国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

成育すこやかジャーナル 平成15年度

==================================

成育すこやかジャーナル No.17(2004/3/5)

==================================

成育すこやかジャーナル第17号をご覧いただきありがとうございます。

<><><><><><><><><><><><><><><><><>

◆目 次

●病理検査について    (臨床検査部 病理検査室医長 宮内 潤)

●小児放射線治療について   

(放射線診療部 放射線治療科医師 北村 正幸) 

●食物アレルギーのための代替食について

(第一専門診療部 アレルギー科医師 渡辺 博子)

●後発医薬品について

                    (薬剤部 薬剤師 林 希実子)

<><><><><><><><><><><><><><><><><>

●病理検査について

(臨床検査部 病理検査室医長 宮内 潤)

 「病理検査」とは、レントゲン検査などで異常が見つかった場合に、体の

中から細胞や組織をとって顕微鏡で調べる精密検査です。体の中で起こっ

ている細胞レベルの変化を直接目で見ることができるので、それ自体が病

気の診断になるため、「病理診断」とも呼ばれています。病理診断には、尿

や痰などの体液の中に落ちてきた細胞を集めて検べる「細胞診」と、体の

一部の組織標本を薄く切って検べる「組織診」があります。組織診の場合、

皮膚や粘膜などのごく一部を小さくとって検べる「生検」と呼ばれる検査

と、手術で摘出された患部を詳細に検べる検査があり、また手術中に行う

迅速病理診断もあります。

通常の細胞は無色透明なので、色素を使って標本を染色することで顕微

鏡観察ができるようになります。こうした標本は臨床検査技師によって作

製され、最終的には検査室に常駐する病理医と呼ばれる専門の医師が診断

を下し、結果は担当の臨床医に連絡されます。正確な診断のためには、通

常の染色だけではなく、診断の鍵となる標本中の特定の物質を検出する

特殊な方法も駆使します。また、1個の細胞の奥深くまで観察する必要が

ある場合には、光学顕微鏡による観察だけではなく、電子顕微鏡という大

型の機械を用い、通常の病院ではできない難しい病気の診断も行っていま

す。

病理検査はガンをはじめとする多くの病気の診断を確定し、治療方針を決

定するうえできわめて大切なものです。病理検査に携わるスタッフは、そ

の責任の重大さを常に感じながら日々の研鑽に努めています。

自己紹介

宮内 潤 (みやうち じゅん)

1977年に慶應義塾大学医学部を卒業後、同大学院医学研究科(病理学教室)

にて、電子顕微鏡を用いた細胞病理学に関する研究を行いました。その後、

カナダ・トロントのオンタリオ癌研究所で白血病の研究に従事し、帰国後

に当院の前身である国立小児病院に移り、小児疾患領域の病理診断と研究

を行ってまいりました。平成14年に当院が開設されて以降は、病理検査

室医長として現在に至っております。専門は小児病理学と白血病をはじめ

とする小児がんです。山歩きや野鳥の観察が趣味です。

<><><><><><><><><><><><><><><><><>

●小児放射線治療について   

   

(放射線診療部 放射線治療科医師 北村 正幸)

                      

  こんにちは、放射線治療科の北村正幸と申します。放射線は、今から100

余年前のレントゲン博士の発見以来、現代医療の診断や治療に広く使われ

ています。放射線治療の歴史も古く、放射線発見の翌年には皮膚癌の治療

に照射が試みられたそうです。

  さて、小児がんにおいては成人がんに先立ち、手術と化学療法(抗がん

薬)と放射線治療の3大療法による集学的治療が行われてきました。最近

は化学療法の発達とともに、小児がんの治療成績は向上しています。当セ

ンターにおいても外科、小児腫瘍科、放射線診療部(診断科・治療科)、病

理が隔週で腫瘍カンファレンスを行いながら診療しています。

  放射線照射の実際は、リニアックという照射装置の寝台上で患者さんに

横になってもらい、位置合わせをしてから照射するという手順です。通常

1日1回週5回行います。治療期間は数日から5週間程度と病気によって

まちまちです。治療時間(入室から退室)は10~15分程度ですが、実際の

ビーム照射は合計90秒程度です。

  治療そのものは何の痛みもありませんが、位置合わせ後は寝台上でじっ

としていなければなりませんし、リニアック室内ではご家族の付き添いは

できないことになっています。小さいお子さんではそれが問題となります

が、2歳以上であれば,液晶テレビで好きなアニメビデオを見てもらいな

がら行うとうまくいきます。時には治療室に慣れてもらうため,開始数日

前から下見として遊びに来てもらったりもします。

1歳以下では麻酔科の協力を得て全身麻酔下で行います。

  小児放射線治療における成人と異なる点は、部位や線量によっては発達

障害や成長障害を生じることがあるという問題があります。わずかですが

将来発がんする可能性もあります。治療効果を高めようとすれば、これら

障害の可能性も高まるという二律背反があるのですが、可能な限りこれら

の障害を避けるよう工夫し、ご家族とも相談しながら「今そこにある危機」

を乗り越えるべく治療を行っています。

 

 

<><><><><><><><><><><><><><><><><

●食物アレルギーのための代替食について

(第一専門診療部 アレルギー科医師 渡辺 博子)

本来栄養になるはずの食物が体に有害な反応を起こすことを広い意味で

の食物アレルギーといいます。ちょっと難しくなりますが、この中で、免

疫学的な機序を介するものを狭い意味での食物アレルギーといいます。混

同されやすいのですが、例えばホウレンソウやタケノコのようなあくの強

い食物を食べて口の周りが痒くなる・・・といった反応は狭義の食物アレ

ルギーとはいいません。

  平成9年に日本で行われた調査によると食物アレルギーの頻度は3歳児

で8.6%と報告されています。卵が最も多く、牛乳、小麦、そば、えび、ピ

ーナッツと続き、食事の西洋化が反映されています。ひとくちに食物アレ

ルギーといっても、その症状はショック状態になってしまう場合から、大

量に食べるとアトピーが少し悪くなるといった程度までさまざまです。ま

た、血液検査で陽性でも症状のでない患者様も多いので、どの程度までの

食物を除去するのかは医師に相談していただき、必要かつ過剰にならない

制限を心がけたいものです。

  乳幼児に多い抗原である卵や牛乳、小麦などは主要な蛋白源なので、成

長期の子供に対してこれらの食品を厳しく制限することは、注意が必要で、

代替となる蛋白源を考慮しておく必要があります。

  牛乳に関してはさまざまな程度に低アレルゲン化されたアレルギー用ミ

ルクが販売されており、牛乳アレルギーの程度にあわせて選択が可能です。

小麦や米に関しても、低アレルゲン化された商品が手にはいるようになり、

摂取可能な場合も多いので、医療機関でご相談下さい。

  食事制限は子どもさんにもお母さんにも身体的、精神的負担の大きい治

療です。乳幼児の食物アレルギーは多くが3-4歳くらいまでに耐性を獲得

し食べられるようになることがわかっています。半年から1年に1度は検

査を行い、制限の必要な範囲について検討し直すことで、不必要な制限を

せずに済ませたいものです。

  低アレルゲン化食品は主治医に相談しながら購入しましょう。

自己紹介

 平成8年に神戸大学を卒業しました。平成12年から旧国立小児病院ア

レルギー科に勤務し、平成14年からは神奈川県秦野市にある国立療養

所神奈川病院と成育医療センターアレルギー科で勤務しています。私自

身現在2歳の子どもの子育て中なので、同じ視点から患者様のお母さん

に共感できるのがつよみ?です。アレルギー疾患の治療は根気も手間も

いりますが上手なつきあい方のこつをつかめば大丈夫!医療の面から楽

しい子育てのサポートができればと考えています。

><><><><><><><><><><><><><><><

●後発医薬品について

                    (薬剤部 薬剤師 林 希実子)

  医師から処方せんを受け取るとき、または、薬局で薬剤師から薬を受

け取るとき、「この薬は○○さんが初めて使用される薬ですが、今までの薬

と同じ成分で、同じ効き目のある薬です。飲み方(もしくは使い方)も同

じですので、安心してください。」というような説明を受けた方がいると思

います。最近、「同じ成分で同じ効き目の薬」が注目されており、当院でも

医師が処方する薬の中にこれらの薬が何種類か加わりました。このことは

当院だけでなく、多くの病院、診療所で行なわれていますので、今後皆さ

んが前述のような説明を聞く機会が増えると思います。そこで今回は「同

じ成分で同じ効き目の薬」について紹介させていただきます。

  医薬品は開発の経緯によって「先発医薬品」、「後発医薬品(ジェネリッ

ク医薬品)」に分類されます。最初に開発された新薬(新医薬品)を先発医

薬品といいます。これに対し後発医薬品とは有効成分が先発医薬品と同一

で、先発医薬品の特許期間終了後に発売された薬を指します。先発医薬品

と後発医薬品は成分が同じであるだけでなく、用法・用量、効能・効果も

同じです。両者の間で異なる点は厚生労働省により薬として承認される時

の審査項目と価格(薬価)です。

新薬(先発医薬品)が薬として承認されるには安全性と有効性を調べるさ

まざまな試験が必要です。一方、後発医薬品は先発医薬品の情報を元に後

から開発されるため、先発医薬品ほどの試験は必要とされません。先発医

薬品の開発には莫大な時間と費用がかかりますが、後発医薬品は先発医薬

品に比べてこれらにかかる時間と費用が少なくて済むので安い価格で供給

されます。ですので、後発医薬品を使用することにより、同じ治療効果を

期待しながら、患者様の医療費の負担を軽減することが可能です。

さらに、後発医薬品の中には使い勝手の面で先発医薬品をしのぐものもあ

ります。例えば、味の工夫や剤形の工夫により飲みやすくなった内服薬や、

添加剤の変更によりかぶれにくくなった外用薬もあります。

このような経済的な利点や使い勝手の面から、後発医薬品は医療の現場に

おける薬物治療の選択の幅を広げるものとして期待されています。日本で

はまだ医薬品全体に占める後発医薬品の使用量は一割強ですが、欧米では

五割に及ぶ国もあるそうです。今後日本においても、よりよい医薬品資源

として私たちの身近な存在になってくると思われます。

薬のことで疑問に思うこと、知りたいことがありましたら、気軽に薬剤師

にご相談ください。

><><><><><><><><><><><><><><><><><

成育すこやかジャーナル第17号いかがでしたでしょうか?

3月2日、病棟で1日早い「ひなまつり」の行事が行われ、ボランティア

登録者によるいろいろなイベント(合唱・ピアノ、ヴァイオリン演奏・歌と

フルート演奏)がありました。

▲ ページ上部に戻る

==================================

成育すこやかジャーナル No.16(2004/2/5)

==================================

成育すこやかジャーナル第16号をご覧いただきありがとうございます。

<><><><><><><><><><><><><><><><><>

◆目 次

●母性保護について  (周産期診療部  母性内科医師 山口 晃史)

●子どもが自分で痛み止めを静脈注射する

(手術・集中治療部 疼痛管理科医長 近藤 陽一) 

●出産、育児中に気をつけること

(周産期診療部 産科医師 渡辺 典芳)

●院外処方せんと保険薬 

(薬剤部  薬剤師 三富  玲)

><><><><><><><><><><><><><><><><

●母性保護について

(周産期診療部 母性内科医師 山口 晃史)

母性保護といいますと一般的には生理休暇、産前産後休暇、出産手当金

の給付、休暇中の所得保障や保育中の労働時間短縮などの権利についての

保護を指しますが、医療の立場からは母体の精神的、肉体的な健康管理な

どが保護という意味に値すると考えます。

 我々のセンターでは妊婦さんが安全で快適な周産期を過ごせるよう、周

産期診療部(産科、新生児科、母性内科)、婦人科、こころの診療部、薬

剤部(順不同)を中心として総合的に診療しております。

 妊娠中はホルモン動態、免疫機構、栄養状態などに変化がおこり、母体

へ多くの影響を与えるため妊娠していない時とは身体状況が大きく変わ

ります。

これらの影響は妊娠初期のいわゆる“つわり”に代表されるように妊娠週

数によってそれぞれ特徴があります。妊婦さんご自身に改めて認識してい

ただきたいことは、妊娠していない時に比べ感染に対し弱い状態にあるこ

と、蛋白、ビタミン類、ミネラル、微量元素(マグネシウム、鉄など)が

胎児の体を作るために使われ、妊娠経過となどに減少してくることや塩分

の摂りすぎは浮腫や高血圧の原因となることです。特に食事の管理は胎児

への影響はもとより母体の妊娠後期の合併症予防、産褥期の回復に大きく

影響してきます。

 我々母性内科では基本的に何らかの基礎疾患をもつ妊婦さんに対する

診療を行っており、妊娠、出産、産褥期を通して基礎疾患の病態を綿密に

把握するとともに胎盤や母乳を介した児への影響を配慮した薬剤の選択

を行い母体の全身管理を行っております。

<><><><><><><><><><><><><><><><><>

●子どもが自分で痛み止めを静脈注射する

(手術・集中治療部 疼痛管理科医長 近藤 陽一) 

普通、術後患者が痛みを訴えた場合、医師の指示に従って看護師さんが

痛み止めを投与しますが、この場合「患者の痛みの程度は患者本人にしか

わからない」から、どうしても痛み止め(鎮痛薬)の投与が遅れたり不十

分だったりするので、最近では患者が自分で特殊な注入ポンプに付属する

リモートボタンを押して必要な時に必要な量の痛み止めを投与する方法

が行われるようになりました。この方法をPCA(PatientControlled

Analgesia)自己疼痛管理と呼び、基本的には「患者の痛みの程度は患者

.本人にしかわからない」から、痛み止めの投与を患者自身に任せてしま

うという画期的な方法です。

 国立成育医療センターでは、あらゆる年齢のお子様にPCAポンプを使っ

ています。「手術の後、傷が痛む場合は楽になるまで何回でもこのボタン

を押してください」と説明しておけば、3歳でも痛み止めのボタンを押す

ことができます。痛みの強い大手術の後ではボタンを握り締めて手から離

さないお子様も大勢います。ボタンを押すとポーンという音が出るのでそ

れが面白くてボタンを押すのではないかと疑う人がいますが、不思議なこ

とに手術の痛みが軽くなる術後2,3日目になると「もういらない」とい

ってボタンを放り出してしまうので、やっぱり痛くてボタンを押していた

のだと思います。

 注入ポンプに安全機構が組み込まれているとはいえ、使用しているのは

最も強力な痛み止めのモルヒネという麻薬ですので、呼吸の抑制ぐあいを

パルスオキシメータという機械でチェックする必要があります。PCA(自

己疼痛管理)を行っている間は麻酔科医師が毎日定期的に回診しています。

PCAは術後の患者だけでなく、モルヒネの内服薬が飲めなくなった悪性腫

瘍の子どもさんにも使われています。

自己紹介

出身地  大分県

出身大学 東京大学医学部卒業

趣 味  電子辞書、電子本などデジタルメディア収集

ポケットPCにあらゆる書物をつめこんで歩きながらの読書三

昧にふけている。 

<><><><><><><><><><><><><><><><><>

●出産・育児中に気をつけること

(周産期診療部 産科医師  渡辺 典芳)

無事妊娠・出産を迎えられた方々、おめでとうございます。これから、長

いようで短い妊娠生活そして何十年と続くお子さんとのおつきあいのはじま

りです。出産・育児中にどのようなことに気をつけて日常生活を送っていけ

ば良いのでしょうか?妊娠、出産したからといって、肩を張る必要はありま

せん、ほとんどの場合には女性の身体は妊娠生活や出産後の生活を送るため

に自然に変化していき上手に適応していくのです。例えばつわりの時期に食

べられなくなっても、赤ちゃんは成長していきます。また、かぜをひいてし

まって熱をだしても赤ちゃんは大丈夫です。中には治療を要するような状態

になってしまう方がおられます。どのような点がポイントになるのでしょう

か?

たとえば、今の季節かぜが大変流行しています。かぜをひいてしまった時

に大切なのは「脱水」を防ぐことです、たくさん水分をとって尿がきちんと

でている状態ならお母さんもお腹の赤ちゃんも大丈夫です。熱は急に下げる

のはむしろマイナスのことが多いのです。また、おなかの痛みやはりが気に

なることがあるでしょう。このような時にはまず安静を心がけてください。

症状が落ち着いていくようなら大丈夫です。安静にしていても症状がとれな

い時には、医師にご相談下さい。いろいろ心配なことはあるでしょうが、妊

娠中にはご自身が快適に過ごされればよいと思います。お母さんが快適な時

には赤ちゃんも快適にしていると思っていいでしょう。

育児中にも肩の力を抜いて、不謹慎かもしれませんがすこしさぼることも

必要ではないかと考えています。

自己紹介:周産期診療部 産科 渡辺典芳(わたなべ のりよし)

1994年に大阪大学を卒業し産婦人科教室に入局しました。以来、大阪の方で

臨床に従事しておりましたが、2003年4月より当センター産科で診療にあ

たっています。趣味はゴルフですが、結構まじめにやっています。

<><><><><><><><><><><><><><><><><>

● 院外処方せんと保険薬局     

(薬剤部 薬剤師  三富 玲)

皆さまが病気やケガで病院にかかり、医師がお薬を必要だと判断した時

に、処方せんが発行されます。現在、その処方せんの多くは、病院の外の

薬局で薬を受け取る「院外処方せん」となっていますが、これは、医薬分

業という考え方からきているのです。

  医薬分業とは、病気になり医師の診断を受けた際に、病院、診療所等で「院

外処方せん」をもらい、その処方せんに基づいて街の薬局で調剤した薬を

受け取るシステムのことをいいます。ここでいう薬局とは、薬剤師がいて、

「処方せん受付」、「保険薬局」あるいは「基準薬局」という表示をしてい

る薬局のことで、いわゆる、ドラッグストアは当てはまりません。

処方せんには薬の種類、量や使い方が書いてあります。薬局では薬剤師

が、患者様の体質や今まで服用した薬の状況などの記録(薬歴)をもとにし

て、薬の量や飲み合わせ等を確認のうえ調剤します。疑わしい点があった

場合は、処方せんを発行した医師、歯科医師に問い合わせます。そして、

患者様に薬の正しい服用方法、留意点などについて、わかりやすく説明(服

薬指導)することで、より一層安全に薬を服用できるようにしています。

このように、医師、歯科医師、薬剤師がそれぞれの専門性を発揮し、協

力しあうことでよりよい医療の提供を図っています。こういったことから

厚生労働省においても、医薬分業の推進に積極的に取り組んでいます。

医療機関を受診し院外処方せんを受取った場合、日本全国どこの保険薬

局に持っていっても調剤してもらうことができます。ただし、有効期限が

あり、発行日を含む4日間となっているのでご注意ください。また、複数

の医療機関を受診した際、それぞれの処方せんを違う薬局に持って行った

り、毎回違う薬局に持って行くより「かかりつけ薬局」を決めておくこと

で、より薬のトラブルを防ぐことができます。同じ時期にいくつかの病院、

診療科に複数受診して薬を処方してもらうと、同じ働きをもつ薬が重複し

たり、飲み合わせに問題が生じることがあります。また、複数の薬局で薬

をもらうと、全ての薬の管理をすることが難しくなります。一つの薬局で、

薬の管理をしてもらうことが非常に大切になるので「かかりつけ薬局」を

決めておくことをおすすめします。

それと、もうひとつ「お薬手帳」もおすすめします。「お薬手帳」とは、

皆さまが今まで服用したり、使ったりしたお薬の名前や飲む量などを記録

するための手帳のことです(当院ホームページで、成育すこやかジャーナ

ル第6号をご覧ください)。

保険薬局等で調剤した薬の内容や使用上の注意などを薬剤師がこの手帳

に記録しますので、皆さまが病院、診療所、歯科診療所、薬局等におかか

りになる場合には、医師、歯科医師、薬剤師にお見せいただくことで、薬

の重複や相互作用などの確認をしてもらえます。体調の変化や、薬局や薬

店で買った一般大衆薬の名前なども記録しておくとよいでしょう。

お薬手帳の入手等については、かかりつけ薬局、当院の薬剤師等におた

ずねください。

▲ ページ上部に戻る

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲

    成育すこやかジャーナル      No.15(2004/1/8)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
新年明けましておめでとうございます。
成育すこやかジャーナル第15号をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━■ 目   次 ■━━━━━━━━━━━━━━━

 ●遺伝・遺伝病について
                   特殊診療部 遺伝診療科 医長  奥山 虎之
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●難聴について
                 第二専門診療部 耳鼻咽喉科 医長  泰地 秀信
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●薬の使用期限について
                         薬剤部 薬剤師  宇井 千枝子
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●妊娠・授乳と薬
                   周産期診療部 母性内科 医長  村島 温子
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●お知らせ
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●新任医師の紹介
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●遺伝・遺伝病について
                   特殊診療部 遺伝診療科 医長  奥山 虎之

 最近、「遺伝子」ということばをよく耳にされるのではないでしょうか。「ヒトの遺
伝情報の大部分が解読された」、「ある種の病気の遺伝子診断が可能になった」、「遺
伝子治療という新しい治療法が開発された」という内容の記事が新聞やテレビでほとん
ど毎日のように報道されています。21世紀はまさに、「遺伝子」の時代といっても過言
ではありません。

 「遺伝」という言葉は、日常用語として定着しています。しかし、十分に理解されて
いるのでしょうか。たとえば、「遺伝病」という語を辞書でひいてみると「遺伝する病
気」と書いてあります。しかし、医学的にみるとこれは正しい表現ではありません。実
際、親の遺伝病が子に伝わるケースはそんなに多いものではありません。むしろ、生殖
の際に起こる遺伝子の異常、つまり突然変異が原因となる場合が圧倒的に多いのです。
また、健康な両親がたまたまある遺伝病の保因者で、子どもさんが病気になるという場
合もあります。その場合、家族の誰にも同じ病気のひとがいないのに自分の子にだけ病
気が発症していることが多く、どうしてこれが遺伝病なのかという疑問が生じることが
あります。

 「遺伝病」とは決して限られた家系だけに伝わっているものではありません。誰にで
も起こるもので、決して特殊なものではないのです。それなのに、結婚、就職、保険加
入などいろいろな場面で差別を受けることがあり、きちんとした遺伝教育をすることに
よって差別をなくしていく必要があります。
  国立成育医療センター遺伝診療科は、最近急速な進歩を遂げた遺伝子研究の成果を成
育医療の臨床に生かす先端的医療を各専門診療科とともに推進するために設立された新
しい診療科です。遺伝診療科は、遺伝と病気に関係するあらゆることについて臨床分子
遺伝学の専門医と専属の遺伝カウンセラーおよびナースがご相談に応じます。「遺伝」
に関係するさまざまな疑問や悩みをお持ちの方は、一人で悩まず私たちにご相談くださ
い。

-自己紹介-
遺伝診療科医長: 奥山虎之 (おくやま とらゆき)
1983年に慶應義塾大学を卒業し、同年小児科学教室に入局しました。1995年にから1998
年まで米国に留学し、ワシントン大学、セントルイス大学で、先天代謝異常症の分子遺
伝学および遺伝子治療に関する研究を行なってまいりました。帰国後は、成育医療セン
ターの前身である国立小児病院小児医療研究センターで、おもに分子遺伝学・遺伝子治
療の研究を継続しておりました。2002年3月、成育医療センターの開院時に遺伝診療科
医長に就任しております。専門は、先天代謝異常、臨床遺伝、遺伝子治療、再生医学で
す。臨床遺伝専門医として、病院内外で遺伝子診療や遺伝カウンセリングの普及のため
活動しております。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●難聴について
                 第二専門診療部 耳鼻咽喉科 医長  泰地 秀信

 ヘレンケラー女史が「神が一つだけ機能を復活させてくれるとしたら、どれを望むか」
と問われたとき「聴覚を望みます」と答えた話は耳鼻咽喉科の本ではよくとりあげられ
ています。人間の五感では、文明の発達とともに視覚が重視されてきていますが、幼小
児であれば言語の習得、高齢者であれば覚醒度との関連などで聴覚は非常に重要です。
難聴には、音を伝える中耳の病気(中耳炎など)で起こるもの(伝音難聴)と、音を感
じる蝸牛から脳までの道すじで起こるもの(感音難聴)があります。伝音難聴であれば
手術などの治療法がありますが、感音難聴は一部の急性のもの以外は治すことができま
せん。両側の感音難聴の場合、大きく分けて2通りの対処が必要です。

 一つは乳幼児期の聴覚障害で、耳がよく聞こえない赤ちゃんをそのままにしておけば、
ことばがおぼえられないままになってしまいます。補聴機器(補聴器、人工内耳)の早
期装用と言語指導が必要です。もう一つは言語獲得後の聴覚障害で、加齢によるものも
含め補聴器による対応が中心となります。乳幼児期の聴覚障害について述べますと、先
天性の難聴は1000出生に1人程度で、うち50%は遺伝性とされています。他に症状の
ない先天性難聴の場合、原因となる遺伝子は100個以上と推定されていますが、内耳は
中のリンパ液にカリウムイオンが多いという他の組織にはない特殊なつくりであり、構
造が複雑なため難聴の原因も多彩となっています。また、ことばをおぼえるのは4歳ま
でが特に重要であり、そのために聴覚障害の早期発見・早期療育が勧められています。
生後6ヵ月以前に難聴が診断され療育が開始された場合は、それ以後に療育を行った場
合よりことばの発達が有意に良かったという報告があって、全新生児聴覚スクリーニン
グ(UNHS)が始められ、当院でも行っております。この診断法(乳幼児の場合、自覚的
検査では不十分)としては、ABR・自動型ABR・耳音響放射が代表的ですが、最近は定常
状態誘発反応という検査も用いられています。これからは診断後に療育を行うシステム
作りをさらに進めていくことが求められています。

-自己紹介-
泰地 秀信(たいじ ひでのぶ)
出身地  東京都世田谷区
出身大学  慶應義塾大学
  平成15年10月に赴任いたしました。泰地という名字は珍しいので、よく聞かれる
のですが、和歌山県の地名です(太地を変更して泰地)。
  これまでは中耳手術・頭頚部外科手術を中心にとりくんでまいりました。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●薬の使用期限について
                         薬剤部 薬剤師  宇井 千枝子

 薬に使用期限があるのはご存知ですか。使用期限というのは適切な環境で薬の効果や
安全性が保障された期間です。使用期限が切れても薬の効果が急に下がったり、毒性が
あらわれたりするわけではありませんが、光・温度・湿気等により成分が分解すること
も考えられますので使用期限は守って下さい。使用期限は箱・包装・ふたなどの開封前
の薬に対するものなので、開封後は決められた期限がありません。開封後は基本的に直
射日光の当たらない涼しい乾燥したところで保管して下さい。以下に薬の種類ごとにご
自宅で保存していただく場合のおおよその使用期限を示しますので、参考にして下さい。

○粉薬、錠剤は半年が目安となっています。冷蔵庫に保存して出し入れすると、結露に
  より湿気を帯びてしまうので冷蔵庫は避けたほうが良いでしょう
  (中には冷蔵庫で保管する薬もあります)。
○水薬は細菌が増えやすいものです。冷蔵庫で保存して処方された期間内に飲んで下さ
  い。特に薬を水で薄めたものは14日以上経過したら、飲まないようにして下さい。
○目薬は開けた後、細菌が繁殖して濁ったり変色したりすることがあります。開封後1
  ヶ月経ったものは薬液が余っていても捨てるようにして下さい。種類によっては開封
  後1週間と期限が決められているものもありますので注意して下さい。
○軟膏やクリーム等の塗り薬は開けてから約1ヶ月で使い切るようにして下さい。手洗
  いをし清潔な手で薬を取り、汚染を防ぐことが大切です。2種類以上を混合している
  ものは長時間放置すると分離する可能性があります。分離しているものは使用を避け
  てください。
○坐薬は体温で溶けるようになっているので、冷蔵庫に保存して下さい。「前回出された
  熱を下げる坐薬がまだ残っているのだけど、使って良いのでしょうか?」という質問
  をよく受けます。保存条件が良ければ、半年くらいは使用可能な状態だと思われます。
  しかし処方を受けた時と現在が同じ状態なのかわかりませんし、小さいお子様は短期
  間で体重が増えるので、現在使用して良いのかは判断できません。病院や薬局で処方
  せんに基づいて調剤される薬には使用期限が書かれていないものがあります。この場
  合処方せんに書かれている日数が使用期限と考えて下さい。つまりその期間に使用す
  るように医師から指示が出ているということなので、期間を過ぎた場合はご自分の判
  断で服用せずに医師または薬剤師にご相談下さい。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●妊娠・授乳と薬
                   周産期診療部 母性内科 医長  村島 温子

 「妊娠・授乳と薬」相談外来を開設しました

・妊娠しているとわからずにかぜ薬を飲んでしまったけれどどうしよう?
・気管支喘息で薬を飲んでいるけれど妊娠したいのでやめてしまったほうがよいのかし
  ら?
・夫が難病で特殊な薬を飲んでいるけれど妊娠に影響はないかしら?
・産後もお薬を飲まなければならないけれど母乳はあげられないの?

このような心配をされている方はいらっしゃいませんか?

 当センターでは昨年12月から「妊娠・授乳と薬」相談外来を開設しました。
当外来はしばらくの間、医師からの紹介患者様に限らせていただきます。
受診をご希望の方は主治医にご相談してからご連絡下さい。

診察日・時間:第1、3、5木曜日 13:30~16:30
自費診療(一回につき約30分、5000円)

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●お知らせ

 ホームページの診療科の案内を更新しました。
  ・救急診療科を掲載しました。
  ・救急センターのページも更新しましたのでご覧下さい。
  ・耳鼻咽喉科のページには難聴について(補聴器の使用例など)を掲載いたしました。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●新任医師の紹介

 平成16年1月1日付
  心臓血管外科医師   高岡 哲弘
  形成外科医師     佐久間 恒
  泌尿器科医師     青木 勝也
  麻酔科医師      植松 悟子

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

▲ ページ上部に戻る

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲

    成育すこやかジャーナル      No.14(2003/12/4)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
成育すこやかジャーナル第14号をご覧いただきありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━■ 目   次 ■━━━━━━━━━━━━━━━

 ●内視鏡について
                    第二専門診療部 内視鏡科 医長  林 篤
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●腰痛について
                 第二専門診療部 整形外科 医長  高山 真一郎
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●言葉の遅れについて
                    リハビリテーション科 医長  高橋 秀寿
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●解熱薬について
                        薬剤部 主任薬剤師  荻原 正嗣
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●新任医師の紹介
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●内視鏡について
                    第二専門診療部 内視鏡科 医長  林 篤

 成育医療センターの内視鏡科では外科や消化器科をはじめとする他科との連携のもと
に、消化管の内視鏡検査と治療をおこなっています。消化管の内視鏡検査は上部消化管
内視鏡(いわゆる胃カメラ)と下部消化管内視鏡(大腸カメラ)に分かれますが、少し
特殊なものとして、内視鏡をつかって胆道や膵管の状態を調べる内視鏡的逆行性膵胆管
造影もあります。
  上部消化管の検査は、前日の夕食を早めに摂ったあと絶食にするだけで翌朝の検査が
可能です。また水やお茶などの透き通った飲み物は少量なら検査の1~2時間前まで摂
取可能です。検査はのどに局所麻酔薬を吹きかけ、さらに胃の動きを一時的に緩める薬
を静脈注射すればできますが、のどの反射の強い方では鎮静薬を必要とする場合もあり
ます。また小さいお子さんは全身麻酔が必要ですが、当センターでの経験では10歳以上
であれば、のどの麻酔だけでできる可能性が高いと思います。通常の観察に要する時間
は数分程度です。
  下部消化管の検査では、下剤を飲んで腸の中をきれいにしておく必要があります。検
査の4~5時間前から、洗腸液と呼ばれる液体を便が透明になるまで2リットル程飲ん
でいただきます。しかし量が多く味も決して、美味しいとはいえないものなので、飲め
ない方には別の薬を使うこともあります。通常の観察なら15分程度で終わります。胃カ
メラと同様10歳以上なら麻酔なしで受けられると思います。のどの反射がないので一般
には胃カメラより楽に受けられます。
  また上部消化管、下部消化管ともに観察だけでなく内視鏡を使った、いろいろな治療
手技があります。主なものとして潰瘍からの出血の止血、食道胃静脈瘤の治療、ポリー
プの切除、狭窄の拡張、異物の除去、胆道結石の除去などがあげられます。
  また当科では内視鏡検査および治療にあたって、患者さんの年齢、病状、性格や検査
の目的を考え、個々の患者さんにとって最も安楽で危険が少なく、それでいて最大の成
果をあげるテイラーメードの内視鏡を心掛けています。内視鏡は恐いというイメージを
お持ちの方もいらっしゃると思いますが、そうしたイメージを少しでも払拭できればと
考えています。

-自己紹介-
林 篤(はやし あつし)
出身地  東京
出身大学 慶應義塾大学
1993年4月に大学より旧国立大蔵病院内科に赴任し2002年3月より現職。
専門は消化器病学、消化器内視鏡学、特に炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)。
大学時代は陸上競技の中距離をやっていました。冬場には練習の一環でロードレースに
も出場し、フルマラソンでは2時間48分台で走りました。今年に入って一念発起、再
び時間を見つけて走るようになりました。ハーフマラソンでは昔のタイムの半分でも走
れませんでした。トレーニング不足とはいえ年齢(とし)を感じる今日この頃ごろです。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●腰痛について
                 第二専門診療部 整形外科 医長  高山 真一郎

 腰痛は8割以上の人が一生に一回は経験するとされる頻度の高い病気です。その原因
は多岐にわたり、筋肉の疲労、炎症、椎間板変性疾患(椎間板症、椎間板ヘルニア、変形
性脊椎症、脊椎分離症など)、骨粗鬆症、腫瘍、感染、内臓疾患などですが、特に前2者
の頻度が高いと考えられます。
  腰痛の誘発要因には重量物の挙上、長時間の坐位、運転、不用意な前屈姿勢などがあ
げられますが、なんら誘因のない場合も少なくありません。腰痛にもいろいろあり、急
に発症して動くのも困難な腰痛(通称ぎっくり腰、筋肉の痙縮や椎間関節の炎症、椎間板
障害、骨粗鬆症による骨折などが原因)、慢性的腰痛(筋肉疲労、椎間板障害などが原因)、
下肢の痛みを伴うもの(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など)などがあります。急性腰痛
の場合、初期には安静が必要で、重量物の挙上や、強い体の捻転などを控える必要があ
ります。
  慢性例では腰背筋に疲労がたまらないよう長時間の坐位、運転を避ける。椎間板に悪影
響を与える喫煙をやめる。腰を冷やさないなどが、日常生活上重要です。腰痛を防ぐた
めに努力してできることは背筋・腹筋の強化です。一日15分程度の背筋、腹筋運動や
腰背部ストレッチングを行う習慣をつけるのがよいでしょう。水泳、水中歩行なども可能
であれば行うのが良いでしょう。また、精神的なストレスやうつ傾向など心理的な問題
が腰痛の原因あるいは悪化要因である場合も多いので、適当な気分転換なども重要です。
腰痛が慢性化する、安静によって改善しない、下肢痛を伴う場合などは、やはり専門医
の診断を受ける必要があります。

-自己紹介-
高山 真一郎 (たかやま しんいちろう)
出身地    東京都目黒区
出身大学   慶應義塾大学

 本年10月より、整形外科医長として赴任いたしました。これまでは、慶應義塾大学
病院で、手の外科という分野の責任者をつとめていました。整形外科の守備範囲は広く、
いくつかの専門領域に分かれていますが、手の外科では肘や手指、さらに末梢神経の障
害や外傷を主に扱っています。当センターには全国から多くの手の先天性疾患の患者様
が来院されますが、これまでの経験を生かして、最良の治療を提供できるように努力し
ていきたいと思います。また、このメルマガでもいつかお話ししたいと思います。
  成育医療センター周辺はスポーツ施設や緑が多く、日中散歩にでも出かけたい気分で
すが、昼休みには12階の食堂から景色を眺めるだけで残念です。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●言葉の遅れについて
                    リハビリテーション科 医長  高橋 秀寿

 何も話さない乳幼児期、赤ちゃんは困るとすぐに、両親の方を見ます。助けを求める
こともあれば、大丈夫だよ、とうなずく親の笑顔を見て、安心することもあります。こ
のように、言葉を発しない時期からの親の関わりによって、赤ちゃんの脳は発達し、言
葉の準備をはじめています。
  1歳半くらいになって、意味のある言葉を話さないと、周りの大人は心配になるよう
です。こんな時、親と気持ちが通じあっているかどうかが重要です。もし、親の言葉の
理解ができているようであれば、2歳頃までには、話をするようになる可能性が高いと
思われます。
  しかし、中には病気あるいは発達の問題が隠れているために、話をしないお子さんも
います。
  その第一は、難聴です。耳の聞こえが悪いために、親の口元やまわりの状況を見て理
解してしまっている場合や、言葉の種類によって聞き取りずらい音(高音や低音)ある場
合もあります。したがって、まず、耳鼻咽喉科で聴力検査を受けることをお奨めします。
  第二に口唇裂や口蓋裂のようなはっきりとした異常だけでなく、粘膜下口蓋裂など外
見的に分かりづらい障害のため言葉が不明瞭な場合もあります。このような場合、まず
形成外科や歯科・口腔外科を受診する必要があります。
  第三に発達の問題が隠れている場合があります。いくら愛情を注いでも、親や、他人
と目を合わせようとしない、同じ遊びを繰り返し、遊びのレパートリーが増えない、特
定の音に敏感で耳をふさいでしまうなどの症状がある場合には、自閉症などの発達障害
が疑われます。このような場合には神経内科や発達心理科を受診して、まず検査を受け
る必要があります。このように言葉の遅れの原因はさまざまです。強制的に言葉を覚え
こませることは、お子さんに心理的ストレスを与えてしまい、言葉の芽を摘んでしまい
ます。発達障害があるお子さまでも、愛情豊かな家庭の雰囲気の中でのみ、脳は発達し、
言葉の芽が育っていくものです。北風と太陽の童話は、子どもの成長発達にも、あては
まることなのです。

-自己紹介-
高橋 秀寿(たかはし ひでとし)
出身地  北海道
出身大学 慶應義塾大学
趣 味  音楽鑑賞(さだまさし、フォーククルセイダースなど)
近 況  今年10月に赴任したばかりです。小児のリハビリにじっくり
      取り組んでいきたいと考えています。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●解熱薬について
                        薬剤部 主任薬剤師  荻原 正嗣

 発熱は体温計で高いことが表わされたり、額に手を当てて熱かったりすることがある
ため、お母さん方がよく心配される症状です。しかし、発熱は原因の病気から身体を守
る免疫機能を高める働きがあったり、病気を診断する指標になったりします。発熱した
からすぐ解熱薬を使用するのではなく、医師の説明にしたがって使用することが肝心で
す。成育すこやかジャーナル第2号で救急診療科の上村医師が「急な発熱」についての
べていますので、そちらもご参考ください。
  解熱薬にはアセトアミノフェン、イブプロフェン、インドメタシン、ジクロフェナク
ナトリウム、メフェナム酸など多くの種類がありますが、解熱効果が強すぎて体温が低
下しすぎたりすることもあり使用に際しては注意が必要です。一般的にお子様にはアセ
トアミノフェンが第1選択とされています。当院でも商品名アンヒバ、カロナールとい
ったアセトアミノフェンを成分としたお薬がよく使われていますので、このお薬につい
てお話をさせていただきます。
  当院では通常、アセトアミノフェンは熱の高いときにだけ飲んだり、使ったりするお
薬であるとんぷく薬として処方され、お薬の袋には、38.5℃以上のときに使用するよう
指示されています。38.5℃以上とは目安であり、元気があるかどうかなど、お子さまの
状態を良く見て使用を判断してください。
  それから、お薬の袋には、次回服用までに6~8時間置くようにとも指示されています。
これはお薬の解熱効果が持続する時間や、身体の中の濃度などから必要とされる間隔で
す。あまりこの間隔が短いと、思わぬ副作用が出ることがあるので注意してください。
また、子どもの場合、お薬の量は体重によって決められることがよくあります。お子さ
まの体重は半年、1年で大きく増えます。半年、1年前の薬では体重に比べお薬の量が少
なく充分な効果が得られないことがあるので使用は避けたほうがよいでしょう。
  お薬について、ご質問などがありましたら薬剤部までご連絡ください。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●新任医師の紹介

 平成15年12月1日付
  脳神経外科医師   三島 牧

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

▲ ページ上部に戻る

==================================

成育すこやかジャーナル No.13(2003/11/11)

==================================

成育すこやかジャーナル第13号をご覧いただきありがとうございます。

<><><><><><><><><><><><><><><><><>

◆目 次

●子どもの心臓病について(第一専門診療部 循環器科医長 百々 秀心)

●たんぱく尿について(第一専門診療部 腎臓器科医長 飯島 一誠)

 

●病院薬剤師の仕事 (薬剤部助手 関根 純子)

●赤ちゃんの冬支度         (NICU看護師 本田  薫)

●お知らせ

●新任医師の紹介

<><><><><><><><><><><><><><><><><>

●子どもの心臓病について 

 

(第一専門診療部 循環器科医長 百々 秀心) 

心臓病と一口に言っても、私達が主に治療に当たっている胎児、新生児、

小児を主に対象とする心臓病は大人の心臓病とは内容がかなり違います。も

ちろん、オーバーラップする部分も多いのですが、主として子どもの心臓病

である、先天性心患や心筋炎、心筋症、川崎病に対して、大人の場合は、虚

血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、弁疾患(大動脈弁や僧帽弁の病気)そして高

血圧症などが主な心臓病です。胎児の心臓は、受精してから妊娠3ケ月までに、

その形ができあがります。その時期までに、心臓の中の壁に穴が開いたり、

血管が逆についたり、弁が正常にできなかったり、といった異常が生じます。

今では、胎児超音波検査(胎児心エコー)で妊娠16~18週くらいには、か

なり正確に心臓の形や異常がわかります。この先天性の心臓病の頻度はかな

り高く、人種を問わず0.8~1%の確率、つまり約100人赤ちゃんが生まれ

れば、そのうちの1人は、心臓に何らかの異常を持った子が生まれている、

とうことになります。しかし、この数字は全く何も治療をしなくても、正常

な生活が送れるもの(リレーの選手であったり、100歳まで生きられる可能

性があるもの)から、生まれて数時間で手術が必要になるものまで、全てを含

めた数字です。

複雑な心臓病でも、ひとつひとつ手術を重ねて、立派な社会人になってい

る人もいっぱいいます。心臓に異常が指摘されたら、信頼できる専門医とよ

く話し合ってください。病気をよく知って、主治医と一緒に治療していくこ

とが大切です。

自己紹介

百々 秀心 (どど ひでみ)

出身大学 東京医科大学

小児科医として8年ほど一般小児科医を勉強して、国立小児病院循環器科

(1年) 、カナダのトロント小児病院循環器科(6年)、アメリカUCLA循環

器科(1年)に勤務し、その後、国立小児病院に戻り、平成14年からは成育医

療センター循環器科医長として勤務しています。

成育医療センターの循環器科は、チームワーク抜群で業務に当たっています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●蛋白尿について

(第一専門診療部  腎臓科医長 飯島 一誠)

 

尿検査で一定以上の蛋白が検出される場合に「蛋白尿」と診断されますが、

病的なものと病的でないものをしっかり区別する必要があります。病的でない

ものとしては、起立性蛋白尿(体位性蛋白尿)や運動性蛋白尿と呼ばれるもの

があります。これは、早朝尿では尿蛋白は陰性なのですが、立ち上がったり、

運動したりすると尿蛋白が出る状態をいいます。こういう方は将来、腎機能が

悪くなることはありませんので心配する必要はありません。ですから、尿検査

を行う場合には早朝尿(朝起きてすぐの尿)を検べることが重要です。

発熱時などに一時的に早朝尿蛋白が検出されることがありますが、本当に問

題なのは、早朝尿で常時蛋白尿が検出される場合です。こういう場合には、血

液のろ過を行っている“糸球体”と呼ばれる腎臓の組織に炎症(糸球体腎炎と

いったり、単に腎炎といったりします)などが起こり、なんらかのダメージが

生じている可能性が高く、こういう状態を放置していると糸球体を含む腎組織

が次第に壊れていきます。

ひとつの腎臓には糸球体が約100万個含まれており、腎臓は左右にひとつず

つありますので、我々は約200万個の糸球体を持っていることになります。腎

臓病の恐ろしいところは、糸球体が少々壊れても、血液検査上の腎機能障害や

“だるい”とか“むくみが出る”といった自覚症状がなかなか出てこないとこ

ろにあります。腎臓全体の4分の3が壊れ、糸球体が50万個程度にまで減って

はじめて血液検査で腎機能障害が明らかになるのですが、この段階で治療を開

始しても、現在の医療技術では、いったん壊れてしまった糸球体を再生させる

ことは不可能です。また、ここまで進行してしまうと、残った糸球体がどんど

ん過労死していき、最終的には透析や腎移植が必要になってしまうことが多い

のです。したがって、いつ検べても早朝尿で尿蛋白が出ている場合には、なる

べく早く診断し治療を開始する必要があります。

学校検尿が行われているのは実は世界中で日本だけなのですが、このシステ

ムのおかげで、日本では、小児の腎炎が早期に発見されます。また、これらの

早期に発見された腎炎の患者さんを対象とした全国多施設の共同研究が積極的

に行われ、腎炎に対する有効な治療法が開発されてきたため、腎炎がもとで腎

不全に進行する小児は明らかに減っています。もし、“尿蛋白が出ている”とい

われたときには、“自覚症状がないから大丈夫だ”というような素人判断はやめ

て、すみやかに腎臓病専門医を受診されることをお勧めします。

  

自己紹介 

飯島 一誠(いいじま かづもと)

昭和57年 神戸大学医学部卒、昭和63年医学博士(神戸大学)。平成元年

から2年間NewYork州立大学StonyBrook校に留学。帰国後、神戸大学大

学院医学系研究科成育医学講座小児科学助手、講師を経て、平成14年4月

より国立成育医療センター腎臓科医長。これまで、小児期のネフローゼ症候

群や慢性腎炎の発症・進展機序の解明及び治療法の開発をめざし、臨床及び

研究に従事してきました。また、遺伝性腎疾患や先天性腎尿路奇形にも強い

関心を持っています。大阪生まれ、大阪育ちの関西人。もちろん、阪神タイ

ガースのファンです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●病院薬剤師の仕事

(薬剤部助手 関根 純子)

今回は薬剤師ではない私からみた薬剤師の仕事をご紹介させていただきます。

 薬局に来ると「待たされる、薬を出すだけなのに何でこんなに時間がかかる

の?」と感じたことがある方はきっと多いと思います。私も薬局の一員になる

までは薬剤師って何をするのかまったく知りませんでした。ただ薬を出すだ

け?いろいろ薬がわかるから薬剤師なの?と思っていました。

薬局の中にはたくさんの薬が並んでいます。似たような名前・作用・色とり

どり、味・形もさまざま、患者様の処方箋から調剤して渡します。まず、患者

様の年齢等に見合った量なのか、薬によっては飲み合わせが悪い物もあります

ので、それらを確認してから作り始めます。ただカプセルや錠剤をそのまま出す

だけではなく、粉ぐすりをはかったり、水ぐすりを容器に計りとったり、軟膏

を何種類か混合したりもします。そうしてできた薬は、患者様にすぐお渡しす

るのではなく何人かの薬剤師によって何重もの確認をします。(これらの細かい

作業のために時間がかかり患者様をお待たせしてしまうことがあるのです。)

病院の薬局では入院患者様を中心にお薬を作っています。入院されている方は

飲みぐすりだけではなく注射をすぐ使う必要があったり、点滴をする場合があ

りますので、それらを患者様1人1人に合わせて用意し、場合によっては無菌

室の中で薬剤師が混合した物を病棟にお渡ししています。

入院している患者様のところに直接伺っている薬剤師もいます。今使ってい

る薬のこと、患者様が薬について疑問や不安に思っていることが少しでも減る

ように医師や看護師と連携をとりながらお話させていただいています。

薬局で保管しているたくさんの薬は充分な管理をしなくてはなりません。

薬も食品と同じで有効期限があります。冷蔵品や室温で保存する物など保管状

況も守らなければいけないのです。無駄な在庫をおかず、なおかつ不足しない

ように、緊急時にも対応できる管理をしています。

薬に関しては様々な情報が必要です。それらを収集・整理をして、医療スタッフ、

患者様にいつでも対応できるようにしています。

「少しでも間違えることは許されない。患者様のお体に直接かかわってくるも

のなので、緊張するし、とても怖い。」とある薬剤師の方は話してくれました。

患者様に直接関わる者だけではなく全員がつねに責任を感じながら薬を作って

います。皆様もお薬に関して疑問に思われたこと、知りたいことがございまし

たら、ぜひ薬局にお越しください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●赤ちゃんの冬支度        

(NICU看護師 本田  薫)

赤ちゃんが初めて迎える冬の季節が近づいています。この冬を赤ちゃんが

元気に快適にすごせるように新生児病棟の看護師からワンポイントアドバイス

をお届けします。

1. 衣類について

   薄着を心がけましょう

かぜをひくのが心配で、とかく赤ちゃんには厚着をさせがちです。しかし、赤

ちゃんは代謝が活発で、またよく運動するため熱の蒸散を必要とします。

寒いからといって過度に厚着をさせると、汗を多く出す結果、反対に身体を冷

やしてかぜを引く原因になり、運動能力の低下も招きます。

衣類は大人より一枚少なめを目安にしましょう。 

例として短肌着+長肌着+カバーオール+ベストなど赤ちゃんの様子やご機嫌

をみながら汗をかいているようなら一枚脱がせ、体が冷たく感じるようなら一

枚着せるようにしましょう。また、衣類は常にゆるやかで赤ちゃんの運動を妨

げないようにしましょう。

2 環境について

 冬はお部屋の温度は、20℃~23℃前後が赤ちゃんにとって心地よい至適

温度です。湿度は50%位が適当です。

 暖房器具使用時は、空気が乾燥しやすいのでお部屋に洗濯物を干したり、加

湿器を使うとよいでしょう。冬にかぜが多いのは、乾燥した空気が気道の粘膜

細胞を痛めつけて、抵抗力をおとしてしまうことも原因の一つです。

暖房やストーブを使う場合は、2~3時間毎に換気をして、お部屋の空気をい

れかえてあげましょう。また、暖房の熱風は直接赤ちゃんに当たらないように

注意してください。

3 お風呂について

 赤ちゃんは新陳代謝が活発で、冬でも汗をかきやすいものです。できるだけ

毎日お風呂にいれてさっぱりさせてあげましょう。冬は夏場よりちょっと温か

めの40℃位の湯温が適切です。室温は23℃から25℃位がよいでしょう。

また、今日は冷えるから日中に、今日は都合で夜に、とあまり入浴時間が毎日

コロコロ変わると赤ちゃんの生活のリズムが狂ってしまいます。なるべく同じ

時間帯に入浴させてあげるとよいでしょう。

   

Q かぜ気味の時のお風呂はどうしたらよいでしょう?

A 熱がなく、軽いせき、鼻水程度のかぜであれば入浴は大丈夫です。ご心配な

場合はかかりつけの小児科の先生に相談して下さい。

かぜの時の入浴のさせ方

 基本的に普段の入浴方法と同じです。よく温めること。そして、入浴後身体

を冷やさないことが大切です。

入浴後はあがってすぐに服を着せるのではなく、汗がひくまで乾いたタオルで

よく拭いてあげ、その後服を着せましょう。すぐにきせると、そのあとに出た

汗で肌着が冷えて身体をかえって冷たくしてしまいます。

入浴ができないときは

 温かいお湯で絞った清潔なタオルで身体を拭き、さっぱりさせてあげましょ

う。

以上、ワンポイントアドバイスをお届けしました。この冬を赤ちゃんが快適に

すごせるようにこのアドバイスがお役に立てれば幸いです。寒さに負けずに、

赤ちゃんと一緒に元気に冬を過ごして下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●お知らせ

 当院では、今年もインフルエンザワクチンの予防接種の予約を行っています。

詳しくは総合診療部外来にお問い合わせください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●新任医師の紹介

 

平成15年10月1日付

       リハビテリーション科医長    高橋 秀寿

       耳鼻咽喉科医長         泰地 秀信

       整形外科医長          高山 真一郎

平成15年11月1日付

       手術集中治療部医師       齊藤 修

▲ ページ上部に戻る

==================================

成育すこやかジャーナル No.12(2003/10/7)

==================================

成育すこやかジャーナル第12号をご覧いただきありがとうございます。

<><><><><><><><><><><><><><><><><>

◆目 次

●生活習慣病について (総合診療部 成人期診療科医師 梅田 啓)

●光と影     ―ブラックジャック再びー

(第二専門診療部 脳神経外科医長 師田 信人)

 

●治験(ちけん)について

(薬剤部、治験主任薬剤師 石川 洋一)

<><><><><><><><><><><><><><><><><>

● 生活習慣病について (総合診療部 成人期診療科医師 梅田 啓)

生活習慣病というのは、かつて成人病といわれていたものです。なぜこの

ような言い方をするようになったか簡単にご説明します。

30歳代まではおいしいと思ったものを好きなだけ食べて、それでいて(太

ってきたなと思いつつ)はっきりとした病気が現れなかったのに、40歳代に

なって急に高血圧が顕在化する。喫煙習慣、高脂血症や糖尿病の合併があっ

たりして動脈硬化がすすみ、ついには脳血管障害や心筋梗塞をおこしてしま

う。これが典型的な成人病の経過です。そしていったん重症の脳血管障害を

おこしてしまえば後遺症で仕事ができなくなり、ひどければ植物状態となる

こともあります。

このようなことにならないように早くから予防をすることの重要性が認識さ

れ、その最も大切なことが若いときから肥満などのリスクファクターをさけ

る生活習慣を身につけることであるとされるようになったのです。

別の角度からみると生活習慣病は、ある程度遺伝的要因があるとはいえ、ち

ゃんとそのリスクファクターを避けていけば病気の発症がおさえられるもの

をさすといえます。ご存知のように、昨今90歳をこえても第一線で仕事をさ

れる方々がおられます。アメリカでは100歳をこえた方が州知事に立候補し

ました。このように長期間有意義な生活をするために生活習慣病のリスクフ

ァクターを若いころからよく知り、それを避けたライフスタイルを実行する

ことが重要です。したがって、小児期や思春期からそれぞれの疾患ごとにし

っかりした教育を行い、望ましい生活習慣とはいかなるものなのかをよく理

解させることが理想的であると考えられます。

生活習慣病には上述したような循環器病に加え、肺がん、アルコール性肝

炎、痛風、歯周病などが含まれます。

自己紹介

梅田 啓 (うめだ あきら)

出身地 東京都

出身大学 慶應義塾大学

1998年9月アメリカ留学を終え国立大蔵病院内科に赴任、2002年3月より統

廃合で現職。専門は呼吸器疾患。自らの生活習慣病予防をかねて週末に娘の

小学校でOBの中学生や高校生らを交え、よく草サッカーをします。このチー

ム(等々力小おやじの会チーム)は強く世田谷区第8ブロックPTA会長杯3

年連続優勝中ながら、最近腰を痛めてしまい引退を検討中。成育センターに

もフットサルチームがあります。対戦希望の方はご連絡ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

光と影     ―ブラックジャック再びー

 (第二専門診療部 脳神経外科医長 師田 信人) 

学生時代、ブラックジャック(以下BJ)をよく読んだ、概して僕らの世代は

BJに感化されて外科医になったのが多いといわれる。そこまで単純ではない

が自分なりの医師像を考える上で影響されたことは間違いない。ただ、当時ど

うしても理解できなかったのがキリコという安楽死を生業とする医師の存在で

あり、手塚治虫ともあろう者がこのような医師を描くことが許せなかった。し

かし、医者になってキリコの存在の意義が分かるようになるのに時間はかから

なかった。今でこそ終末医療・緩和医療という言葉は当り前に使われる。

社会性のある先見の明を持っていた手塚治虫はやっぱりすごかったと思う。

物事には光と影の二面性がある。医療といえども例外ではない。

先日、久々にBJを読み返して気がついたことがある。一つは意外と神経系

の病気が多く扱われていること、もう一つは学生時代にわからなかつた広い意

味での偏見、あるいは事実の間違いも少なくないな、ということである。僕の

領域でいうと「水頭症」や「てんかん」がそれにあたる。BJに出てくる「て

んかん」の描写は殆どが全身けいれんである。全身けいれんはてんかん発作の

一様式であり、胸がムカムカするだけの発作、あるいは意識が遠のくだけの発

作など様々な発作様式がある。てんかん自体の発作率は100人に1人前後で

あり、神経系では最も多い病気である。そしてその8割以上は薬で発作をほと

んど抑制でき、外科治療の適応になるのは全体の4~5%とされる。快刀乱麻

(?)のBJも、あまり活躍する余地がない。てんかんという言葉はまだまだ受け

入れがたい人が多いようであるが、見方を変えれば8割は薬が有効な病気とも

いえる。ついでにいえば、シーザー、ジャンヌ・ダルク、ドストエフスキー、

南方熊楠などてんかんを持っていながら歴史上に名を残している人も少なくな

い。

どんな物事にも光と影の二面性がある。それゆえ、人生は複雑でドラマが生

まれる。病気になるとえてして影の部分ばかり見がちになる。BJになるのは

無理として、せめて希望を持たせる話ができる医者くらいにはなりたいものだ

と思っている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

治験(ちけん)について

(薬剤部、治験主任薬剤師 石川 洋一)

「くすり」の進歩

病気はとてもつらいもの。自分が病気になったとき、お子さんが病気になっ

たときには、早く治したい、早く治してあげたいと思うものです。そんな時頼

りになる物の1つがお医者さんにもらう「くすり」ではないでしょうか。現在

の医療で「くすり」は無くてはならないものとなりました。「くすり」による病

気の予防、治療は大きな進歩をとげて、大変な手術が必要であった病気や、今

まで治らなかった病気が「くすり」を飲むことで治るような時代になってきま

した。

今日、日本ではたくさんの「くすり」が使われるようになりましたが、それ

でもまだすべての病気を治せるわけではありません。たくさんの患者さんが、

「新しいくすり」を待ち望んでいます。この思いをかなえるため、「新しいくす

り」を開発する努力が続いています。でも「新しいくすり」は、お医者さんや

研究者の力だけで作ることはできません。「新しいくすり」を作るには、実は皆

さんのご協力が必要なのです。

「新しいくすり」が生まれるまで

 「くすり」の開発は、まず積み重ねられた科学的データに基づき、たくさん

の化学物質から病気に効く「くすりの候補」を探すことから始まります。そし

てネズミやイヌなどの動物たちに使用した際の効果や安全性を調べ、病気への

効果が高く、かつ安全性の高い「くすりの候補」を選びます。たくさんの研究

の後、人に使用する「くすりの候補」が決まります。でも、人と動物ではやは

り病気への効果や安全性は異なります。そこで最後に人における実際の効果を

調べるために、専門の医師と緊急時にも対応できる十分な安全設備を備えた施

設で「くすりの候補」の試験を行います。「くすりの候補」を人で使うときは、

国(厚生労働省)の厳しい審査を受けなくてはなりません。始めは健康な成人

男性に協力をしてもらい、「くすりの候補」が人の身体でどのように作用するか、

またその安全性を調べます。つぎに実際に少数の患者様に使用してもらい、ど

のような効果があり、どのような副作用が見られるかを調べます。そして効果

と副作用、最も良い使い方等を調べた「くすりの候補」を、今度はたくさんの

患者様に使ってもらいます。そしてこの試験の結果を国(厚生労働省)に厳し

い審査してもらい、その審査を通過して始めて「新しいくすり」として認めら

れるのです。

「治験」とは

この「くすりの候補」を国(厚生労働省)から「新しいくすり」として認

めてもらうために、人において行う試験のことを「治験」と呼んでいます。

「新しいくすり」を開発するためには、実際の患者様に「くすりの候補」を使

用してもらう、この「治験」がどうしても必要です。「治験」に参加すると多

くの患者様のために役立てる、最新の医療を受けることができる等の良いこと

もありますが、治験は試験ですので、必ず指示通りに「くすりの候補」を飲ん

でいただく、来院、検査等が一般の治療より多いというような負担もあります。

とてもよい効果が現れるかもしれませんが、逆に未知の副作用に出会うことも

否定はできません。

「治験」参加のお願い

今、皆さんのつらい病気を治してくれる「くすり」も実はたくさんの患者様

による善意の協力によって誕生したものなのです。同じ病気と闘っている患者

様のため、次の世代の人々を病気から守るため、ぜひ皆さんにも「治験」への

ご理解とご協力をいただければと思います。

 当院では、より多くの患者様のために「新しいくすり」を作っていくために、

「治験」を推進しています。そのために専門の医師、看護師を配置し、緊急

時にもすぐに対処ができる十分な設備を備えています。皆さんの善意のご協力

をお願い申し上げます。

▲ ページ上部に戻る

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲

    成育すこやかジャーナル      No.11(2003/9/4)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
成育すこやかジャーナル第11号をご覧いただきありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━■ 目   次 ■━━━━━━━━━━━━━━━

 ●腹痛に対する応急処置
                    第二専門診療部 外科 医長  本名 敏郎
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●レントゲン撮影について
                 放射線診療部 放射線診断科 医長  野坂 俊介
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●7階屋上庭園紹介
                             保育士  高橋 みゆき
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●ワンポイントアドバイス 
   ~なぜお薬は決められた通りに飲むのか?(血中濃度のお話し)~
                          薬剤部 薬剤師  村越 輝子
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●腹痛に対する応急処置
                    第二専門診療部 外科 医長  本名 敏郎

 腹痛を主訴とする小児期の疾患は、緊急手術が必要な外科的疾患から、内科的疾患ま
で多くの種類があります。ここでは乳幼児期から学童期のお子さんが腹痛を訴えた時の
対処法について述べてみます。
  腹痛、嘔吐などの症状は、食べたり飲んだりしてはいけないというサインですから、
まず飲んだり食べたりすること(経口摂取)を止めることが必要です。年少児では脱水を
心配して水分を取らせなければいけないと言われますが、水分を摂取することにより、
かえって腹痛が強くなったり、嘔吐の量が増えたりします。脱水に対しては非経口的に、
つまり輸液で水分を補給すべきです。年齢が高いほど長い時間経口摂取を止めることが
可能です。その後、腹痛あるいは嘔吐が改善した場合は、少量の温かい水分から経口摂
取を開始するのが良いでしょう。経口摂取を止めていても、症状が増悪するあるいは繰
り返す場合は病院を受診すべきでしょう。
  病院を受診される場合は、以下の質問に答えられるようにしておきましょう。腹痛は
いつから始まったか、突然始まったか、繰り返すか、腹痛の場所はどこか、一定した場
所か否か、腹痛以外の症状があるか否かなどです。なお、腹痛に伴う症状には嘔吐、便
秘、下痢、吐血下血、発熱、発疹、貧血、黄疸などがあります。お子さんの年齢、腹痛
の場所・経過、腹痛以外の症状などの組み合わせによって、病気の種類を絞り込むこと
が出来ますので、受診の際はお子さんの状況を一番良く把握している人が付き添ってく
ださい。

-自己紹介-
本名 敏郎(ほんな としろう)

 昭和45年東京大学医学部卒業、国立小児病院には昭和49年から51年まで勤務し
た後、母校に戻り、昭和60年から再び小児病院、平成14年から当センター第二専門
診療部外科医長として勤務しております。特に新生児胎児外科疾患、肝胆道疾患などを
中心にあたっております。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●レントゲン撮影について
                 放射線診療部 放射線診断科 医長  野坂 俊介

 「レントゲン」とは、「エックス線」を発見したドイツ人物理学者の名前です。当時
は、目に見えない不思議な光として「エックス線」と名づけたのです。ただ、発見者の
名前にちなんで「レントゲン線」とも言われてきました。レントゲンすなわちエックス
線は、たくさんの種類がある「放射線」のうちのひとつです。

 病院の中でこの放射線を用いて病気の「診断」や「治療」(放射線治療あるいは経カ
テーテル的治療)を担当するのが、「放射線診療部」です。放射線診療部は、検査をお
受けになる患者様ご自身かどうか確認したり、検査に関する患者様の疑問などをお伺い
する際の窓口となる受付事務、検査を実際に担当する診療放射線技師(以下技師)、検
査結果を「読影」する放射線診療部医師から成り立っています(必要に応じて看護部よ
り看護師の方が検査の際の介助に駆けつけてくれます)。検査の内容によっては、技師
の協力の下に医師が検査を実施する場合もあります。

 放射線診療部で、病気の診断を目的に行われる検査には、単純エックス線撮影、エッ
クス線透視検査、CT、MRI、核医学(アイソトープ)検査などがあります。さらに、
放射線診療部医師は、「臨床検査部」の管轄である超音波検査も担当し、検査の実施な
らびに検査結果の読影を行っています。これらの検査は、ごく一部の特殊検査を除いて、
24時間対応しています。すなわち、通常の診療時間以外でも、技師1名、放射線診療
部医師1名が常駐しています。

 さて、前置きが長くなりましたが、今回は、「レントゲン撮影」すなわち「単純エッ
クス線撮影」について簡単にお話します。単純エックス線撮影とは、検査を受けられた
ことのある皆さんはご存知のように、検査室に入り、所定の場所に身体を固定し、必要
に応じて呼吸を止めて(すなわち動かないで)、撮影するという「一瞬」の間に終わる
簡単な検査です。必要に応じて、同じ部位をいくつかの異なった方向から撮影したり、
身体の複数の場所の検査を一度に行うことがありますから、検査室に入ってから出るま
での時間はさまざまです。おとなの患者様の場合、単純エックス線撮影は確かに「一瞬」
の間に終わる検査ですが、国立成育医療センターで大半を占める「小さな子どもたち」
にとってはそうでもありません。小さな子どもたちにとって最も苦手な、「動かないで
じっとしている状態」で撮影するのですから、検査を受ける側にとっても行う側にとっ
ても「一仕事」です。実は、小さな子どもたちを撮影するためには、検査室にさまざま
な工夫があるのです。検査室の壁に子どもたちになじみの深いキャラクターの絵を貼っ
たり、子どもたち専用の固定具を用意したり、子どもたちの目線に合わせたビデオを用
意したりしています。通常はこれに加えて、複数の技師で身体全体および検査部位を固
定し、ちょうど良い瞬間を見計らって、さらにもう一人の技師が撮影するといった具合
です。まさに複数の人々の連携で検査が行われているのです。次の項では、単純エック
ス線写真はどのようにしてできるのか、エックス線は安全なのかという点につき解説し
たいと思います。

 単純エックス線写真は、一言でいうと、「光でできる影絵」のようなものといえます。
ただし、影絵では、普通の光は身体で完全にさえぎられますが、エックス線写真では、
身体の構造の違い(骨、脂肪、肺の空気など)によりエックス線の弱まり方が異なるた
め、その差を写真上に映し出すことができるのです(画像になるまでのメカニズムはも
っと複雑ですが)。また、これまではできあがった画像を「フィルム」でお渡ししてい
ましたが、国立成育医療センターでは、放射線診療部で行われる全ての画像が電子情報
化されているため、検査終了とともに処理を行い、画像データが電子カルテに送られ、
画像を電子カルテ上で参照できます。

 単純エックス線撮影に関して、読者の方の多くは、「エックス線って安全なの?」と
いう疑問をお持ちだと思います。この疑問に対する答えは、結論からいいますと「はい、
安全です」ということになります。例えば、胸部単純エックス線撮影を1回行った場合
の被ばく量は、われわれが避けることのできない「自然被ばく」1年分の30分の1に
過ぎないのです。もちろん、放射線診療部では、検査のための被ばくは必要最小限にな
るよう、無駄のない検査を心がけています。

 以上、放射線診療部を簡単に紹介するとともに、「レントゲン撮影」について解説い
たしました。部長以下、放射線診療部一同、患者様に役立つ診療部であるよう日々努力
しておりますので、ご理解ご協力をお願いいたします。放射線診療部で行われる検査を
はじめ、放射線に関するご質問があれば何なりと受付までお申し出ください。

-自己紹介-
野坂 俊介(のさか しゅんすけ)
出身地 島根県
出身大学 聖マリアンナ医科大学

 平成13年7月に国立小児病院放射線科医員として勤務を開始して以来、平成15年
3月の開院から国立成育医療センター放射線診療部に勤務しています。大学入学ととも
に、出身地である島根県を離れて上京して以来25年以上が過ぎました。今では,立派
な都会人?です。専門は、画像診断、特に小児領域の画像診断です。食べ物の好き嫌い
がないのが数少ないとりえのひとつですが、特に好きな食べ物は「イタリア料理です」。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●7階屋上庭園紹介
                             保育士  高橋 みゆき

 7階西病棟、7階東病棟のドアから病棟に入ると、一番先に目に入るのは食堂脇にあ
る屋上庭園です。屋上庭園には、“ぷくぷく”と名づけられた固定遊具、月1回成育ボ
ランティアさんによって手入れされた四季折々の草花が見られます。

 7階屋上庭園は7・8・9東西の小児6個病棟が順番に利用しています。庭園内では
草花をみてまわったり、固定遊具のすべり台で遊んだり、ぷくぷくの中を海に見立て、
牛乳パック等を利用して作成された“魚・たこ・わかめ・・・”などを見たり、また庭
園内の各所にベンチがセッティングされており休憩できるようにもなっています。入院
中はなかなか外にでることのできない患者様に対して、入院中でも外気浴・日光浴でき
るよう病棟内からすぐに出入りできるようになっています。

 こどもたちも「今日はお庭の日、早く行こう!シャボン玉しようかな…」「○○ちゃ
ん呼んでくる。」「ねえねえ、鉛筆と紙もって行っていい?」。また室ではうとうとし
ていた子どもたちも外にでたとたんに目がパッチリなんてこともしばしば・・・各々の
楽しみ方をしているようです。そんなこどもたちをご家族も笑顔で見守っています。

 また、外に出て気分転換ができるのはこどもたちばかりではないようで、ご家族の方
たちも庭園内では笑顔でこどもに言葉をかけたり、他のご家族と談笑したりとゆっくり
とした時間を過ごされています。
  7階屋上庭園は、小児6個病棟に入院中の患者様・家族の憩いの場・コミュニケーシ
ョンの場となっており、患者アメニティのひとつとして大きな役割をはたしています。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●ワンポイントアドバイス
  ~なぜお薬は決められた通りに飲むのか?(血中濃度のお話し)~
                          薬剤部 薬剤師  村越 輝子

 気温差があり体調を崩しやすい日々が続いておりますが、皆様は、いかがおすごしで
しょうか?

 さて、今回は、なぜお薬は決められた時間に決められた量を飲むのかについて説明し
ます。薬が効く、効かないは、多くの場合、血液中の薬の濃度、つまり血液中にどれ
だけの量の薬があるか、と深く関係しています。飲み薬(粉薬、錠剤、カプセル、シロ
ップなど)の多くは、胃や腸などの消化管から徐々に吸収され、血液にのって全身に運
ばれます。そして、血液中の薬の量がある一定の濃度以上になって、はじめてその薬の
効果が現れます。そのため、薬を飲んで実際に薬が効き始めるまでには多少時間がかか
ります。血液中に入ったお薬は尿や便などと一緒に体の外へ排泄されていくため、血液
中のお薬の濃度は徐々に下がっていきます。血液中のお薬の濃度が下がってきた頃、次
にお薬を飲む時間がきます。薬の血液中の濃度を維持するために決められた量(1回に
飲む量)と飲む時間を守ることが大切な理由です。決められた時間に繰り返し飲むこと
によって、血液中の薬の濃度が常に効果を現す範囲内となり、期待した効果が得られる
状態になります。

 体調がいいからといって、1日3回飲まなくてはいけない薬を1日2回にしたり、1
回に飲む量を減らすなどして自己判断で飲む回数や量を変えてしまったり、飲むのを止
めてしまったりすると、薬の血液中の濃度が保てず、当初予定した薬の効果が期待でき
なくなります。逆に、指示されている回数より多く飲んでしまうと薬の血液中の濃度が
高くなり、副作用が起こるおそれが出てきますので、注意してください。
  「薬は決められた時間に決められた量を守ってお飲みください」と言われるのはこの
ためです。医療機関で処方される薬は、患者様1人1人の病気の状態に合わせて量や飲
む回数を決めています。特にお子様に処方された薬は、その時の年齢や体重や症状に合
わせて処方されています。成長によって薬の量も変わるので、過去に処方された薬や、
他の人がもらった薬を使用することは絶対にしないようにしてください。

 薬の飲みかたなどに関する指示は、薬の効果や副作用などを考慮したうえでなされて
いるので、医師や薬剤師の説明をよく聞き、指示に従ってお飲みください。

 お薬について、ご質問がありましたら薬剤部までご連絡ください。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

▲ ページ上部に戻る

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲

    成育すこやかジャーナル      No.10(2003/8/7)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

成育すこやかジャーナル第10号をご覧いただきありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━■ 目   次 ■━━━━━━━━━━━━━━━

 ●子どもの肥満
                       内分泌・代謝科 医長  田中 敏章
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●診療科紹介
                         皮膚科 医長  佐々木 りか子
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●女性総合外来開設
                         11東病棟 師長  田中 弘子
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●ワンポイントアドバイス 
   ~飲み物・食べ物と薬~
                        薬剤部 副薬剤部長  飯島 道生
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●子どもの肥満
                       内分泌・代謝科 医長  田中 敏章

 肥満とは、正確には体に脂肪が過剰に蓄積した状態をいいますが、一般的には身長に
比して体重が多い状態をさします。食生活が豊かになり、運動量が減り、ストレスも多
くなって、子どもの肥満は年々増加しています。成人では、肥満は高血圧症、糖尿病、
高脂血症などを合併して、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞の危険が増すこと
はよく知られています。子どもにおいては、これらのいわゆる生活習慣病を合併するこ
とはありませんが、子どもの肥満は成人の肥満に移行する率が高く、将来の生活習慣病
の予備軍といえます。学校検尿などで2型糖尿病が発見される割合は、近年増加して
います。高度肥満の場合には、まれに呼吸障害や睡眠中の無呼吸を伴うこともあります。
また、肥満に伴う運動嫌いやいじめなどの問題もあり、子どものうちに治療・予防する
ことが大切です。子どもの肥満の評価は、体重が標準体重からどのくらい多いかという
肥満度で表されます。肥満度(%)=(実測体重-標準体重)/標準体重X100で計算されます。
標準体重の出し方は、いろいろありますが、身長に対する標準体重の表を示しておきま
す。肥満度+20%以上を肥満といい、+20%以上~+30%未満を軽度肥満、+30%以上~
+50%未満を中等度肥満、+50%以上を高度肥満といいます。

 肥満の大部分は、食べ過ぎと運動不足が原因の単純性肥満ですが、なんらかの病気に
よる症候性肥満が数%あります。一般に肥満の子は背が標準より高いのが普通ですが、
肥満に低身長を伴っている場合は症候性肥満の可能性が高いので、専門医を受診してく
ださい。

 肥満は家族全体の生活習慣が影響を与えていることが多く見られます。肥満の治療の
基本は、食事と運動です。子どもの場合はまだ成長するので、高度肥満を除いては、体
重を極端に減らす必要はありません。体重増加を押さえるか、体重を横這いにすること
により、身長が伸びるため肥満度は改善されていきます。

 肥満の食事療法は、成長期の栄養バランスを考えたカロリーを指示し、栄養士さんの
指導で食事指導を行います。肥満の子どもは、親も肥満という場合が少なくないので、
家族全体の健康維持も兼ねて食事療法を行ってください。また肥満の子どもは戸外の遊
びよりも、テレビやテレビゲームなどの遊びを好む傾向があるので、簡単で毎日続けら
れる運動、たとえば散歩、縄跳び、ストレッチ、ダンベル体操などを、家族も一緒に行
うようこころがけてください。

 成育医療センターでは、内分泌外来や生活習慣病外来で、肥満のお子さんを治療して
おります。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●診療科紹介
                         皮膚科 医長  佐々木 りか子

 日本でも数少ない子ども専門の皮膚科です。すべての皮膚の病気が対象となりますが、
子どもがかかりやすい皮膚の病気か、あるいは、少ないけれども子ども独特の病気で受
診なさることが多いといえます。それらの例とその治療を簡単にご紹介しましょう。

<アトピー性皮膚炎>
皮膚の体質的な特徴に合わせたスキンケアで予防します。アレルギー検査も行います。

<あざ>
レーザー治療をしています。ほかに、全身的な検査が必要であれば行います。

<とびひ、イボ>
細菌、ウイルスでうつる病気ですので適切な早い治療が大切です。

<円形脱毛症>
治りにくい方、重症な方の治療も行っています。

<遺伝性・先天性疾患>
まず診断が大切です。診断には皮膚検査が必要となることがありますが、子どもに楽な
方法をとっています。国立小児病院開院以来長い経過をみています。

-自己紹介-
佐々木 りか子(ささき りかこ)

 小児病院時代からずっと子どもの皮膚疾患ばかりを診療してきました。その上で感じ
ることは、子どもの皮膚疾患のなかには、自然によくなるものが少なくないということ
です。つまり、子どもには、素晴らしく、また不思議なエネルギーと生命力があるとい
うのが、私の実感です。そんな子どもたちと毎日触れ合える私は、大変しあわせもので、
おかげさまでいつまでも歳をとらない!という気分がしています。
  もうひとつ、病気の子どもさんをもつご両親は大変心配があるものですが、できるか
ぎり、安心していただけるような診療をしなくてはいけないと思っています。お互いに
励まし合ってここまで来れたという気がしています。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●女性総合外来開設
                         11東病棟 師長  田中 弘子

 女性総合外来ってどんなところ?11階西病棟の日がさんさんと降り注ぐ明るい一角
をアイボリー色に衣替えして、女性総合外来が平成15年7月29日より診療を開始し
ました。電話予約は7月18日より専属の看護師がお受けしています。すでに9月中旬
まで予約が満杯の状況です。

 ここ成育医療センター「女性総合外来」は、女性の月経周期やホルモンのアンバラン
スによる体調の変化や家庭、仕事からくるストレスなど、病状が出ていても病院に行く
のをためらいがちな女性を対象にしています。悩みを気軽に話せ適切な医療を受けられ
るようにするための「女性総合外来」です。完全予約制ですので待ち時間短縮、ゆっく
りお話を聴けるように、1人の診療時間を充分とってあります。話をするだけでも患者
様のストレスが軽くなる様子で診療後は笑顔もみられています。2001年5月に国内
で第1号の女性専用外来が開設されてから、各地の公立病院でも開設が検討されはじめ
ました。当センター病院でも女性の「からだ」と「こころ」の両面から総合的に支援す
るため開設されました。対象は高校生以上になりますが、担当の医師と専任の看護師が
お待ちしていますのでご相談ください。診察室は個室空間になっており医師との会話が
外にもれないように配慮してあります。狭いながらも広く感じるような間取りに設計し
てあり、静かに流れる音楽とインテリアでリラックスできる雰囲気を醸し出しています。

 お子さまのいる方は診察中心配が無いようにボランティアによるシッティングサービ
スもできます。ご心配な方は是非一度「女性総合外来」受診は如何でしょうか。

 申し込み方法:予約制

        予約受付時間  月・水・金 (休日、祝日は除く)
                 午後1:00~4:00

        電話      03―3416―0277

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

●ワンポイントアドバイス
  ~飲み物・食べ物と薬~
                        薬剤部 副薬剤部長  飯島 道生

 薬同士がお互いに影響し合って、その作用を弱めたり、強めたりすること(薬の飲み合
わせー相互作用)については、マスコミ等にたくさん取り上げられ、私たち薬剤師も実際
服用される方々にお話をしてきました。「かかりつけ薬局」をお勧めする大きな理由の一
つがこのことなのです。

 飲み物・食べ物と薬についても同じように影響し合うことがありますが、食べ物には
好き嫌いもあることから、薬を飲まれる方からいろいろお話を伺
わないと、こちらからお話できない難しい場合も少なくありません。

 そこで今回は、「飲み物・食べ物と薬」について代表的ないくつかをお話したいと思い
ます。少量でも薬の効果に影響するものももちろんありますが、質・量ともバランスの
良い食事をしていればそれほど気にすることはありせん。食事そのものが影響する場合
は、第9号で「お薬を飲む時間について」(食前・食後2時間等)をお話させていただい
ておりますので省きます。また喫みもの(煙草)とお酒(実は影響される薬は多いのです
が)も省略させていただきます。

<飲み物>

*( )内は対象となる成分の一例です。

緑茶・紅茶・コーヒー

 代表的なものでは、喘息等でよく使われる薬(テオフィリン)、心臓の薬(プロプラノロ
ール)、胃潰瘍の薬(シメチジン)などがあります。心の病や不安を取り除くのに使われる
薬(ジアゼパム)なども知られています。妊娠の方が服用される機会の多い「鉄剤」が以
前言われておりましたが、現在よく使われているものでは、ほとんど影響ありません。

牛乳

 よく使われる抗生物質(クラブラン酸カリウム・アモキシシリン)や、鉄剤、腸溶剤(腸
で溶けるように工夫された薬)等で吸収に影響されるものがあります。また大量になりま
すと、胃の薬や骨のための薬等との間で影響があります。

グレープフルーツジユース

 高血圧によく使われる薬に影響を与えるのは話題になりましたが、他にも免疫抑制剤
等に影響を与えます。含まれる成分が薬の代謝をじゃますることが原因であるとされて
います。

サプリメント飲料

 ビタミンC、カルシウム、鉄、アミノ酸等が入った飲み物が多種あります。入ってい
る量が多く、たくさん飲めばそれぞれ”薬”となりますので、影響される薬も多くなり
ます。

<食べ物>

納豆

 薬と飲み物・食べ物の相互作用で最も代表的なものの一つに上げられ、血液を固まり
にくくする薬(ワーファリン)の効力を弱めることが知られております。そのため、この
薬を飲んでいる方は納豆を食べることは控えてください。納豆菌の作るビタミンKの働
きによるものなのですが、ビタミンKを多く含む緑黄色野菜(ブロッコリー・パセリ等)
にも同じことが言えます。これらを一度に大量に食べたりすることは避けましょう。ま
たこの薬は大豆油等(ビタミンEを多く含むもの)とで効力が強まってしまいます。

ビタミンCを多く含むもの

眼科等で使われる薬(アセタゾラミド)で腎・尿路結石が起こりやすいと言われています。
また一部のホルモン剤に影響を及ぼすとも言われています。

鮪・ハマチ・鰤魚類の一部

 結核に使われる薬(イソニアジド)が知られています。魚類に含まれる一成分から作ら
れる物質の代謝を、この薬がじゃますることで蓄積・中毒症状(頭痛・嘔吐等)が現れる
と言われてます。この薬、チーズとも影響しあって血圧上昇・動悸が現れるとも言われ
ています。

 その他にもいわゆる高蛋白食(サプリメントとしてのプロテイン等)で吸収等影響を受
ける薬、それぞれのビタミン(A・D等)を多く含む食品と影響し合う薬などがあります。

 学生時代家庭科(生活科)で使った食品成分表等を取り出して、見直してみるのも面白
いものです。

 飲み物・食べ物と薬について気にかかることがありましたら、医師、薬剤師にご相談
ください。

┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
└◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┴┴◎─◎┘

▲ ページ上部に戻る

===================================

成育すこやかジャーナル No.9(2003/7/7)

===================================

成育すこやかジャーナル第9号をお届けします。

<><><><><><><><><><><><><><><><><><

◆目 次

●消化器の病気      (消化器科 医長 香坂 隆夫 )

●PALS(パルス)の紹介(救急診療科 清水直樹、手術集中治療部 宮坂勝之)

  (小児のための二次救命

救急蘇生法)

  

 ●ワンポイントアドバイス   

  おくすりを飲む時間について       (薬剤部薬剤師 深田 暁子)

●赤ちゃんの夏のスキンケア     (看護部外来看護師 川口 輝乃)  

●お知らせ 七夕コンサ-トの開催  

<><><><><><><><><><><><><><><><><><

●消化器の病気       (消化器科 医長    香坂 隆夫)

                  

消化器の病気は、子どもにとって非常に一般的なものです。ただし、「ポンポ

ンが痛い」というのは乳幼児で体の具合が悪いときのばくぜんとした訴えのこ

とがあります。              

成人の病気で、生活習慣病が問題となっているように子どもの世界にもこのよ

うな形の病気がふえてきています。一昔前まで問題になったのは、下痢症にな

る脱水でした。細菌性のものはO-157によるものや外来性の感染症を除き

ほととんど認められませんが、ロタウィルスを始めとするウィルス感染による

下痢症は、現在でも多く認められます。しかし、この病気は、水分の補給を行

えば回復するので、経口補液、点滴輸液の発達した今日ではお母さん方の知識

が行き渡ったともあり重篤な例をみることは少なくなりました。むしろ補液の

重要性を過度に認識したお母さん方が白色便下痢症の初期に認められる嘔吐

に対して、経口的に水分の補給をあせって症状の憎悪をまねくという悪循環が

みられます。嘔吐のあるときは、静かにして一眠りさせ落ち着いて様子をみる

ことが第一です。 

                 

さて、本論の子どもにおける生活習慣病ですが、消化器では潰瘍性大腸炎を主

とする炎症性腸疾患、肝臓は脂肪肝、腹痛では過敏性腸症、幼児期の便秘症が

あげられます。過敏性腸症は、食事の欧米化と時期を同じくして増えてきたと

いわれ、若年化の傾向も認められています。くり返す腹痛、下痢に加えて血便

がまじるようなら要注意です。過敏性腸症は現代病であり、炎症性腸症のよう

な腸に病的な変化がないにもかかわらず下痢や便秘をくり返しさらに腹痛も

加わるので本人にとっては苦しいものですが、ゆったりした気分にしてあげる

ことが大切です。脂肪肝も現代的な運動不足、高カロリー食の反映であり、子

どもの時から太りすぎに注意しなければなりません。 

幼児期の便秘も、先天性の巨大結腸症なども考慮する必要がありますが、習慣

性のことも多く認められるようになりました。赤ちゃんの時期を過ぎて、保育

所にあずけたりしているときに、家庭と保育所双方の場所、それぞれで排泄し

ているだろうと思っている間におきてしまいます。忙しい職業をもったお母さ

んは大変ですが食事と同じように便の排せつの方も是非、目をかけてあげて下

さい。習慣性の巨大結腸症になると便がたまるため本人もイライラしたり、そ

の気分の低下がさらに便秘を憎悪させるようです。  

今日は、消化器の一般的病気について紹介しましたが、成育医療センター消化

器科には、数多くの胆汁うっ滞症状を示す肝胆道疾患の患者さんが長期にわた

り通院されています。また、炎症機能の異常によつておこるむずかしい疾患も

種々の治療方法を組み合わせて治療しています。専門的あるいは一般的な相談

の窓口として利用してください。

 

<><><><><><><><><><><><><><><><><><

●PALSの紹介  (救急診療科 清水 直樹、手術集中治療部 宮坂 勝之)

 (小児のための二次救命    

救急蘇生法)

子どもの呼吸停止などの緊急事態に直面した際に、医師または医療従事者とし

てすぐさま対応するのは当然として、そこでより良い対応ができるようになり

たいと誰もが考えていることでしょう。私達の施設では、このための小児蘇生

教育コースである。PALS(Pediatric Advanced Lif

e Support)を2002年4月から開催しています。これは、米国心

臓協会と米国小児科学会から提供されている小児二次救命処置を2日間にわ

たって指導する教育コースで、実践さながらのマネキンやシミュレーターを使

った疑似訓練を繰り返します。

北米の新卒小児科医は全員義務としてPALSを履修していますが、日本では

そうした規定がなく、新卒医師に限らずこうした訓練と蘇生知識が徹底してい

ないために、質の高い小児救急蘇生が行われていませんでした。私達の施設で

は2003年4月から、PALSの履修を手術集中治療部と総合診療部のレジ

デントに対して必修としました。

小児の救急蘇生法を学ぼうとしている方々を指導する際に、その知識や技術を

伝える以上に大切なことがあります。それは、蘇生技術を学ぶあるいは実践す

ることを通じて、病院の中だけに自己完結することなく、地域における“救命

の連鎖“の一部を構成しているという意識を養うことです。そうした認識の上

で、事故予防や一次救命処置に対しても目を開いてもらうことが、より大切な

ポイントです。すなわち地域における子ども達のための小児の”救命の連鎖”

を確立するため、院内院外での職種を越えて、ことに予防においてはご両親も

一緒に、子ども達を守るための努力をしていきたいと考えております。

6月27日(金)から28日(土)の2日間PALSの講習会が成育医療センター

の講堂で行なわれ、参加人員24人でした。今後もずっと続けていく予定です。

講習会は、Yomiuri On-Lineの「医療ルネサンス」でも紹介されています。

<><><><><><><><><><><><><><>

●ワンポイントアドバイス

おくすりを飲む時間について           (薬剤部薬剤師 深田 暁子)

おくすりの袋には、「1日3回朝昼夕食後」というように、おくすりを飲んでいただくタ

イミングが書いてあります。今回は、おくすりを飲む時間について説明しましょう。

★★おくすりを飲む時間★★

ご存知ですか?

「食前」・・・・食事の30分くらい前

「食後」・・・・食事の30分くらい後

「食直前」・・・食事のすぐ前

「食直後」・・・食事のすぐ後

「食間」・・・・食事の約2時間後

「時間毎」・・・食事に関係なく、指示された間隔で。睡眠時は、多少のずれは構わな

い。

「就寝前」・・・寝る30分くらいまでの間

「頓服(とんぷく)」・・・・症状に応じて(痛み止め、熱さまし、咳止め、下痢止め等)

この中で、よく間違われるのが、「食間」です。食事をしている間ではないので、注意

しましょう。

★★おくすりを飲み忘れた時の注意★★

おくすりの飲み忘れに気がついたら、できるだけ早く飲むようにしましょう。次のおく

すりを飲む時間が近い時は、1回飲むのをやめるか、または、おくすりを飲んで次に

飲む時間を遅らせるようにしてください。

時間を遅らせる目安は以下のように考えてください。

1日3回のおくすり・・・・次に飲む時間まで4時間以上あける

1日2回のおくすり・・・・次に飲む時間まで5時間以上あける

1日1回のおくすり・・・・次に飲む時間まで8時間以上あける

これらは目安であって、おくすりによっては、対応が異なる場合もあります。1回飲み

忘れたからといって、2回分を一緒に飲んではいけません。飲み忘れたときの対処法

を、あらかじめ医師や薬剤師に尋ねておくと安心です。

Q&A

Q.具合が悪く、食べられません。「食後」のおくすりは,どうしたらいいですか?

A.ふだん、食事をしている時間に飲むようにしましょう。

特に赤ちゃんや子どものおくすりで胃の粘膜を荒らすおくすりはほとんどありませ

ん。

食事ができないほど、具合が悪いということですから、それを治すために早くおくす

りを飲ませてあげましょう。

Q.飲むのに30分くらいかかってしまうことがありますが、大丈夫ですか?

A.30分くらいなら、大丈夫です。

飲みぐすりは、胃腸から吸収されて、血液に入って効果がでます。

ただし、飲む前に粉薬などを溶かしたおくすりの場合、成分が変化していくことも

ありますから、30分くらいを目安にしましょう。

Q.飲んだら、吐き出してしまいました。また飲んでいいですか?

A.飲んでからどれくらいの時間で吐いたか、また吐いた量によっても、違ってきます。

ひとつの目安として、10分以内であれば、再度、飲んでもかまいません。10分以上た

ちますと、体内に入ったおくすりが吸収されている可能性がありますので、再度飲まな

いで様子をみるようにしましょう。

おくすりは、指示が書いてあるラベルや袋といつも一緒にしておいてください。

一度に袋から出しますと、飲み方と中身がわからなくなったり、他のおくすりと間違う

原因になります。

おくすりは、ひとりひとりの症状や体質にあわせて、処方されています。

おくすりを有効で安全なものにするためには、決められた時に、決められた量を必

ず守って飲むことが大切です。それでも、場合によっては、予想外のことが起こる場

合があります。なにか変だなと思ったら、すぐに医師や薬剤師に相談するようにしま

しょう。

梅雨真っ只中。じめじめした毎日が続いています。健康に気をつけて、お過ごしくだ

さい。夏は、もうすぐそこです!

おくすりについてご相談などあれば、薬剤部までどうぞ遠慮なく、お尋ねください。

<><><><><><><><><><><><><><><><><><

●赤ちゃんの夏のスキンケア   (看護部外来看護師 川口 輝乃) 

 

赤ちゃんの肌はとても柔らかで気持ちイイですよね。そんな赤ちゃんの肌も夏

のこの暑い時期になるとママにとって悩みの種になってしまうことも多いは

ず・・・。

赤ちゃんは汗っかき、大人も赤ちゃんも汗腺の数は同じだけあるため、体の小さ

な赤ちゃんほど汗をかきやすく“あせも”にもなりやすいのです。

昔から赤ちゃんの肌をサラサラさせるために白い粉をお肌にパタパタしてあげ

る習慣がありますが、使いすぎるとかえって汗腺を詰まらせてしまいます。

“あせも“は汗腺に汗がつまって炎症を起こしたものです。粉は汗を吸い取って

くれますが、肌に必要な水分も吸い取ってしまいます。湿度の高い日は空気中の

水蒸気を吸い取ってしまい、かえって皮膚を痛めてしまう原因にもなるので、使

うときは上手に使いましょう。それから赤ちゃんが鼻や口から粉を吸ってしまわ

ないように気を付けてあげてください。

まずは”あせも”を予防しましょう!

*汗をかいたら濡れたタオルで体を拭く(強く擦らず拭きとる)。

* シャワーで汗を流す(皮脂の取りすぎによる乾燥を防ぐため3回/日迄。石鹸

* 使用は1回/日)。

* エアコンを上手に使うこと(室温25~26度・湿度50~55%→エアコンの設

* 定温度と異なることがあります。温度計を置いて確認しましょう)。また、汗

* を吸い取りやすい柔らかな綿100%の半袖肌着を着せましょう。袖なし肌着

* はわきの汗を吸い取るところが無いため半袖の方が良いようです 。

* 紫外線を浴びると日焼けします。夏の強い日差しで赤くて痛くて水脹れを起

* こすことがあります。外に出かける時は、帽子をかぶせたり、バギーにフー

* ドをつけたりして直射日光を避けましょう。1歳くらいになって、海・山・

* プールに出かける時も直射日光を避けて、木陰で遊ばせましょう。

* 日焼け止めクリームも有効です。日焼け止めクリ―ムは日常ではSPF20位、

* 海・山・プールではSPF30位のものを選び、伸びがよく白く残るくらいのも

* のが効果的です。そしてだいたい2時間おきに塗り直してあげましょう!

1回目は2度塗りしてあげると更に効果があります。

                                 

離乳食や指しゃぶりの時期になると、顔が荒れて赤くなる赤ちゃんが多くいま

す。顔が荒れたりひどくならないように予防してあげましょう。市販のワセリ

ンを離乳食前に顔に塗ると、食べ物やよだれをはじいて直接肌に触れないこと

で肌荒れを防いでくれます。食後は濡れたおしぼりで顔をキレイに拭いてまた

ワセリンを塗ってあげるといいでしょう。拭いたことで顔の皮脂を拭き取って

しまうので保湿をしてあげる必要があるからです。また、よだれ掛けは濡れた

ままにしているとアゴが荒れるので早めに取り替えてあげましょう。

<><><><><><><><><><><><><><><><><><

●♪♪七夕コンサートの開催♪~♪ 

成育のホールにもたくさんの短冊をつけて七夕を飾りました。

「音楽でたのしむたなばたさま」

今年も、昨年にひき続き「七夕コンサート」を行いました。

日 時:   7月7日 (月) 11:30~12:30

場 所:   豆の木プレイルーム

演 奏:   ヴァイオリン  奥田裕美

       チェロ     北村由美子

       ピアノ     飯塚まりえ

<><><><><><><><><><><><><><><><><><

▲ ページ上部に戻る

===================================

成育すこやかジャーナル No.8(2003/6/18)

===================================

成育すこやかジャーナル第8号をお届けします。

<><><><><><><><><><><><><><><><><><

◆目 次

●こどものむし歯     (第二専門診療部 歯科 医長   金田一 純子)

●頭のヒビ        (第二専門診療部 脳神経外科 医長 師田 信人)

 ●助産師の知恵袋     (6西病棟師長           阿部 聖世)

 ●ワンポイントアドバイス

      おくすりの飲ませ方   (薬剤部薬剤師主任  坂本 治彦)

<><><><><><><><><><><><><><><><><><

●こどものむし歯      (第二専門診療部歯科 医長 金田一 純子)

   

            

 むし歯の原因菌はミュータンス菌、歯についたプラークを餌に菌が増殖し、その発生する

酸により歯を溶かしむし歯になる。予防法は、食後の歯磨き、食物のとりかた、歯質を強くす

るフッ素塗布とこれほど予防法の確立している感染症はないのですが、なかなか減らない

のもむし歯です。

 最近、外来で増えているように思われるのは、2歳前の重症むし歯です。原因は断乳の失

敗で、母乳、ミルクどちらにも言えることですが、就寝時の哺乳、つい、泣かれて飲ませてし

まう。こどもも夢うつつで飲んでいるので、飲みきっておらず、朝までミルク漬けのまま、これ

ではむし歯にならない方が不思議です。治療は、この年齢ではコミュニケーションが取れな

いこと、むし歯の本数が多いこと、重症になっていること(歯髄処置、抜歯となる場合が多い)

から全身麻酔下での治療を勧めております。

 永久歯と異なり乳歯の歯質は有機質に富み、むし歯になりやすく、進行も速いので、知覚

も発達していない低年齢のこどもでは気がついた時にはかなり重症になっていることが多い

のです。低年齢のこどものむし歯はご両親の責任です。

●頭のヒビ   ―こどもが頭を打った時―                               

                                                                 

              (第二専門診療部 脳神経外科医長 師田 信人)

我が子の頭にヒビが入ったと、言われたらどうしますか ?

「頭にヒビがはいってますね」

「えっ、そんな・・・頭は大丈夫なんですか?」

外来では時にこんなやり取りがあります。頭、といってもいろいろな意味があり、

最初の医者の使っている”頭“=頭蓋骨に対して後者の親の言う“頭”=脳の意味

で使われています。頭のヒビ、すなわち頭蓋骨の骨折ですが、心配ないでしょうか?

答えをだす前に人間の骨はどんな役割をしているか考えて見て下さい。手足の骨は

筋肉を支える働きをし、肋骨は肺が膨らんだり縮んだりする空間をつくり出してい

ます。しかし、骨によって完全に覆われている器官は人間では脳と脊髄、すなわち

中枢神経だけなのです。脊髄を保護する脊椎は重力に抗して人間の体を支える働き

も持っていますが、頭蓋骨は純粋に脳を守るために存在しています。転んだ時、何

かに頭を打った時、衝撃から脳を保護するだけでなく、極端な話、骨折することに

よって衝撃を吸収し脳を守る役割を果たすこともあるのです。ということで、骨折

そのものは多くの場合心配ありません。(ただし、時には小児にみられる陥没骨折で

骨折片が脳を強く圧迫している場合には手術が必要になります。)

 問題は、骨折するほど強い衝撃が加わった時に脳は大丈夫なのか、ということに

なります。そのため、頭蓋骨骨折が頭のレントゲン写真で認められた時にはCTなど

で頭蓋内の出血の有無を精査する必要があります。

一般にこどもが頭を打った時、元気に泣いていて、その他いつもと変わりなけれ

ば心配することはまずありません。吐いても1回、2回で本人が元気であれば様

子をみていただいてほとんどの場合は大丈夫です。頭の中に出血など生じて具合

が悪くなるのは、通常は頭部打撲後6時間以内です。強く頭を打った時は最低6

時間、できれば24時間くらいの間は注意して様子を見守ってあげてください。

繰り返し吐いたり、ぼーっとして元気がないなら最寄の医療機関で詳しく検査を

受けられることを勧めます。

<><><><><><><><><><><><><><><><><

●助産婦の知恵袋            (6西病棟師長   阿部 聖世)

妊娠中のカフェイン・アルコール

【カフェイン】

コーヒー・紅茶・緑茶などにふくまれるカフェインの量が問題です。カフェインを

妊娠中のお母さんが非常に多く摂りすぎると、例えば1日20杯のコーヒーだと、   

赤ちゃんの神経や呼吸機能に影響を及ぼすことがわかっています。また、食事のす

ぐ後にカフェインを摂ると、食事で得た鉄分がカフェインとくっついて排泄され、

貧血を助長します。        

☆ 一滴も飲んではいけないの?

カフェインレスのものもありますが、1日1~3杯くらいであればかまわないで    

しょう。妊娠前から普段10杯くらいのんでいたような方は、急に減らすことが難

しいので、毎日1杯でも2杯でも減らしていく努力をしましょう。例えば、アメリ

カンにするとか、ミルクや牛乳で薄くしてみたりなどの工夫をしましよう。

【ア ル コ ー ル】

妊娠中のお母さんが飲酒すると、一時的でもアルコールが胎盤とへその緒を通って    

赤ちゃんへ移行することが知られています。お母さん自身に酔った感覚がなくとも、

赤ちゃんはまだ体が小さいので、かなりの量になってしまいます。       

ただ、赤ちゃんの代謝も早いので、乾杯くらいのお付き合い程度ならばそれほど影響

がないのですが、薬と同じく妊娠初期と、連日の飲酒は問題です。妊娠初期の胎児

へのアルコールは、脳の発育に影響することが知られていますし、アルコール依存

症のお母さんから生まれた赤ちゃんは、早産が多く、知的発達に影響を及ぼすこと

もわかっています。できたら、妊娠したら飲酒は控えてください。            

一滴も飲んではいけないの?

お付き合いで、飲酒の機会があるのでしたら、できるだけアルコール分が低いもの

を選びましょう。

カクテルやチューハイなど、飲み口が良いものは、つい沢山飲んでしまいがちで

すので気をつけましょう。

赤ワインのポリフエノールが体に良いといわれていますが、やはり連日の飲みすぎ

は禁物です。 妊娠中のイライラと情緒不安定による妊娠中のお母さんのキッチン

ドリンカーは増えています。ご主人にも協力してもらい、たまにはストレスを発散

させる工夫をしましょうね。

<><><><><><><><><><><><><><><><><

     ●ワンポイントアドバイス おくすりの飲み方       (薬剤部主任 坂本 治彦)

   「おくすりの飲ませ方 ~赤ちゃんの場合~」

成育すこやかジャーナルをご覧のみなさん!赤ちゃんにおくすりを飲ませようとして困った

経験はありませんか?

せっかく粉ぐすりを飲ませたのに吐き出したり、水ぐすりを少しずつ飲ませたのにむせて

口からこぼれてしまったなど…。おくすりは病気を治すためにとても大事なものですが、赤

ちゃんにとっては大変迷惑で苦痛なものです。ときには飲ませる大人にとっても苦痛にな

る場合があります。

今回は、おくすりの飲ませ方の第二回目として赤ちゃんへの飲ませ方をご紹介します。こ

れからお話することは、あくまでも一般例であり、おくすりの種類や剤型によって適さない

こともあります。実際に飲ませる場合は、医師・薬剤師に相談してからお試し下さい。

★★おくすりは、食前または授乳の前に飲ませましょう。★★

赤ちゃんは、おなかがいっぱいになるとおくすりを飲まなくなったり、食べ物と一緒に吐い

てしまうことがあります。したがって、赤ちゃんの場合、食前または授乳の前に飲ませるの

が一般的です。(注意:おくすりの種類によっては、飲む時間が決まっているものもありま

す。医師・薬剤師に相談してから飲ませましょう。)

★★水ぐすり(シロップ剤)の飲ませ方★★
  液体で、飲みやすくするために甘味や香料が加えてあります。飲ませる前に、振るなどの

指示通りの方法で中身を均一に混ぜてから1回分を添付のカップやスポイトで計りとりま

す。

ごっくんができるようになれば、スポイトなどでほっぺたの内側に流し込むとよいでしょう。の

どの奥に入れると、せきこみやすいので注意して下さい。スプーンで少しずつ流し入れても

よいでしょう。小さな赤ちゃんでは、空の乳首に水ぐすりを入れて吸わせてもよいでしょう。先

に乳首だけを口に入れて、赤ちゃんが吸いはじめたら水ぐすりを入れるとこぼさずに飲めま

す。

★★粉ぐすりの飲ませ方★★

小皿やスプーンなどに一回分の粉ぐすりを出して、数滴水をたらして団子状に練ります。

きれいに洗った手で赤ちゃんの上あごかほっぺたにこすりつけて、その後湯冷ましを飲ま

せます。舌先は苦味を強く感じるため、舌にのせるのはやめましょう。アイスやヨーグルト

に混ぜる方法もあります。混ぜたものを長時間置いておくとおくすりが溶けだしてきて、味

が変わるので注意して下さい。また、残した場合おくすりの量が変わるため、1回に食べ

きれる量に混ぜましょう。(注意:ミルクに混ぜるのはやめましょう。くすりの味で赤ちゃん

の栄養源であるミルクを嫌いになってしまう恐れがあります。)

★★坐薬の使い方★★

肛門から入れ、直腸粘膜から吸収させて効果をあらわします。赤ちゃんをあお向けにして

おむつをはずします。包装をはがしてくすりを取り出し、足を押さえながらとがったほうを

肛門にあてて坐薬を入れます。坐薬を肛門にあてたとき体温で少し溶かすと挿入しやす

いです。入れてから1~2分間ティッシュで押さえ坐薬が出てこないことを確認します。

★★最後に★★

おくすりの好みが初めからわかっているときは、おくすりを処方してもらうとき医師に話し

て下さい。せっかく処方されたくすりでも飲めなければ何もなりません。また、処方されたく

すりが飲めない時には、剤型を変えたり、味を変えたりという工夫をしますので、遠慮せ

ずに話して下さい。

▲ ページ上部に戻る

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲

    成育すこやかジャーナル      No.7(2003/5/23)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

成育すこやかジャーナル第7号をご覧いただきありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━■ 目   次 ■━━━━━━━━━━━━━━━

 ●こどものがんと遺伝のこと・・・家族性腫瘍研究会公開シンポジウムへのお誘い
                        小児腫瘍科 医長  恒松 由記子
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●思春期診療科の紹介
                        思春期診療科 医長  堀川 玲子
  ……………………………………………………………………………………………………
  ●保育士奮闘記 ~子どもの日~
                               保育士  林 典子
  ……………………………………………………………………………………………………  
  ●ワンポイントアドバイス
   ~医療用医薬品と一般用医薬品について~
                          薬剤部 薬剤師  西村 好子
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●こどものがんと遺伝のこと・・・家族性腫瘍研究会公開シンポジウムへのお誘い
                        小児腫瘍科 医長  恒松 由記子

 ほとんどの小児がんは、元気な子どもに突然起こります。「次の子は大丈夫ですか?
遺伝はしないでしょうか?」小児がんと診断されて、一通り説明が終わったあと、ご両
親からよくこのようなご質問をうけます。小児がん登録がキチンと行なわれている北欧
の統計では、小児がんにかかったお子さんのきょうだいがまた小児がんにかかるリスク
は一般の子どもに比べて3倍ほど高いというデータがあります。一般の子どもが15歳ま
でにがんにかかるリスクは約500人に1人ですから、その3倍で166人に1人ということに
なります。

 では、生まれつき小児がんにかかりやすい素因というものがあるのでしょうか?それ
は、やはりあります。丹念に調べると、小児がんになった子どもの約10%ぐらいはがん
になりやすい素因に関連してがんが起こっています。例えば、ダウン症候群をもったお
子さんは20倍も白血病にかかりやすいといわれています。また、まれな先天異常である
ベックイズ症候群や無虹彩症の方も腎臓のがんにかかりやすいので、定期的な検診が必
要になります。

 がんになりやすい素因が親から子どもに遺伝することがありますが、このがんの遺伝
が一番はっきりしているのが、子どもだけにおこる眼のがんで網膜芽細胞腫といわれて
いる病気で、その約半分が遺伝性です。この眼のがんの研究が皮切りとなって、この20
年ぐらいの間にこの網膜芽細胞腫の遺伝子の他にも、大人の遺伝性乳がんや遺伝性大腸
がんなどの原因遺伝子が次々と発見されてきました。

 がんになりやすい遺伝的素因をがんになる前に遺伝子診断で診断し、がん予防に役立
てたらどうかということも考えられるようになってきました。しかし、「子どものうち
から調べるかどうか?」についてはいろいろな問題があります。

 来る6月12日から14日まで、成育医療センターの講堂で家族性腫瘍研究会が開かれま
すが、最終日の6月14日(土)には、午後2時から市民公開講座「未成年者の遺伝子診断
と倫理課題」と題するシンポジウムを開きます。がんに限らず、現在ではどんな病気の
原因も遺伝や遺伝子の正しい知識なしには理解できません。患者さんとご家族をはじめ、
市民の皆様の多くの方々のご参加を希望いたします。

.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:.

●思春期診療科の紹介
                        思春期診療科 医長  堀川 玲子

 昨年成育医療センターが開設された時に、従来の専門診療の枠を越えた全人的医療を
目指して総合診療部が新設されました。思春期診療科は小児期診療科・成人期診療科と
もに総合診療部に属し、思春期年齢の子ども達を対象に、この時期に特有な疾患を中心
とした診療を行っています。たとえば

1)二次性徴の異常
   思春期の身体の変化が早すぎる、遅すぎる。初経が遅れている。
2)摂食の異常
   急に食欲がなくなり痩せてきた。元気はあるのに体重が減っていく。
3)成長の異常
   身長が伸びない、伸びすぎる。
4)肥満・糖尿病など生活習慣病
   生活習慣の乱れに基づく肥満症、肥満を伴った糖尿病、高脂血症など。
5)その他さまざまな体の不調
   疲れて学校に行けない、微熱が続く、など。

 外来は、一般総合診療部外来の他、思春期外来(毎週月曜日午後)、生活習慣病外来
(第1を除く毎週金曜日午後)に行っています。予約センターを通して予約を取ること
ができます。思春期外来では、思春期心理科・婦人科と一緒に外来を行っており、ここ
ろと身体の両面から思春期診療を進めています。生活習慣病外来では栄養士・臨床心理
士とともに、生活習慣の見直しを総合的に指導していきます。

 また、思春期年齢は、将来の身体の基礎を作るとても大切な時期です。特に中高年に
なってからの骨粗鬆症の予防に、「骨粗鬆症予防プログラム」を立ち上げ、慢性疾患の
お子さんのみならず、健康なお子さんの骨塩量の向上を図っていこうとしています。
  この他、思春期の喫煙、性病の問題にも順次取り組んでいく予定です。
  ご質問がありましたら、どうぞお気軽に声をお寄せ下さい。

-自己紹介-
  小児科初期研修終了以後、ずっと内分泌代謝畑を歩んできました。その経験を基に、
池間尚子先生というよき伴侶(!?)とともに今までにない思春期医療を発展させたい
と思っています。家庭では、それこそ思春期まっただ中の二人の娘と手のかからない夫、
愛情あふれる両親のおかげで「育自」に励んでいます。趣味は音楽とスポーツ観戦、観
劇。音楽はブラームスからクイーンまで、スポーツはラグビーとサッカー、舞台はミュ
ージカルから歌舞伎まで。クワイアに入り、自分でも歌っています。コンサートに行く
時間がないのが悩みです。(堀川記)
                          
.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:.

●保育士奮闘記 ~子どもの日~
                               保育士  林 典子

∥<[゜)>>>>>>巛     5月のイベントといえば「子どもの日」。各病棟、
∥<[゜)ヾヾヾ巛    こいのぼりにちなんださまざまな保育活動が行われました。
∥<[゜)EEEEEE巛

 9階の乳幼児病棟では・・・・・・。
「子どもたちの手形や足形をとって、こいのぼりに飾ろう!」ということで、東西病棟
合わせて約50個の手形や足形をとり、こいのぼりのうろこに見立てて飾りました。興
味津々といった感じですぐに手を差し出す子、及び腰の子、泣き出してしまう子、赤く
染まった自分の手にギョッとした表情を見せる子、眠ったままの子・・・などさまざま
でしたが、みんな自分の手形や足形ができると真剣な表情(不思議なだけ?)で見つめ
ていました。中には「もっとやりたい!!」と泣いて訴える子もいました。この「うろ
こ」はご家族に大評判!!面会に来られたご家族が我が子の、また友達のものを見なが
ら、楽しそうにお話されていました。子どもの日が過ぎてから、その「うろこ」をこい
のぼり型に作ったカードに貼って、みんなにプレゼントしました。「成長記録」として
嬉しそうに持ち帰られました。

 年中半袖で過ごせる病院の中では、なかなか四季の変化を感じることができません。
季節変化を味わうことができるためにも、行事は欠かせないもののひとつです。これか
らも子どもたちが四季の変化を味わい、病院での生活が少しでも潤うよう、さまざまな
行事をおこなっていきたいと思っています。

.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:.

●ワンポイントアドバイス
  ~医療用医薬品と一般用医薬品について~
                          薬剤部 薬剤師  西村 好子

 皆さんは「ちょっと具合が悪いかな・・・。」と思った時、どうしますか?すぐに病院
で医師に診てもらう方もいれば、街の薬局で買った薬を使って様子をみる方もいるでし
ょう。医療機関で医師から処方される薬(=医療用医薬品)と、薬局で誰でも購入でき
る薬(=一般用医薬品、大衆薬)は、同じ薬と言っても大きく異なります。今回はその
違いについてご説明しましょう。

医療用医薬品とは?

 皆さんが、医師の診察を受けた後に処方せんにより保険薬局や、病院・診療所の薬局
で受け取るお薬のことです。医師は、患者様の体質や症状にあった薬を処方します。つ
まり、オーダーメイド。その時の体にぴったり合った、自分専用でちょうどよい仕上が
りです。ここで気をつけたいのは、以前もらった薬が残っているからといって、安易に、
自己判断で使ってはいけないということです。症状はその時々で異なりますし、特にお
子様の場合は成長が著しいので、昔の薬が合っているとは限りません。皆さんも、昔ぴ
ったりだった洋服が、体型の変化などで似合わなくなるっていう経験をされたことがあ
るのではないでしょうか。それと同じですね。このように医療用医薬品は自分専用のお
薬です。他の人に譲ることは事故につながることにもなりかねませんので絶対にやめま
しょう。

一般用医薬品(大衆薬)とは?

 テレビのコマーシャル等で宣伝されているので、皆さんに馴染みの深いお薬と言える
かもしれません。大衆薬や一般薬、OTC薬と呼ばれることもあります。(OTC:オーバー・
ザ・カウンターの略で、カウンター越しに売られるという意味)だれでも簡単に買うこ
とができるので「とりあえず」の時に便利なのですが、一人一人の症状にあったお薬で
はありません。そのため安全性を考えて、一般的には副作用のおきにくい設定になって
います。つまり、既成服のようなもの。ぴったりではなくても、いろいろな人に似合う
ようにできているのです。とはいえ、薬である以上用法・用量を正しく守らないと副作
用が発現することもあります。さらに、医療用医薬品と一般用医薬品の内容が重なって
しまう場合もあるので、購入する時には、お店の薬剤師に良く相談し、箱の中に入って
いる「使用上の注意」を良く読んでから使うようにしましょう。また、症状良くならな
い場合や悪化した時には、必ず医師に診てもらうようにしましょう。

 医療機関へおかかりになる際には、使っていた一般用医薬品を持参するか、名前をメ
モしてお持ち下さい。その他にお薬ではないのですが、健康ドリンク・健康食品・ダイ
エット食品・サプリメントなどが今たくさん売られています。皆さん驚かれるかもしれ
ませんが、この中の一部の物には、お薬の効果に影響を及ぼすものがあります。日頃、
何気なく使っているこれらの物に関しても、医師に診てもらう時には必ず伝えるように
しましょう。

 前回「お薬手帳」についてお話しましたが、一般用医薬品の使用の際にも手帳に記録
しておくと便利だと思います。お薬についてご相談などあれば、薬剤部までどうぞ。

.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:._.:☆:.

▲ ページ上部に戻る

▲ 成育すこやかジャーナルに戻る