国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

新生児科 業績 平成25年度

原著論文:査読付(Reviewed Paper)

  1. Taniguchi R, Koyano S, Suzutani T, Goishi K, Ito Y, Morioka I, Oka A, Nakamura H, Yamada H, Igarashi T, Inoue N. : Polymorphisms in TLR-2 are associated with congenital cytomegalovirus (CMV) infection but not with congenital CMV disease. Int J Infect Dis. 2013 ;29. doi:pii: S1201-9712(13)00216-6. 10.1016/j.ijid.2013.06.004.Epub ahead of print
  2.  Nagata K, Usui N, Kanamori Y, Takahashi S, Hayakawa M, Okuyama H, Inamura N, Fujino Y, Taguchi T.:The current profile and outcome of congenital diaphragmatic hernia: a nationwide survey in Japan. J Pediatr Surg. 2013;48(4):738-744
  3. Hayakawa M, Ito M, Hattori T, Kanamori Y, Okuyama H, Inamura N, Takahashi S, Nagata K, Taguchi T, Usui N; Japanese Congenital Diaphragmatic Hernia Study Group.:Effect of hospital volume on the mortality of congenital diaphragmatic hernia in Japan. Pediatr Int. 2013;55(2):190-196
  4. Takahashi S, Sago H, Kanamori Y, Hayakawa M, Okuyama H, Inamura N, Fujino Y, Usui N, Taguchi T.:Prognostic factors of congenital diaphragmatic hernia accompanied by cardiovascular malformation. Pediatr Int. 2013;55(4):492-497
  5. Watanabe T, Takahashi M, Amari S, Ohno M, Sato K, Tanaka H, Miyasaka M, Fuchimoto Y, Ito Y, Kanamori Y.:Olive oil enema in a pre-term infant with milk curd syndrome. Pediatr Int. 2013;55(4):e93-95
  6. 渡辺 稔彦, 船山 理恵, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 高橋 正貴, 大野 通暢, 佐藤 かおり, 田中秀明, 樋口 昌孝, 川崎 一輝, 杉林 里佳, 住江 正大, 和田 誠司, 左合 治彦, 中村 知夫,伊藤 裕司, 松岡 健太郎, 中澤 温子, 渕本 康史, 金森 豊:肺嚢胞性疾患、特に CCAM の概念、他の肺嚢胞性疾患との合併をどのように考えるか 胎児診断 era における先天性嚢胞性肺疾患.日本小児呼吸器学会雑誌 2013;24(1):14-19
  7. 勝盛 宏, 阪井 裕一, 草川 功, 青谷 裕文, 五石 圭司, 飯沼 一宇, 相田 典子, 井上 信明,大嶽 浩司, 久我 修二, 医療安全委員会:MRI 検査を行う小児患者の鎮静管理に関する実態調査.日本小児科学会雑誌 2013;117(7):1167-1171
  8. 臼井 規朗, 早川 昌弘, 奥山 宏臣, 金森 豊, 高橋 重裕, 稲村 昇, 藤野 裕士, 田口 智章:先天性横隔膜ヘルニア診療の施設間差異とそれぞれの質向上を目指して 新生児横隔膜ヘルニア全国調査からみた治療方針の収束化と施設間差異.日本周産期・新生児医学会雑誌 2013;49(1):149-152
  9. 金森 豊(国立成育医療研究センター 臓器・運動器病態外科部外科), 臼井 規朗, 北野 良博,左合 治彦, 左 勝則, 米田 光宏, 中村 知夫, 野坂 俊介, 宗崎 良太, 田口 智章:本邦で胎児診断された仙尾部奇形腫の生命予後に関する検討 厚生労働省科学研究・胎児仙尾部奇形腫の実態把握・治療指針作成に関する研究から.日本小児外科学会雑誌 2013;48(5):834-83
  10. 記村 貴之, 石浦 信子, 玉木 毅, 兼重 昌夫, 中野 創:NEMO 遺伝子 exon 4-10 の欠失がみられた色素失調症の 1 例.臨床皮膚科 2013;67(4) :292-296

総説

  1. 高橋重裕,遠藤誠之,左合治彦:先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児治療.医学のあゆみ2013;244(3):213-218
  2. 宗崎良太, 木下義晶, 臼井規朗, 左合治彦, 左勝則, 米田光宏, 中村知夫, 野坂俊介, 金森豊, 斉藤真梨, 北野良博, 田口智章:胎児診断された仙尾部奇形腫の胎児治療の適応と予後.小児外科 2013;45(1):74-79
  3. 伊藤 裕司:【徹底ガイド 新生児医療 Q&A-すぐに役立つ対応のポイントとケーススタディ-】こんな時は、何を考え、どのように対応するか 何となく元気がない・哺乳不良(not doingwell).小児科学レクチャー 2013;3(1):116-120
  4. 塚本桂子, 伊藤裕司, 林泰秀, 田村正徳, 厚生労働科学難治性疾患克服研究事業研究班:新生児科医のための TAM 診療ガイドライン 新生児科医が診るダウン症候群の一過性骨髄異常増殖症(TAM).日本周産期・新生児医学会雑誌 2013;49(1):23-28
  5. 兼重昌夫:【Q&A で症状・所見をばっちり理解 新人スタッフも知っておきたい代表的新生児疾患 14:早産児編】 未熟児動脈管開存症.Neonatal Care 2013;26(5):461-467
  6. 和田友香:母乳研究最前線 母乳育児が結ぶ母と子の絆 母乳育児研究最前線.日本母乳哺育学会雑誌 2013;7(1):30-34
  7. 住江 正大, 伊藤 裕司: 産科とのカンファランスで生かせる! 疾患別 胎児管理の基礎知識と最新トピックス 双胎. Neonatal Care. 2013. 26(11): 1141-1148