国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

不育診療科 業績 平成25年度

原著論文:査読付(Reviewed Paper)

  1. Murata M, Ishii K, Kamitomo K, Murakoshi T, Takahashi Y, Sekino M, Kiyoshi K, Sago H,Yamamoto R, Kawaguchi H, Mitsuda N: Perinatal outcome and clinical features of monochorionic monoamniotic twin gestation. J Obstet Gynaecol Res. 2013; 39(5):922-5.
  2. Kanda E, Yamaguchi K, Hanaoka M, Matsui H, Sago H, Kubo T: Low titers of measles antibodies in Japanese pregnant women: A single-center study. J Obstet Gynaecol Res. 2013; 39(2):500-3.
  3. Egawa M, Hayashi S, Yang L, Sakamoto N, Sago H: Chorioamniotic membrane separation after fetoscopic laser surgery for twin-twin transfusion syndrome. Prenat Diagn. 2013;33(1):89-94.
  4. Hanaoka M, Hisano M, Watanabe N, Sugawara K, Kambe Y, Kanda E, Sago H, Kato T, Yamaguchi K: Changes in the prevalence of the measles, rubella, varicella-zoster, and mumps virus antibody titers in Japanese pregnant women. Vaccine. 2013;31(19):2343-7
  5. Watanabe N, Morimoto S, Fujiwara T, Suzuki T, Taniguchi K, Ando T, Kimura T, Sago H, Ichihara A: Association between Soluble (Pro)Renin Receptor Concentration in Cord Blood and Small for Gestational Age Birth: A Cross-Sectional Study. PLoS One. 2013;8(3):e60036.
  6. Takahashi S, Sago H, Kanamori Y, Hayakawa M, Okuyama H, Inamura N, Fujino Y, Usui N, Taguchi T: Prognostic Factors of Congenital Diaphragmatic Hernia Accompanied by Cardiovascular Malformation. Pediatr Int. 2013; 55(4):492-497.
  7. Jwa SC, Fujiwara T, Hata A, Arata N, Sago H, Ohya Y: BMI mediates the association between low educational level and higher blood pressure during pregnancy in Japan. BMC Public Health. 2013; 13: 389.
  8. Watanabe N, Morimoto S, Fujiwara T, Suzuki T, Taniguchi K, Mori F, Ando T, Watanabe D, Kimura T, Sago H, Ichihara A: Prediction of gestational diabetes mellitus by soluble (pro)renin receptor during the first trimester. J Clin Endocrinol Metab. 2013;98(6):2528-35.
  9. Yoneda A, Usui N, Taguchi T, Kitano Y, Sago H, Kanamori Y, Nakamura T, Nosaka S, Oba M: Impact of the histological type on the prognosis of patients with prenatally diagnosed sacrococcygeal teratomas: the results of a nationwide Japanese survey. Pediatr Surg Int. 2013; 29(11):1119-25.
  10. Kanda E, Ogawa K, Sugibayashi R,Sumie M, Matui H, Wada S, Sago H: Stomach herniation predicts fetal death or non-reassuring fetal status in gastroschisis at late pregnancy. Prenat Diagn. 2013; 33(13):1302-4.
  11. Saito S, Minakami H, Nakai A, Unno N, Kubo T, Yoshimura Y: Outcomes of infants exposed to oseltamivir or zanamivir in utero during pandemic (H1N1) 2009. Am J Obstet Gynecol. 2013;209(2):130.e1-9.
  12. Minakami H, Kubo T, Unno N: Causes of a nationwide rubella outbreak in Japan, 2012-2013. J Infect. 2013 Sep 9. doi:pii: S0163-4453(13)00254-5. 10.1016/j.jinf.2013.09.002. [Epubahead of print]
  13. Ikuta K, Minematsu T, Inoue N, Kubo T, Asano K, Ishibashi K, Imamura T, Nakai H, Yoshikawa T, Moriuchi H, Fujiwara S, Koyano S, Suzutani T: Cytomegalovirus (CMV) glycoprotein H-based serological analysis in Japanese healthy pregnant women, and in neonates with congenital CMV infection and their mothers. J Clin Virol. 2013;58(2):474-8.
  14. Saitoh A, Nagata S, Saitoh A, Tsukahara Y, Vaida F, Sonobe T, Kamiya H, Naruse T, Murashima S. Perinatal Immunization Education Improves Immunization Rates and Knowledge: A randomized controlled trial. Preventive Medicine. 2013; 56(6):398-405.
  15. 青木宏明,杉林里佳,鈴木朋,田沼有希子,左合治彦:切迫早産入院患者における入院時週数,頸管長と早産の関係. 産婦人科の実際 2013;62(4):577-81.
  16. 佐々 木愛子,岡田朋美,林聡,左合治彦:Nuchal Translucency(NT)肥厚として当センターにて染色体検査を行った 106 症例における臨床経過と本邦の NT 計測の実際における問題点. 日本遺伝カウンセリング学会誌 2013;33(4):203-8.
  17. 伊藤由子,吉野直人,高橋尚子,喜多恒和,外川正生,塚原優己,戸谷良造,稲葉憲之,和田裕一: 妊婦の HIV 感染確認と HIV 感染妊婦に対する意識に関する全国助産所調査. 日本エイズ学会誌.2013:15(1):18-24.
  18. 谷口晴記,塚原優己,山田里佳,田中浩彦,伊藤譲子,鳥田部邦明,千田時弘,小林良成,井澤美穂,朝倉徹夫,吉野直人,外川正生,喜多恒和,稲葉憲之,和田裕一: 本邦におけるHIV母子感染予防対策について. 日本産婦人科・新生児血液学会誌.22(2):69-73.
  19. 渡 辺稔彦, 船山理恵, 山田耕嗣, 山田和歌, 高橋正貴, 大野通暢, 佐藤かおり, 田中秀明, 樋口昌孝, 川崎一輝, 杉林里佳, 住江正大, 和田誠司, 左合治彦, 中村知夫, 伊藤裕司, 松岡健太郎, 中澤温子, 渕本康史, 金森豊:肺嚢胞性疾患、特に CCAM の概念、他の肺嚢胞性疾患との合併をどのように考えるか 胎児診断 era における先天性嚢胞性肺疾患.日本小児呼吸器学会雑誌 2013;24(1):14-19.
  20. 江川真希子,本村健一郎,左勝則,杉林里佳,住江正大,和田誠司,左合治彦:双胎間輸血症候群に対する胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術における母体合併症の検討.日本周産期・新生児医学会雑誌 2013; 49(3):945-8.
  21. 谷口公介,渡辺典芳,左合治彦:予防的術前尿管ステントおよび大腿動脈シース留置を行った全前置胎盤 8 症例における入室から執刀までの所要時間についての検討.関東連合産科婦人科学会誌 2013; 50(4):539-544
  22. 杉林里佳, 谷口公介, 岡田朋美, 住江正大, 和田誠司, 左合治彦 : 胎児頻脈性不整脈に対する経胎盤的薬物治療例と臨床試験.関東連合産科婦人科学会誌 2013; 50(4):735-740

症例報告

  1. 中島恵子,梅原永能,三輪照未,杉林里佳,池谷美樹,渡辺典芳,塚原優己,久保隆彦,北川道弘,左合治彦:子宮血管腫により産後大量出血をきたし子宮全摘出術を施行した 1 例. 東京産科婦人科学会会誌 2013;62(1):81-5.
  2. 佐藤安南,梅原永能,廣瀬宗,山村倫啓,上出泰山,和田誠司,渡辺典芳,塚原優己,久保隆彦,北川道弘,左合治彦,岡本愛光:帝王切開瘢痕部妊娠において異なる転帰をたどった 2 例.東京産科婦人科学会会誌 2013; 62(2):309-13.

総説

  1. 高橋重裕,遠藤誠之,左合治彦:先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児治療.医学のあゆみ2013;244(3):213-218
  2. 松浦拓人,鈴木真,林聡,左合治彦,名取道也:遠隔超音波転送システムを用いた胎児治療とその応用.小児外科 2013;45(1):27-31
  3. 遠藤誠之,柿ヶ野藍子,木村正,左合治彦:横隔膜ヘルニアに対する胎児治療プログラム作成.小児外科 2013;45(1):59-64
  4. 和田誠司,杉林里佳, 住江正大, 左合治彦:胎児診断された脊髄髄膜瘤の胎児治療の適応と予後.小児外科 2013;45(1):70-73
  5. 宗崎良太, 木下義晶, 臼井規朗, 左合治彦, 左勝則, 米田光宏, 中村知夫, 野坂俊介, 金森豊,斉藤真梨, 北野良博, 田口智章:胎児診断された仙尾部奇形腫の胎児治療の適応と予後.小児外科 2013;45(1):74-79
  6. 佐々木愛子,和田誠司,左合治彦:確定診断法と結果の解釈 羊水検査,絨毛検査. 周産期医学 2013;43(3):289-93.
  7. 関口将軌,左合治彦:特殊な剥離 CAOS 慢性剥離も含めて. 周産期医学 2013;43(4):441-5
  8. 左合治彦:母体血を用いた胎児染色体検査. 日本医事新報 2013; 4655:56-7.
  9. 佐々木愛子,左合治彦:本邦における出生前診断の現状と今後の方向性 母体血清マーカー検査の現状と今後の方向性. 日本遺伝カウンセリング学会誌 2013;34(1):1-4.
  10. 住江正大,杉林里佳,和田誠司,左合治彦:胎児心ドプラエコー. 産婦人科の実際2013;62(6):803-8.
  11. 左合治彦,平原史樹:クリニカルカンファレンス(周産期)周産期出生前診断 母体血清マーカーの意味するところ. 日本産科婦人科学会雑誌 2013; 65(9): N110-N113.
  12. 左合治彦,杉林里佳,住江正大,和田誠司:一絨毛膜双胎娩出の管理にあたり胎児鏡下レーザー凝固術を行う.周産期医学 2013; 43(8):1012-4.
  13. 三好剛一,池田智明,左合治彦:我が国における多施設共同研究の現状 胎児不整脈の胎内治療. 周産期医学 2013; 43(10): 1289-93.
  14. 左合治彦,関口将軌,杉林里佳,住江正大,和田誠司:双胎間輸血症候群(TTTS). 産婦人科の実際 2013;62(10):1333-8.
  15. 梅原永能,小川浩平,上出泰山,左合治彦:双胎の合併症 双胎と早産. 臨床婦人科産科 2013;67(12): 1247-52.
  16. 和田誠司,杉林里佳,住江正大,左合治彦:母体・胎児編 超音波診断 C.胎児異常 胸部.周産期医学 2013; 43(増刊): 133-7.
  17. 住江正大,伊藤裕司,杉林里佳,和田誠司,中村知夫,左合治彦:胎児診断から新生児診断へリンパ管腫 周産期医学 2013; 43(増刊): 703-9.
  18. 中並尚幸,左合治彦:胎児治療の変遷と現状. 周産期医学 2013; 43(12):1489-93.
  19. 和田誠司,杉林里佳,住江正大,遠藤誠之,左合治彦:胎児期のインターベンション 先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児鏡下バルーン気管閉塞術. 周産期医学 2013; 43(12):1537-41.
  20. 塚原優己:シーンで学ぶ産婦人科診療ガイドライン 2011.CQ612.妊娠中に HTLV-1 抗体陽性が判明した場合は?. ペリネイタルケア.2013;32(1):72-74,
  21. 塚原優己:性器クラミジア感染症-何が問題か?-.BIRTH(ペリネイタルナーシング).2013;2(1):37-43,
  22. 稲 葉憲之,大島教子、稲葉未知世、伊藤志峯、岡崎隆行、西川正能、渡辺 博、深澤一雄、吉野直人、喜多恒和、外川正生、明城光三、和田裕一、塚原優己:性感染症と母子感染-最新の診断と管理-母子感染 HIV/AIDS.臨床婦人科産科.2013;67(1):163-170.
  23. 明城光三,和田裕一,五味渕秀人,蓮尾泰之,吉野直人,喜 多恒和,外川正生,稲葉憲之,塚原優己:感染症症候群(第 2 版)-症候群から感染性単一疾患までを含めて- 下 臓器別感染症編 ⅩⅢ.先天性母子感染症 HIV 母子感染.別冊日本臨床.2013;25:703-707
  24. 三井真理:不育症は予防できるか.母子保健ハンドブック.2013; 647:9-10
  25. 左合治彦,平原史樹:クリニカルカンファレンス(周産期)周産期出生前診断 母体血清マーカーの意味するところ. 日本産科婦人科学会雑誌 2013; 65(9): N110-N113.
  26. 塚原優己:日本産婦人科医会共同プログラム 1.産科医療補償制度:事例から見た脳性まひ発症の原因と予防対策 3.分娩中の発熱に関連した脳性まひ.日産婦誌 2013;65(10):N221-N224.

著書

  1. 左合治彦:第 2 版 MFICU(母体・胎児ICU)マニュアル 単一遺伝子病.217-220, 2013. MC メディカ出版
  2. 左合治彦 監修:病気がみえる 産科 改訂第 3 版 妊娠の異常(羊水異常、多胎妊娠、胎児発育不全(FGR)、血液型不適合妊娠).140-157, 2013. メディックメディア
  3. 左合治彦:産科婦人科疾患最新の治療 2013-2015 産科疾患 胎児治療.169-171,2013 南江堂
  4. 左合治彦:OGS NOW 胎児手術 双胎間輸血症候群.126-133,2013. メジカルビュー社
  5. 左合治彦:きょうの健康 9 出生前診断って何? 74-77, 2013. NHK 出版