国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

患者・ご家族の方へ Patient & Family

患者・ご家族の方へ Patient & Family

NIPTを含む出生前遺伝学的検査の外来体制変更のお知らせ(2019年10月)

妊婦さんお一人での受診でも、リスクを判定する検査は同日の実施が可能です

出生前検査を受けるかどうかはご夫婦の意思によるものです。したがって、基本的にはご夫婦でのご受診を推奨しております。可能な限りご夫婦でご受診ください。ただし、ご夫婦でのご受診が難しい場合には、妊婦さんお一人での受診であっても、妊婦さんご本人に同意書へご署名をいただくことで当日の検査は可能です。(羊水検査や絨毛検査は当日の検査はできません。)


NIPTは診療として行います

これまでNIPTは臨床研究として行ってまいりましたが、染色体疾患のリスクを判定する他の検査(妊娠初期コンバインド検査・妊娠中期母体血清マーカー検査)と同様に、診療として検査を行うことにいたしました。


NIPTの対象となる妊婦さんの条件を変更しました

NIPTの対象となる妊婦さんの条件の1つに「高年齢の妊婦さん」が含まれており、今までは出産予定日の年齢が35歳以上である方を「高年齢の妊婦さん」としておりました。しかし、妊婦さんの年齢やご出産時の年齢における染色体疾患の出生確率のとらえ方は個人によって異なりますので、高年齢は関しては個別に相談の上で対応することにいたしました。