国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

(業績 平成23年度)アレルギー科

平成23年度

[原著論文:査読付(Reviewed Paper)]

  1. Nomura I, Morita H, Hosokawa S, Hoshina H, Fukuie T, Watanabe M, Ohtsuka Y, Shoda T, Terada A,    Takamasu T, Arai K, Ito Y, Ohya Y, Saito H, Matsumoto K: Four Distinct Subtypes of Non-IgE-Mediated Gastrointestinal Food Allergies in Neonates and Infants, Distinguished by Their Initial Symptoms J Allergy Clin Immunol. 2011 Mar;127(3):685-688.e8.
  2. Jwa SC, Arata N, Sakamoto N, Watanabe N, Aoki H, Kurauchi-Mito A, Dongmei Q, Ohya Y, Ichihara A, Kitagawa M. Prediction of pregnancy-induced hypertension by a shift of blood pressure class according to the JSH 2009 guidelines. Hypertens Res. 2011 Nov;34(11):1203-8. 
  3. Futamura M, Ohya Y, Akashi M, Adachi Y, Odajima H, Akiyama K, Akasawa A. Age-related Prevalence of Allergic Diseases in Tokyo Schoolchildren. Allergol Int. 2011 Nov;60(4):509-15.
  4. Tanaka K, Miyake Y, Arakawa M, Sasaki S,Ohya Y, U-shaped association between body mass index and the prevalence of wheeze and asthma, but not eczema or rhinoconjunctivitis: the ryukyus child health study. J Asthma. 2011;48:804-10.
  5. Okabe Y, Itazawa T, Adachi Y, Yoshida K, Ohya Y, Odajima H, Akasawa A, Miyawaki T. Association of overweight with asthma symptoms in Japanese school children. Pediatr Int. 2011 ;53:192-8.
  6. Shoda T, Isozaki A, Kawano Y. Food protein-induced gastrointestinal syndromes in identical and fraternal twins. Allergol Int. 2011 Mar;60(1):103
  7. Schmitt J, Spuls P, Boers M, Thomas K, Chalmers J, Roekevisch E, Schram M,Allsopp R, Aoki V, Apfelbacher C, Bruijnzeel-Koomen C, Bruin-Weller M, Charman C,Cohen A, Dohil M, Flohr C, Furue M, Gieler U, Hooft L, Humphreys R, Ishii HA,Katayama I, Kouwenhoven W, Langan S, Lewis-Jones S, Merhand S, Murota H, Murrell DF, Nankervis H, Ohya Y, Oranje A, Otsuka H, Paul C, Rosenbluth Y, Saeki H,Schuttelaar ML, Stalder JF, Svensson A, Takaoka R, Wahlgren CF, Weidinger S,Wollenberg A, Williams H. Towards global consensus on outcome measures for atopic eczema research: results of the HOME II meeting. Allergy. 2012 Sep;67(9):1111-7.
  8. Okubo H, Miyake Y, Sasaki S, Tanaka K, Murakami K, Hirota Y; Osaka Maternal and Child Health Study Group. Dietary patterns during pregnancy and the risk of postpartum depression in Japan: the Osaka Maternal and Child Health Study. Br J Nutr. 2011 Apr;105(8):1251-7.
  9. Schmitt J, Williams H; HOME Development Group. Harmonising Outcome Measures for Eczema (HOME). Report from the First International Consensus Meeting (HOME1), 24 July 2010, Munich, Germany. Br J Dermatol. 2010 Dec;163(6):1166-8.
  10. 萬木晋,渡辺博子,竹中晃二,大矢幸弘: 喘息児における運動強化測定機能付き歩数計を用いた運動量の評価 アレルギー 2011;60(2):199-206
  11. 飯尾美沙,大矢幸弘,森澤豊,渡辺博子,成田雅美,二村昌樹,益子育代,野村伊知郎,吉田幸一,堀向健太,萬木暁美,萬木晋,佐塚京子,中谷夏織,明石真幸,大石拓,福家辰樹,須田友子,竹中晃二:喘息患児を養育している保護者の服薬アドヒアランスに影響を与える要因 アレルギー 2011;60(5):593-603
  12. 磯崎淳,正田哲雄,三村尚, 小川倫史, 野間剛,河野徹也,中村陽一,川野豊: 喘鳴発作で入院した乳幼児の臨床背景による階層的クラスター分析の試み.アレルギー 2011;60(5):586-592
  13. 尾辻健太,二村昌樹,漢人直之,林啓一,伊藤浩明: ω-5 グリアジン特異的IgE抗体検査の臨床的有用性について アレルギー 2011;60(8):971-982
  14. 堀向健太,津村由紀,山本貴和子,正田哲雄,二村昌樹,野村伊知郎,成田雅美,大矢幸弘: 重症アトピー性皮膚炎治療初期に発症する汗疱様発疹に関する検討. アレルギー 2011;60(11):1543-1549
  15. 飯尾美沙,二村昌樹,前場康介,大矢幸弘,竹中晃二: 地域における気管支喘息を持つ子どもへの支援の現状および課題. 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会誌 2011;9(3):271-277
  16. 飯尾美沙,藤澤雄太,満石寿,前場康介,竹中晃二,大矢幸弘: 小児気管支喘息における患者教育に関する国内文献レビュー. 小児看護 2011;34(7):925-930
  17. 堀向健太,中谷夏織,吉田幸一,津村由紀,二村昌樹,成田雅美,大矢幸弘: 時間経過により納豆抗原性が増強したと考えられた納豆遅発性アナフィラキシーの7歳男児例 小児科臨床 2011;64(7):1659-1662

[総説]

  1. 二村昌樹,大矢幸弘: アトピー性皮膚炎に対するステロイド外用療法 Monthly Book Derma. 2011;175:37-43
  2. 堀向健太: ステロイド忌避と民間療法  チャイルドヘルス, 14(1) : 951, 2011;951
  3. 大矢幸弘: 特集 小児アレルギーにおけるステロイドの使用方法② アトピー性皮膚炎における使用方針 薬局 2010;62(2)197-202
  4. 大矢幸弘: アトピー性皮膚炎治療の変遷と現状-タクロリムス軟膏の役割- Medical Tribune Postgraduate Journal 2011
  5. 飯尾美沙,藤澤雄太,満石寿,前場康介,竹中晃二,大矢幸弘: 小児気管支喘息における患者教育に関する国内文献レビュー 小児看護 2011;34(7):925-930
  6. 大矢幸弘: 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2008解説「ガイドラインをどう読むか」第14章患者教育. 日本小児アレルギー学会誌 2011;25(2):177-183
  7. 大矢幸弘: アトピー性皮膚炎のプライマリケア. 日本医師会雑誌 2011;140(5):973-977
  8. 福家辰樹,大矢幸弘,野村伊知郎: アトピー性皮膚炎に対するプロアクティブ療法. 日本小児皮膚科学会雑誌 2011;30(2):99-106
  9. 大矢幸弘: ステロイド外用療法. 最新医学・別冊新しい診断と治療のABC16(別刷) 2011;
  10. 大矢幸弘: 母子への環境影響Q&A. 助産雑誌 2011;65(11):1001-1003
  11. 大矢幸弘: 実地医療に役立つアトピー性皮膚炎の外用療法とスキンケアの要点. 小児内科 2011;43(11):1892-1895
  12. 大矢幸弘: アトピー性皮膚炎Q&A. 食物アレルギーが関与する割合はどのくらいですか? 小児科診療 2011;74(12):1981-1984
  13. 堀向 健太、大矢 幸弘:アトピー性皮膚炎の発症・増悪予防. アレルギーの臨床 2011(5)
  14. 二村昌樹: アドヒアランスを向上させる患者教育の在り方 アトピー性皮膚炎の患者教育 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会誌2011;9(1):41-45
  15. 二村昌樹: アトピー性皮膚炎のスキンケア チャイルドヘルス 2011;14(1):947-950
  16. 二村昌樹,大矢幸弘: 災害時における喘息・アレルギー患児への対応と問題点-東日本大震災での報告と今後への提言-. 日本アレルギー学会誌 2011;25(4)746-751
  17. 佐藤洋,上島通浩,有馬隆博,鈴木孝太,大矢幸弘,仲井邦彦,島正之,正木英一,宮嵜浩,和田友香,荒田尚子: 母子への環境影響Q&A お母さんからの質問にどう答えるか 助産雑誌 2011;65(11):999-1007
  18. 大矢幸弘: 日常診療での注意点とプライマリケア アレルギー・免疫 2011;18(10):1471-1476
  19. 成田雅美: 【食物アレルギーとアトピー性皮膚炎】食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係 どちらが先か? チャイルドヘルス 2011;14(1):4-8 
  20. 成田雅美: お母さんから出たこんな質問 チャイルドヘルス 2011;14(4):1198-1199
  21. 成田雅美: 【授乳期・離乳期の食事のウソ?ホント?】怖がらないで!アレルギーと食事. チャイルドヘルス 2011;14(8):1457-1561
  22. 野村伊知郎:新生児消化管アレルギー. 小児科診療 特集、これが大切!1ヵ月以内の新生児疾患 2011年4号(109)629-37.
  23. 正田哲雄, 野村伊知郎:生後早期の問題と小児アレルギー疾患の発症 新生児期の消化器外科疾患はアレルギー疾患発症のリスク因子か?(解説/特集)
  24. 野村伊知郎:【アレルギー疾患Q&A2011】 食物アレルギーQ&A 新生児発症の(ミルク)アレルギー性腸炎とは?(解説/特集)  小児科診療(0386-9806)74巻12号 Page1925-1928(2011.12)

[著書]

  1. 大矢幸弘,二村昌樹,成田雅美,津村由紀: ステロイド外用療法 Evidence-based Medicine アトピー性皮膚炎よりよい治療のためのEBMデータ集 第2版 中山書店 2011;14-24
  2. 二村昌樹,伊藤浩明他(執筆)、宇理須厚雄(監修): 食物アレルギーの基礎と対応ー医学、食品・栄養学、食育から学ぶー 株式会社みらい 2011
  3. 大矢幸弘: ステロイド外用療法. 古江増隆(編集),新しい診断と治療のABC16アトピー性皮膚炎, 最新医学社, 2011;78-85
  4. 大矢幸弘,野村伊知郎,伊藤浩明(執筆),勝沼俊雄(編著): 小児喘息のここが知りたいQ&A, 中外医学社, 2011
  5. 大矢幸弘: 新「名医」の最新治療. 朝日新聞出版社, 2011;530-531