国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

患者・ご家族の方へ Patient & Family

患者・ご家族の方へ Patient & Family

不妊治療(不妊症)│妊娠・出産をお考えの方へ

couple-1396314_1920の画像

周産期・母性診療センター 不妊診療科 医長
齊藤 英和

不妊症とは

一般的には特に病気のない健康な男女が妊娠を希望し、避妊をせず夫婦生活を営むと一定期間内に大多数の方が妊娠します。一定期間を経過しても妊娠しない状態を「不妊症」と定義しています。この「一定期間」を不妊期間とよび、日本産科婦人科学会では不妊症と診断する不妊期間を1年間と定義しています。

不妊治療とは

不妊症のカップルには、妊娠に至らない原因を調べる「不妊検査」と検査結果に応じた「不妊治療」を行います。女性側に、月経不順や、子宮内膜症、子宮筋腫などがある場合、年齢が高い場合、などは1年間の不妊期間をまたずに、検査、治療を行うことがあります。

一般的な不妊検査として、女性は、1)基礎体温の測定、2)採血によるホルモン検査、3)卵管の通過性を確認する子宮卵管造影検査、4)性周期に伴う卵胞(卵のふくろ)の育ち具合や、子宮筋腫、卵巣腫瘍の有無などを調べるための超音波検査など、また男性には精液検査をいたします。

不妊症に対しては原因に応じた治療を行います。不妊原因は、女性側の因子として、排卵障害、卵管因子、子宮の異常、子宮内膜症、などが挙げられます。

国立成育医療研究センターでの不妊治療

当センターでは、外来で行う採血検査、超音波検査などの一般不妊検査に加えて、治療としての腹腔鏡検査や腹腔鏡下手術が可能です。また、子宮鏡を用いた検査も、外来にて行っています。これらの検査により、系統的な不妊症の原因検索が可能です。

当センターでの不妊治療は、タイミング法、人工授精などの一般不妊治療から、体外受精、顕微授精、受精卵の凍結保存、融解胚移植などの高度生殖補助技術を用いた治療まで幅広く行っています。まず、系統的な不妊検査を行った後、「ステップアップ法」と言って、患者さんの身体にとって侵襲の少ない自然に近い方法から治療を開始し、一定期間妊娠に至らない場合は次のレベルの治療にレベルアップしていきます。また、当センターの治療の特徴は、腹腔鏡や子宮鏡での検査および手術ができることです。たとえば、一般不妊検査で特に原因が特定できない患者さんの約4割は、腹腔鏡検査で子宮内膜症や腹腔内癒着などの不妊原因が明らかになり、治療により妊娠率が上がることがわかっています。他にも、子宮内腔にポリープなどの受精卵の着床を阻害するような原因がある場合、子宮鏡下手術で治療することにより、妊娠率が上がることがわかっています。

当センターでの治療をご希望される患者さんの中には、すでに他施設で長く治療をされ、妊娠に至らなかった方も多くいらしておりますので、患者さん一人一人の原因、病態に応じて最適な治療方法を提案させていただきます。

国立成育医療研究センター不妊診療科の診療体制

外来は、原則主治医制で行っていますが、日々、不妊診療科医師でグループカンファレンスを行い、患者さん一人一人の治療方針を決定しています。

国立成育医療研究センターの診療のご案内

不妊症では、系統的な検査と治療が大切です。また、早く治療を始められたほうが、妊娠する確率も高まります。不妊でお悩みの方は、是非、早い内にお気軽に受診してください。

  • 外来は、すべて予約制ですので、当院で受診される方は『事前予約』が必要です。

国立成育医療研究センターでは、事前予約制を導入しておりますので、予約センター(電話 03-5494-7300)で予約をお取りになってからご来院ください(予約取得時に、紹介状の確認をしております)。
詳しくは、予約センターにお問い合わせください。

予約センター (直通)

03-5494-7300

月~金9時~17時 (祝祭日を除く)にお電話ください。


ブログの購読はメールマガジン・facebookが便利です