国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

(業績 平成25年度)発達評価センター

平成25年度

[原著論文;査読あり]

  1. Uruma G, Hashimoto K, Abo M. A new method for evaluation of mild traumatic brain injury with neuropsychological impairment using statistical imaging analysis for Tc-ECD SPECT Ann Nucl Med 2013;27:187-202.
  2. Hashimoto K, Sakamoto N,Takekoh M, Ikeda N, Kato K, Honda M, Tamai S, Miyamura K,Horikawa R, Ohya Y. Validity of the Family-Rated Kinder Infant Development Scale (KIDS) for Children. Pediat Therapeut 2013;3:153. doi:10.4172/2161-0665.1000153
  3. 黒田直生人,橋本圭司,上出杏里,河本嶺希,佐藤裕子,金澤郁恵,本田真美,竹内博一,高木 聡,竹川 徹,安保雅博. 急性散在性脳脊髄炎に低酸素脳症を合併した高次脳機能障害児に対する1リハビリテーション経験. 慈恵医大誌 2013;128:163-9.
  4. 青木隆明,上出杏里,陶山哲夫:ロンドン・パラリンピック医務報告.日本障害者スポーツ学会誌,2013;22:98-100.
  5. 渡辺雅之,上出杏里,岩橋佳子:サウンドピンポン学習を通して語られる「共生社会」へのまなざし.日本障害者スポーツ学会誌,2013;22:74-81
  6. 山内裕子, 宮尾益知, 奥山眞紀子, 井田博幸:女児 Asperger 障害の臨床的特徴.脳と発達2013; 45: 22-26.
  7. 山内裕子、藤原武男、奥山眞紀子、井田博幸:Children's Global Assessment Scaleを基に開発した生活困難度尺度の妥当性. 日本小児科学会雑誌2013; 117: 1002-1007.
  8. 山内裕子 宮尾益知 松井直子 奥山眞紀子 井田博幸:幼児Asperger障害女児例の特徴について. 小児科診療2013; 117: 1975-1980.

[総説]

  1. 橋本圭司. 高次脳機能障害―心と身体で支えるリハビリテーション―.理学療法京都 2013;42:1-5.
  2. 宮尾益知・橋本圭司編集.発達障害へのアプローチ―子どもから成人まで.MB Med Reha2013;155

[著書]

  1. 橋本圭司. 発達を支える子どものリハビリテーション. 東京, 三輪書店, 2013.
  2. 橋本圭司.高次脳機能障害とは.1-23.高次脳機能障害をもつ人へのナーシングアプローチ.医歯薬出版株式会社.2013
  3. 橋本圭司.なるほど高次脳機能障害 誰にもおきるみえない障害.ウィズシリーズ,朝日福祉ガイドブック,2013.
  4. 橋本圭司.心理的アプローチ.559-564.今日のリハビリテーション指針,東京,医学書院,2013.
  5. 橋本圭司.高次脳機能障害はよくなる.33-6.高次脳機能障害の世界(山田規畝子編著)改訂第2版,東京,協同医書出版社,2013.