国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

患者・ご家族の方へ Patient & Family

患者・ご家族の方へ Patient & Family

基礎体温表│妊娠・出産をお考えの方へ

thermometer-106380_1920の画像

周産期・母性診療センター 不妊診療科 医長
齊藤 英和

基礎体温表とは

妊娠を希望される方が、ご自身でできる最も簡単な検査が、基礎体温を測定し記録することです。「基礎体温」とは、安静時の体温のことです。月経が開始してから排卵までの卵胞期は低温相、排卵後、次回の月経までは高温相となり、2相性を示すのが典型的です。

正しい基礎体温の測り方

基礎体温の変化は0.3℃程度と小さな範囲なので、通常の体温計ではなく、小数点第2位まで測定できる専用の婦人体温計で測定します。基礎体温は、運動、食事や精神作用などのない、心身ともに安静な状態で測定した体温のことです。そのため、毎朝、目が覚めた時に口腔内(舌の下)で測定します。計測終了まで、動きまわったりしないことが大切です。

基礎体温に影響する因子

睡眠時間や、睡眠環境、前日のアルコール摂取の有無、四季の変化や部屋の空調設備の影響など、さまざまな因子が基礎体温に影響します。

基礎体温測定でわかること

1.排卵日の推定 古くから基礎体温表を使って、排卵日の推定が行われてきました。排卵後、黄体から分泌されるプロゲステロンの作用で体温が上昇し、高温相に移行すると考えられています。しかし、排卵時にすでにプロゲステロンが分泌されていることもあることや、排卵後、黄体に変化する時期が一定しないことなどから、排卵日と体温上昇日の関係も一定しません。現在では、基礎体温から排卵日を推定することは難しいとされています。
2.排卵したことの確認 基礎体温を測りながら、排卵日を予知することは難しいですが、あとから振り返って、排卵していること、あるいは排卵日を予測することはできます。基礎体温がきちんと、低温相と高温相に分かれて、2相性になっていれば排卵しており、逆に、低温一相性であれば、多くは無排卵です。
3.黄体機能不全 高温相が続く日数が10日以内である場合や、低温相と高温相の差が0.3℃以下の場合、黄体機能不全の可能性があります。
4.妊娠の可能性 妊娠が成立しなかった場合、黄体の寿命は約14日で一定です。それ以上高温相が持続する場合、妊娠している可能性があります。

国立成育医療研究センター不妊診療科の診療体制

外来は、原則主治医制で行っていますが、日々、不妊診療科医師でグループカンファレンスを行い、患者さん一人一人の治療方針を決定しています。

妊娠を希望したときに、まず、ご自身でできる検査が基礎体温の測定です。毎日きちんと測ることができなくても、気楽に続けて習慣化しましょう。2~3か月測定することにより、月経周期、排卵の時期、排卵の有無などを推定することができます。当センターでは、外来通院中に基礎体温を測定していただくように患者さんにお伝えしています。基礎体温を測定していただくことで、体の状態を、より正確に知ることができます。基礎体温表の付け方、基礎体温表からわかることも、外来でご説明いたしますので、お気軽にご相談ください。

国立成育医療研究センターの診療のご案内

  • 外来は、すべて予約制ですので、当院で受診される方は『事前予約』が必要です。

国立成育医療研究センターでは、事前予約制を導入しておりますので、予約センター(電話 03-5494-7300)で予約をお取りになってからご来院ください(予約取得時に、紹介状の確認をしております)。
詳しくは、予約センターにお問い合わせください。

予約センター (直通)

03-5494-7300

月~金9時~17時 (祝祭日を除く)にお電話ください。


ブログの購読はメールマガジン・facebookが便利です