国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

(業績 平成23年度)手術・集中治療部

平成23年度

[原著論文:査読付]

  1. Kamei K, Ito S, Shigeta T, Sakamoto S, Fukuda A, Horikawa R, Saito O, Muguruma T, Nakagawa S, Iijima K, Kasahara M: Preoperative dialysis for liver transplantation in methylmalonic academia. Ther Apher Dial 2011;15:488-492
  2. Sasaki K, Kasahara M, Fukuda A, Kimura T, Shigeta T, Tanaka H, Nakagawa S, Ito S, Nakagawa A: Living-donor liver transplantation using hyper-reduced graft for a neonatal fulmnant hepatic failure. Pediatr Int 2011;53:247-248
  3. Okumura A, Nakagawa S, Kawashima H, Muguruma T, Saito O, Fujimoto J, Toida C, Kuga S, Imamura T, Shimizu T, Kondo N, Morishima T: Deaths Associated with Pandemic (H1N1)2009 among Children, Japan, 2009-2010. Emerging Infectious Diseases  2011;17:1993-2000
  4. 増田清夏,近藤陽一: 経皮二酸化炭素測定装置SenTec Dijital Monitor の信頼性の検討. 日本小児麻酔会誌 2011;17:145-149
  5. 中楯陽介,近藤陽一,石山忠彦,遠山悟史,伊東佑之,鈴木康之: 硬膜穿刺予防・成功率向上のためのエコーガイド下仙骨硬膜外麻酔の検討. 日本小児麻酔会誌 2011;17:141-144
  6. 鈴木康之: 小児の気道管理―困難気道への対処―ビデオ喉頭鏡. 日本臨床麻酔学会誌 2011;31(7):931-939
  7. 櫻井淑男,中川聡: 平成20年の埼玉県小児死亡調査. 日本小児科学会雑誌 2011;115:1078-1082
  8. 問田千晶、六車崇、松岡哲也: 小児初期診療における薬剤投与量および機材の適正選択にかんする小児初期診療セットの有用性. 日救急医会誌 2011; 22 : 46-55
  9. 問田千晶、六車崇、三好麻理、松岡哲也: 頭蓋内出血を合併した胆道拡張症における救命救急センターと専門病院の連携. 日児誌 2011;115(7) : 1270-3.
  10. 問田千晶、六車崇、松岡哲也: 救命救急センターにおける小児診療体制整備の効果—成人同等の外傷診療を発揮できるのか?. 日救急医会誌 2011;22: 205-12.
  11. 垣内俊彦,笠原群生,阪本靖介,重田孝信,福田晃也,中川聡,中澤温子,松井陽: 改正臓器移植法施行後に脳死肝移植登録をおこなった小児症例の検討. 日本小児科学会誌 2011;115:1932-33

[原著論文:査読なし]

  1. 竹田晋浩,小谷透,中川聡,落合亮一,志馬伸朗,岩崎達雄,植田育也,清水直樹,竹内宗之,中尾秀人,中村友彦,平井克樹,妙中信之,氏家良人,川前金幸,多治見公高: 調査報告2010年度インフルエンザ重症症例の解析結果. 人工呼吸 2011;28:203-206
  2. 亀井宏一,小椋雅夫,佐藤舞,石川智朗,藤丸拓也,宇田川智宏,六車崇,中川聡,堀川玲子,笠原群生,伊藤秀一: 1歳未満の急性血液浄化療法. 日本小児腎不全学会誌 2011;31:229-231
  3. 入駒慎吾,大島正行, 角倉弘行: 【胎児・新生児の麻酔と鎮静】胎盤吻合血管レーザー凝固術における胎児不動化のためのレミフェンタニルの至適投与量の検討. 周産期学シンポジウム 2011;29:91-94
  4. 角倉弘行: 【母体の麻酔】無痛分娩中の緊急帝王切開術での硬膜外カテーテルの信頼性の研究 脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔(CSEA)と硬膜外麻酔の比較. 周産期学シンポジウム 2011;29:51-54

[症例報告]

  1. Toyama S, Sakai H, Ito S, Suzuki Y, Kondo Y: Cerebral hypoperfusion during pediatric cardiac surgery detected by combined bispectral index monitoring and transcranial doppler ultrasonography. Journal of Clinical Anesthesia 2011;23:498-501
  2. 志馬伸朗,阪井裕一,植田育也,上田康久,櫻井淑男,清水直樹,中村友彦,竹田晋浩,中川聡,小谷透,落合亮一,妙中信之,西村匤司,氏家良人,川前金幸,多治見公高: ICUに入室した新型インフルエンザA(2009-H1N1)感染患者データベースの分析.日集中医誌 2011;18:127-137
  3. 賀来真里子,鈴木康之,近藤陽一,羽鳥文麿,遠山悟史: 右室型単心室症に対する姑息術後の慢性心不全に対する心室ペースメーカ植込み術の麻酔経験. 臨床麻酔 2011;35:213-215

[総説]

  1. 中川聡: 小児集中治療の現状:欧米と日本の違い. 小児内科 2011;43:14-18
  2. 六車崇: PICUの現場から:どのような患者が入室しているか-国立成育医療研究センターの場合-. 小児内科 2011-1;43:27-30
  3. 中川聡: 小児集中治療における栄養管理. 小児科 2011;52:185-190
  4. 中川聡: RSウイルス感染症. 小児科診療 2011;4:589-592
  5. 六車崇: どんな原因のショックでも生理食塩水を使用すればよいのですか?. 小児内科 2011;43:758-760
  6. 宮坂勝之,鈴木康之: 小児集中治療での薬物投与-微量持続静注薬剤をどう扱うか. 医学のあゆみ 2011;238:345-352
  7. 六車崇: 【これで大丈夫、苦手意識のある領域別救急対応のゴールドスタンダードとピットフォール】小児救急. 月刊レジデント 2011;4:104-115
  8. 水口亜紀, 阿部展子, 角倉弘行: 【PCA再考】 PCAを用いた無痛分娩 産科医,助産師との協力体制を築き,十分な初期鎮痛を達成する. LiSA 2011; 18: 794-797
  9. 玉井悠歩,角倉弘行: 【脊髄クモ膜下麻酔】帝王切開時の高度の血圧低下. LiSA 2011; 18: 998-1003
  10. 角倉弘行: 産科麻酔の最近の話題. Anesthesia 21 century 2011; 13: 45-50
  11. 梅原永能, 角倉弘行, 高橋宏典, 左合治彦, 北川道弘: 【社会医学的ハイリスク妊娠とその対策】高齢初産婦と無痛分娩. 産婦人科治療 2011;103:369-373
  12. 角倉弘行: 【周産期医学必修知識(第7版)】麻酔分娩(無痛分娩、和痛分娩、硬膜外麻酔、脊髄クモ膜下麻酔). 周産期医学 2011;41:383-385
  13. 角倉弘行: ―経腟分娩を成功させるコツ―無痛分娩. 周産期医学 2011;41:919-922
  14. 角倉弘行: 無痛分娩中の緊急帝王切開術での硬膜外カテーテルの信頼性の研究―脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔(CSEA)と硬膜外麻酔の比較―. 周産期学シンポジウム抄録集 2011;29:51-54
  15. 中川聡: 小児における終末期医療. 病院 2011;70:774-776
  16. 中川聡: 重症RSウイルス感染症. 小児科 2011;52:1501-1504
  17. 井手健太郎,志馬伸朗: 小児救急の現場におけるPALSの実践法 心原性ショック―心筋炎・心筋症―. 小児科学レクチャー 2011;1:623-629
  18. 六車崇: 小児救急に必須のPALSの体系 小児の外傷にどう対応するか?. 小児科学レクチャー 2011;1:517-525
  19. 鈴木康之: 小児救急に必須のPALSの体系 在宅医療を必要とする小児の急変時対処法(DOPE). 小児科学レクチャー 2011;1:534-543
  20. 六車崇: 小児救急疾患. 救急医学 2011;35:1581-1585
  21. 鈴木康之: 小児挿管困難症.麻酔 2011;60(増刊):121-132
  22. 六車崇: 小児の薬用量. 救急医学 2011;35:1129-1131
  23. 問田千晶、志馬伸朗: 痙攣重積・脳炎・髄膜炎での対応. レジデントノート 2011 ; 13(10):206-14.

[著書]

  1. 鈴木康之: 新生児の蘇生. 蔵谷紀文(監訳), 小児の麻酔, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2011;721-731
  2. 鈴木康之: 小児の蘇生. 蔵谷紀文(監訳), 小児の麻酔, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2011;733-740
  3. 角倉弘行: 産科麻酔領域の薬剤の副作用. 津崎晃一(編集), 麻酔科医がよく使う薬の副作用, 克生堂, 2011; 151-170
  4. 角倉弘行: 無痛分娩のためのPCEA. 山蔭道明(監修), 山内正憲(編集), PCA患者自己調節鎮痛法, 克生堂, 2011;201-208
  5. 角倉弘行: 周産期の静脈血栓塞栓症と麻酔管理. 武田潤三,田中憲一(編集), 血液凝固、抗凝固、線溶系がわかる本, 真興交易医書出版部, 2011; 191-199
  6. 角倉弘行: 妊婦の術前評価. 社団法人日本麻酔科学会(プロジェクトチームメンバー落合亮一、片山正夫、木山秀哉、角倉弘行), 周術期管理チームテキスト, 2011; 63-66