国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

患者・ご家族の方へ Patient & Family

患者・ご家族の方へ Patient & Family

体外受精│妊娠・出産をお考えの方へ

siluets-725508_1920の画像

周産期・母性診療センター 不妊診療科 医長
齊藤 英和

体外受精とは

体外受精は、採卵手術により排卵前に体内から採取した卵子と精子を、体外で受精させる治療です。1978年に英国にて世界初の体外受精児が誕生して以来、これまでに何百万人もの赤ちゃんが世界中で誕生しています。

日本でも、年間約5000人の体外受精児(新鮮胚の移植による)が誕生しており、現在、日本国内では約25人に1人が、体外受精、顕微授精、または凍結融解胚移植により出生すると報告されています。不妊症治療には必要不可欠となった体外受精ですが、その妊娠率は治療周期あたり16.3%(2013年、日本産科婦人科学会、登録・調査小委員会)と決して高いものではなく、まだまだ未解決の問題が多い治療法であることも事実です。

国立成育医療研究センターでの体外受精胚移植

体外受精胚移植は、卵管性不妊、男性不妊、免疫性不妊、子宮内膜症性不妊、長期に渡る原因不明不妊など、様々な原因の不妊症の方が対象となります。

1.調節卵巣刺激 体外受精の周期では多くの場合、調節卵巣刺激を行います。患者さんの状態に合わせ、排卵誘発剤の種類、量を適切に調整いたします。具体的には、GnRHアゴニスト(ウルトラロング法、ロング法、ショート法)、GnRHアンタゴニスト法、クロミッド法、クロミッド+HMG/FSH法、のほか、自然周期での採卵も行っています。患者さんお一人お一人、また同一の患者さんでも周期毎に、最適な刺激方法は異なります。血中のホルモン値計測と卵胞モニターを行いながら、最適な方法、お薬の量を調整いたします。
2.採卵 卵胞が成熟してきたら、採卵します。採卵は前日(1泊2日入院)、あるいは当日早朝に入院(日帰り入院)していただき行います。採卵は経腟超音波ガイド下に、腟壁から針を卵巣に穿刺して行います。麻酔は主に、座薬、内服薬、あるいは麻酔薬の筋肉注射および穿刺部位への局所麻酔を行います。採卵自体は10分~15分程度で終了します。採卵後2時間ほど安静にしていただき、血圧、脈拍、出血や腹痛の有無などを確認し、問題がなければ帰宅可能です。
3.体外受精・培養 採卵日には、男性に精液を採取していただきます。採卵した卵子と、洗浄・調整後の運動良好な精子を一緒にします(媒精)。媒精当日および翌日に受精の確認をし、受精した卵は移植するまで2日~5日培養します。初期胚~胚盤胞のどの時期に移植するかは、胚の状態と患者さんの子宮の状態などによりご相談させていただきます。
4.胚移植 細く柔らかいカテーテル(くだ)を用いて、受精卵を子宮腔内に戻します。胚移植の個数は、複数個移植に伴う多胎の増加を避けるため、日本産婦人科学会の見解に沿って原則1個とします。ただし、35歳以上の女性、または2回以上続けて不成功であった女性については2個胚移植まで可能です。
5.黄体期管理 胚移植後、着床環境を整えるために黄体ホルモンの投与を行います。黄体ホルモン剤には、内服薬、注射薬、腟座薬があります。
6.胚の凍結 胚移植しなかった受精卵(余剰胚といいます)は凍結保存し、次周期以降に融解して胚移植することが可能です。また、妊娠による卵巣過剰刺激症候群の重症化が懸念される場合や、子宮内膜が着床に適していない状態で、新鮮周期では胚移植ができない場合などにも、すべての受精卵を凍結することがあります(全胚凍結)。
7.妊娠の判定 原則として採卵日の2週間後に血中ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)を測定し妊娠判定をいたします。妊娠判定が陽性の場合、黄体補充を継続し、およそ妊娠9~10週まで管理させていただきます。特別な場合を除き、ご希望に応じて当センター産科で引き続き妊娠管理と出産が可能です。
体外受精ー肺移植の流れの画像

国立成育医療研究センターの診療体制

当センターでの体外受精・胚移植を希 望される場合には、事前にゆっくりと時間をかけてご夫婦で体外受精・胚移植についてのお話(不妊カウンセリング)をお受けいただいてから行っております。また、体外受精・胚移植などの生殖補助技術を用いた治療は、治療をお受けになるご夫婦に多大な精神的負担となることも事実です。治療法の選択でお悩みの場合、その他治療中にゆっくりとご相談したことがある場合など、別にカウンセリングの時間を設けさせていただきますので、是非お気軽にご相談ください。

  • 外来は、すべて予約制ですので、当院で受診される方は『事前予約』が必要です。

国立成育医療研究センターでは、事前予約制を導入しておりますので、予約センター(電話 03-5494-7300)で予約をお取りになってからご来院ください(予約取得時に、紹介状の確認をしております)。
詳しくは、予約センターにお問い合わせください。

予約センター (直通)

03-5494-7300

月~金9時~17時 (祝祭日を除く)にお電話ください。

ブログの購読はメールマガジン・facebookが便利です