国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

新生児科 業績 平成24年度

原著論文:査読付(Reviewed Paper)

  1. Takahashi H, Takahashi S, Tsukamoto K, Ito Y, Nakamura T, Hayashi S, Sago H: Persistent pulmonary hypertension of the newborn in twin-twin transfusion syndrome following fetoscopic laser surgery. J Matern Fetal Neonatal Med. 2012 ; 25(5) : 543-545.
  2. Miyata A, Takahashi H, Kubo T, Watanabe N, Tsukamoto K, Ito Y, Sago H: Early-onset group B streptococcal disease following culture-based screening in Japan: A single center study. J Obstet Gynaecol Res. 2012 ; 38(8) : 1052-1056.
  3. 江川真希子,林聡,本村健一郎,小川浩平,佐々木愛子,中村知夫,伊藤裕司,小崎里華,左合治彦: 出生前に18トリソミーが疑われた67例の臨床経過. 日本周産期・新生児医学会雑誌 2012;48(1):45-49.
  4. 中村知夫,余谷暢之,小穴慎二,阪井裕一,横谷進:小児専門医療機関における在宅医療の現状と対策.日本小児科学会雑誌 2012;116(9):1387-1391
  5. 成田雅美,守本倫子,前川貴伸,和田友香,堀川玲子:女性医師支援における課題 男女医師勤務実態・意識調査. 小児外科 2012; 44 (8):734-738
  6. 三善陽子,竹宮孝子,前川貴伸,和田友香,守本倫子,成田雅美,大園恵一,堀川玲子:小児保健分野で働く女性の職場環境・家庭環境と出産・育児・復帰支援体制. 小児保健研究 2012; 71 (1):60-66
  7. 和田友香:母乳育児が結ぶ母とこの絆. 日本母乳哺育学会雑誌 2012; 6(1):30-34

原著論文:査読なし

  1. 難 波由喜子,林聡,松浦まな,江川真希子,伊藤裕司,久保隆彦,左合治彦,斉藤真梨,北川道弘,名取道也: 長期予後からみた出生前診断症例における周産期管理の再評価 長期予後からみた出生前診断と治療 胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術が施行された双胎間輸血症候群の予後と予後影響因子の検討. 周産期シンポジウム 2012;30:39-43.
  2. 伊藤裕司:アンケート調査からみた新生児フォローアップと周産期データベースの現状と問題点. 周産期学シンポジウム 2012;30:29-36

総説

  1. 伊藤裕司:【Q&Aで学ぶお母さんと赤ちゃんの栄養】 新生児 母乳栄養 母乳とウイルス感染症 HTLV-1、HIV-1. 周産期医学 2012;42巻増刊:461-466.
  2. 伊藤裕司:【Q&Aで学ぶお母さんと赤ちゃんの栄養】 Q&A小児科編 母乳 母乳から感染する病気はなんですか?.  周産期医学 2012;42巻増刊:130-131.
  3. 藤永英志:【小児の診療手技100】 新生児 間欠的強制換気法(IMV). 小児科診療 2012;75巻増刊:440-445.
  4. 高橋重裕:【図解でどんどんステップアップ新生児循環管理なるほどQ&A】(第5章)循環不全はこう管理する! 低酸素吸入療法って何?どんなときに使う?.  Neonatal Care 2012;春季増刊:227-231.
  5. 高 橋重裕:【図解でどんどんステップアップ新生児循環管理なるほどQ&A】(第4章)検査・モニタリング方法を理解しよう! Capillary refilling timeから何が分かる?.  Neonatal Care 2012;春季増刊:151-152.
  6. 高橋重裕:【図解でどんどんステップアップ新生児循環管理なるほどQ&A】(第4章)検査・モニタリング方法を理解しよう! SpO2モニタリングから何が分かる?.  Neonatal Care 2012;春季増刊 :132-136.