国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

(業績 平成25年度)アレルギー科

平成25年度

原著論文(英文・和文)

  1. HiguchiO,AdachiY,ItazawaT,ItoY,YoshidaK,OhyaY,OdajimaH,AkasawaA:Rhinitishasanassociationwithasthmainschoolchildren.AmJRhinoAllergy2013;27(1):e22-25
  2. KojimaR,MatsudaA,NomuraI,MatsubaraO,NonoyamaS,OhyaY,SaitoH,MatsumotoK:Salivaryconrtisolresponsetostressinyoungchildrenwithatopicdermatitis.PediatDerm2013;30:17-22
  3. KojimaR,FujiwaraT,MatsudaA,NaritaM,MatsubaraO,NonoyamaS,OhyaY,SaitoH,MatsumotoK:Factorsassociatedwithsteroidphobiaincaregiversofchildrenwihatopicdermatitis.PediatDerm2013;30:29-35
  4. TorleyD,FutamuraM,WilliamsHC,ThomasKS:What'snewinatopiceczema?Ananalysisofsystematicreviewspublishedin2010-11.ClinExpDermatol2013;38(5):449-456
  5. FutamuraM,ThomasKS,GrindlayDJ,DoneyEJ,TorleyD,WilliamsHC:Mappingsystematicreviewsonatopiceczema--anessentialresourcefordermatologyprofessionalsandresearchers.PLoSOne2013;8(3):e58484
  6. MoritaH,NomuraI,OriharaK,YoshidaK,AkasawaA,TachimotoH,OhtsukaY,NamaiY,FutamuraM,ShodaT,MatsudaA,KamemuraN,KidoH,TakahashiT,OhyaY,SaitoH,MatsumotoK:Antigen-specificT-cellresponsesinpatientswithnon-IgE-mediatedgastrointestinalfoodallergyarepredominantlyskewedtoT(H)2.JAllergyClinImmunol2013;131(2):590-592.e1-6
  7. FutamuraM,MasukoI,HayashiK,OhyaY,ItoK:EffectsofaShort-TermParentalEducationProgramonChildhoodAtopicDermatitis:ARandomizedControlledTrial.PediatrDermatol2013;30(4):438-443
  8. JwaSC,FujiwaraT,HataA,ArataN,SagoH,OhyaY:BMImediatestheassociationbetweenloweducationallevelandhigherbloodpressureduringpregnancyinJapan.BMCPublicHealth2013;13:389-398
  9. YoshidaK,AdachiY,AkashiM,ItazawaT,MurakamiY,OdajimaH,OhyaY,AkasawaA:CedarandcypresspollencountsareassociatedwiththeprevalenceofallergicdiseasesinJapaneseschoolchildren.Allergy2013;68(6):757-763
  10. 勝沼俊雄,丹愛子,大矢幸弘:小児アトピー性皮膚炎患者養育者のQualityofLife調査票短縮版(QP9)の開発と臨床的評価.アレルギー2013;62:33-46
  11. 長野智那,石黒精,余谷暢之,阪井裕一,藤原武男,大矢幸弘:小児病院におけるアナフィラキシーと二相性反応.アレルギー2013;62:163-170

総説(英文・和文)

  1. 大矢幸弘:総合アレルギー診療を目指してアレルギー疾患の治療における最近の話題.5.プロアクティブ外用療法.ModernPhysician2013;33:232-236
  2. 大矢幸弘:アトピー性皮膚炎患者に対する対応のポイントアトピー性皮膚炎患者のアドヒアランスとその関連要因.薬局2013;64(6):118-123.
  3. 大矢幸弘:経皮感作とアレルギースキンケアによるアトピー性皮膚炎の発症予防.臨床免疫・アレルギー科2013;59:581-586
  4. 大矢幸弘:薬局なんでも相談室食物アレルギー診療の基本を知りたい.日経ドラッグインフォーメーションDI2013;186:045
  5. 成田雅美:小児の気管支喘息最新事情小児の気管支喘息の自然歴.月刊母子保健2013;650:6-7
  6. 大矢幸弘:アトピー性皮膚炎や症にの治療に関するアドヒアランス.日本臨床皮膚科医会雑誌2013;30:290-301
  7. 大矢幸弘:乳児期の食物アレルギーの最新知見.月刊地域保健2013;11:17-25
  8. 大矢幸弘:食物アレルギー~アトピー性皮膚炎が増えた背景.Dr’sColumnvol.4ハコエール2013;5秋号:14
  9. 大矢幸弘:食物アレルギーと離乳食の関係.Dr.sColumnvol.5,ハコエール2013;6冬号:14.
  10. 大矢幸弘:アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2012.小児科診療UP-to-DATE2013;3:10-15

著書(英文・和文)

  1. 津田彰,大矢幸弘,丹野義彦:臨床ストレス心理学の誕生.(津田彰・大矢幸弘・丹野義彦編)臨床ストレス心理学,東京大学出版会,2013;1-21
  2. 大矢幸弘,山下裕史郎:医療、教育、地域の連携とストレス心理学.(津田彰・大矢幸弘・丹野義彦編),臨床ストレス心理学,東京大学出版会,2013;55-71
  3. 大矢幸弘:不眠症の認知行動療法.(津田彰・大矢幸弘・丹野義彦編),臨床ストレス心理学,東京大学出版会,2013;163-172
  4. 成田雅美:食物アレルギー.(渡辺博監修,永井良三,福井次矢,木村健二郎,上村直実,桑島巌,今井靖,嶋田元編),今日の臨床サポート,エルゼビア・ジャパン,2013(ウェブサイト:http://clinicalsup.jp/jpoc/
  5. 大矢幸弘,野村伊知郎,成田雅美,二村昌樹,堀向健太,津村由紀,正田哲雄:こどものアレルギーアトピー性皮膚炎・食物アレルギー・ぜんそく.(五十嵐隆監修,大矢幸弘編),国立成育医療研究センターBookシリーズ,メディカルトリビューン,2013
  6. 山本明日香,中里純子,成田雅美:気管支喘息.(松井陽,奥山虎之編),国立育医療センター病院小児臨床検査マニュアル,診断と治療社,2013;166-170
  7. 津村由紀,大矢幸弘:アトピー性皮膚炎.(松井陽,奥山虎之編),国立成育医療研究センター病院小児臨床検査マニュアル,診断と治療社,2013;171-173
  8. 津村由紀,大矢幸弘:食物アレルギー.(松井陽,奥山虎之編),国立成育医療研究センター病院小児臨床検査マニュアル,診断と治療社,2013;174-177