国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

(業績 平成24年度)アレルギー科

平成24年度

[原著論文:査読付(Reviewed Paper)]

  1. Takeuchi S, Saeki H, Tokunaga S, Sugaya M, Ohmatsu H, Tsunemi Y, Torii H,Nakamura K, Kawakami T, Soma Y, Gyotoku E, Hide M, Sasaki R, Ohya Y, Kido M, Furue M: A randomized, open-label, multicenter trial of topical tacrolimus for the treatment of pruritis in patients with atopic dermatitis. Ann Dermatol 2012;24:144-150
  2. Schmitt J, Spuls P, Boers M, Thomas K, Chalmers J, Roekevisch E, Schram M, Allsopp R, Aoki V, Apfelbacher C, Bruijnzeel-Koomen C, Bruin-Weller M, Charman C, Cohen A, Dohil M, Flohr C, Furue M, Gieler U, Hooft L, Humphreys R, Ishii HA, Katayama I, Kouwenhoven W, Langan S, Lewis-Jones S, Merhand S, Murota H, Murrell DF, Nankervis H, Ohya Y, Oranje A, Otsuka H, Paul C, Rosenbluth Y, Saeki H, Schuttelaar ML, Stalder JF, Svensson A, Takaoka R, Wahlgren CF, Weidinger S, Wollenberg A, Williams H: Towards global consensus on outcome measures for atopic eczema research: results of the HOME II meeting. Allergy 2012;67:1111-1117
  3. Okubo H, Miyake Y, Sasaki S, Tanaka K, Murakami K, Hirota Y: Osaka Maternal and Child Health Study Group, Kanzaki H, Kitada M, Horikoshi Y, Ishiko O, Nakai Y, Nishio J, Yamamasu S, Yasuda J, Kawai S, Yanagihara K, Wakuda K, Kawashima T, Narimoto K, Iwasa Y, Orino K, Tsunetoh I, Yoshida J, Iito J, Kaneko T, Kamiya T, Kuribayashi H, Taniguchi T, Takemura H, Morimoto Y, Matsunaga I, Oda H, Ohya Y: Maternal dietary patterns in pregnancy and fetal growth in Japan: the Osaka Maternal and Child Health Study. Br J Nutr. 2012 ;107:1526-1533
  4. Katsunuma T, Ohya Y, Fujisawa T, Akashi K, Imamura N, Ebisawa M, Daikoku K, Kondo N, Terada A, Doi S, Nishimuta T, Noma T, Hamasaki Y, Kurihara K, Masuda K, Yamada T, Yamada M, Yoshihara S, Watanabe K, Watanabe T, Kitabayashi T, Morikawa A, Nishima S: Effects of the tulobuterol patch on the treatment of acute asthma exacerbations in young children. Allergy Asthma Proc 2012;33:28-34
  5. Higuchi O, Adachi Y, Itazawa T, Ito Y, Yoshida K, Ohya Y, Odajima H, Akasawa A, Miyawaki T: Relationship between rhinitis and nocturnal cough in school children. Pediatr Allergy Immunol 2012;23:562-566
  6. Okabe Y, Adachi Y, Itazawa T, Yoshida K, Ohya Y, Odajima H, Akasawa A,Miyawaki T: Association between obesity and asthma in Japanese preschoolchildren. Pediatr Allergy Immunol 2012;23:550-555
  7. Ito K, Futamura M, Movérare R, Tanaka A, Kawabe T, Sakamoto T, Borres MP: The usefulness of casein-specific IgE and IgG4 antibodies in cow's milk allergic children. Clin Mol Allergy 2012;10:1
  8. 飯尾美沙, 大矢幸弘, 濱口真奈, 竹中晃二: 気管支喘息の長期管理における患児用セルフ・エフィカシー尺度の開発. 日本小児アレルギー学会誌 2012;26:266-276
  9. 飯尾美沙, 前場康介, 島崎崇史, 大矢幸弘, 竹中晃二: 気管支喘息患児の長期管理に対する保護者用セルフ・エフィカシー尺度の開発. 健康心理学研究 2012;25:64-73
  10. 南部光彦,車谷典男,大矢幸弘,勝沼俊雄,亀田誠,坂本龍雄,三浦克志,濱崎雄平,近藤直実: 小児気管支喘息長期管理薬に関する病院および診療所小児科医と内科医の比較. 日本小児学会雑誌 2012;116:1503-1511
  11. 舟木由乙世, 小澤恵, 平光美子, 深谷喜美子, 小林貴江, 安井正宏, 漢人直之, 益子育代, 二村昌樹, 伊藤浩明: アトピー性皮膚炎患児に対する外来スキンケア指導の効果. 日本小児難治喘息アレルギー疾患学会誌 2012;10:293-298
  12. 近藤直実, 寺本貴英, 松井永子, 加藤善一郎, 赤坂徹, 赤澤晃, 伊藤浩明, 足立雄一, 今井孝成, 大矢幸弘, 勝沼俊雄, 南部光彦, 藤澤隆夫, 二村昌樹, 松井猛彦, 三浦克志, 森川みき, 佐久間真帆: 東日本大震災とアレルギー疾患 支援活動報告 日本小児アレルギー学会としての取り組み. アレルギー・免疫 2012;19:572-576
  13. 近藤直実, 寺本貴英, 松井永子, 佐久間真帆, 赤坂徹, 赤澤晃, 伊藤浩明, 足立雄一, 今井孝成, 大矢幸弘, 勝沼俊雄, 南部光彦, 藤澤隆夫, 二村昌樹, 松井猛彦, 三浦克志, 森川みき;日本小児アレルギー学会災害対応ワーキンググループ: 東日本大震災 医療支援の在り方 アレルギー患者への対応. 日本小児科医会会報 2012;43:57-62 
  14. 成田雅美, 守本倫子, 前川貴伸, 和田友香, 堀川玲子: 女性医師支援における課題 男女医師勤務実態・意識調査. 小児外科 2012;44:734-738

[総説]

  1. Nomura I, Morita H, Ohya Y, Saito H, Matsumoto K: Non-IgE-mediated gastrointestinal food allergies: distinct differences in clinical phenotype between Western countries and Japan. Curr Allergy Asthma Rep 2012;12:297-303
  2. 大矢幸弘: アレルギー疾患とステロイド剤療法. 月刊薬事 2012;54:67-72
  3. 大矢幸弘: 喘息児のQOLの維持と治癒に向けての教育と啓発. アレルギー・免疫 2012;19:739-744
  4. 大矢幸弘: 心理社会的問題. 喘息 2012;25:64-69
  5. 大矢幸弘: 【アレルギー疾患の自然経過】 序 アレルギー疾患の自然経過に関する研究の重要性と課題. アレルギー・免疫 2012;19:1363-1365
  6. 大矢幸弘: Q&Aで学ぶお母さんと赤ちゃんの栄養.周産期医学 2012;42:321-324 
  7. 大矢幸弘: 塗り薬の処方意図と指導のコツ. 日経ドラッグインフォメーション2012;12:26-27
  8. 大矢幸弘: 小児ぜん息に対する行動医学的アプローチ. BreathLet 2012;6:6-9 
  9. 大矢幸弘: 運動誘発喘息に対するLTRAの使い方. 小児喘息情報誌AIR 2012;11:4-5
  10. 大矢幸弘: 2.妊娠中と栄養と食事 児のアレルギーを予防するための妊娠中、授乳期の栄養. 周産期医学 2012;42:321-324
  11. 堀向健太: 小児のアレルギーQ&A アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎の病態生理と皮膚合併症. 小児科学レクチャー 2012;2:473-477
  12. 福家辰樹, 大矢幸弘: 小児のアレルギーQ&A アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎の外用療法. 小児科学レクチャー 2012;2:478-483
  13. 二村昌樹, 二村恭子: 小児のアレルギーQ&A アトピー性皮膚炎 スキンケア. 小児科学レクチャー 2012;2:506-510
  14. 大矢幸弘, 津村由紀, 世間瀬基樹, 川口隆弘: 食物アレルギー 急性反応への対応(局所反応).Visual Dermatology 2012;11:256-259
  15. 成田雅美: アレルギー疾患はなぜ増えてきているのか? 予防することはできるのか?. チャイルドヘルス 2012;15:840-843
  16. 成田雅美: 【子どもの病気・大人の病気~その垣根がなくなってきている疾患について~】 アレルギー. チャイルドヘルス 2012;15:27-31
  17. 成田雅美: 臨床検査の意義と限界 特異的IgE抗体. 小児内科 2012;44:1719-1723

[著書]

  1. 大矢幸弘: 吸入療法. 今日の小児治療方針第15版, 医学書院, 2012;81-83
  2. 大矢幸弘: 小児アレルギーに運動は効くのか. 竹中晃二(編)・海保博之(監修) 運動と健康の心理学, 朝倉書店, 2012;97-99
  3. 正田哲雄,大矢幸弘: 喘息(小児). 宮地良樹・岡本美孝・谷内一彦編, ファーマナビゲーター抗ヒスタミン薬編, メディカルレビュー社, 2012;156-162
  4. 大矢幸弘: アトピー性皮膚炎. 「小児内科」「小児外科」編集委員会共編, 小児疾患の診断治療基準第4版. 東京医学社, 2012;258-259
  5. 大矢幸弘: コメディカルによる患者支援①アドヒアランス向上のための行動科学的患者教育. 末廣豊編集, 小児アレルギー診療コメディカルとともに, 診断と治療社, 2012;79-81
  6. 大矢幸弘: 教育、QOL、心理的配慮. 濱崎雄平・河野陽一・海老澤元宏・近藤直実監修, 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012, 協和企画, 2012;200-218
  7. 大矢幸弘: 運動誘発喘息(EIA)、運動療法. 濱崎雄平・河野陽一・海老澤元宏・近藤直実監修, 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012, 協和企画, 2012;220-228
  8. 大矢幸弘: 学校保健、予防接種、外科手術時の配慮. 濱崎雄平・河野陽一・海老澤元宏・近藤直実監修, 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012, 協和企画, 2012;230-244