情報
  • > 2016
  • > 国立成育医療研究センターの子どもホスピス”もみじの家”竣工記念式典を開催しました

国立成育医療研究センターの子どもホスピス”もみじの家”竣工記念式典を開催しました

この度4月下旬に開設されます、国立成育医療研究センターの医療型短期滞在施設“もみじの家”の竣工記念式典が執り行われました。
IMG_1995の画像

国立成育医療研究センターの医療型短期滞在施設「もみじの家」

一人ひとりの“生きる”を、もっと、支えたい
国立成育医療研究センターは、小児・周産期医療を担う日本で最大の医療研究センターであり、「高度専門医療に関する研究等を行う国立研究開発法人に関する法律」に基づいて設置されている成育領域唯一のナショナルセンターです。
これまで行ってまいりました急性期を中心とした高度先進医療の提供、人材育成及び技術開発のみならず、急性期の治療が終了した後も医療的ケアを必要とする子どもとその家族への支援として、医療型短期滞在施設「もみじの家」運営に取り組むことと致しました。
助かる“いのち”が増えた一方で、最先端の医療をもってしても救えない“いのち”があります。家族とともに過ごしたい、さまざまな経験を重ねて自分らしく過ごしたい―そういう願いも叶えられないまま、最期の日々を病院で過ごす子どももいます。
たとえ病気による制約がどれだけあろうとも、重い病気を持つ子どもには、遊んだり学んだりできる“子どもらしいひととき”が、家族には”くつろぎと休息のひととき“が、求められています。

事業内容

「ひとり一人が その人らしく生きる」というコンセプト
重い病気を持つ子どもと家族ひとり一人が、その人らしく生きることができる社会を創る。この目標に向かって、看護師、保育士、介護福祉士、ソーシャルワーカー、理学療法士、事務職、医師など多職種で、家庭的な温かい雰囲気の生活の場をつくります。
病院棟の南西に隣接する二階建ての「もみじの家」に、自宅で医療ケアを受けている子どもと家族を短期間受け入れ、ひとり一人が子どもらしい生活、くつろいだひと時を過ごせるよう、さまざまな医療ケアに対応し、子どもと家族のニーズに寄り添います。家のような安心・リラックスできる団欒の場をつくり、子どもの成長・発達に応じて“わくわく”する体験を提供します。
そして、ボランティアや障害者雇用を積極的に取り入れ、社会とのつながりが希薄になりがちな子どもと家族を、地域と関わることができるように支援します。
重い病気を持つ子どもとその家族のための 新しい支援の創造を目指して
本プロジェクトが目指すものは、子どもがたとえ重い病気を持っていても、自宅で家族と一緒に安心して過ごすことができる社会を創ることです。そのためには、“子どもらしいひととき””くつろぎと休息のひととき“が必要です。
子どもの個性に合わせた新たな支援モデルを研究開発し、提言することにより、社会の理解を深め、新しい支援のしくみを全国に広めることを目指します。
皆さまのあたたかいご理解とご支援を、心からお願い申し上げます。

くわしくはこちら ※公式webサイトに飛びます