国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

保育士

入院している子どもたちに保育を提供しています。の画像

保育では、当院の「理念と方針」「こどもと家族の憲章」に基づき、6つの方針を挙げています。
  • 子どもを温かく受容し、子どもが安心感と信頼感をもって生活できる環境を提供します。
  • 安全に配慮し、一人ひとりの病状にあった環境を整え保育を行います。
  • 興味関心に基づいた直接的体験が得られる保育を展開します。
  • 発達に必要な体験が得られるよう遊びを通して総合的に保育を行います。
  • 子どもの相互の関係づくりや集団活動をいかし、保育を行います。
  • 家族と連携し、子どもが豊かな生活経験ができるよう保育を行います。
これらの方針のもと、保育士は、患児一人ひとりの疾病の経過と年齢・成長に合った保育の提供を目指し、保育活動を行っています。

医療保育専門士

当院には、日本医療保育学会認定「医療保育専門士」の資格を取得した保育士が勤務しています。
また、「医療保育専門士」の資格取得を目指し、学んでいる保育士もいます。

「医療保育」とは、医療を要する子どもとその家族を対象として、子どもを医療の主体と捉え、専門的な保育を通じて、本人と家族のQOLの向上を目指すことを目的とする。

保育士が医療と密接に係わる領域としては、病院・診療所(病棟・外来)、病(後)児保育室、障害児施設などがある。 

日本医療保育学会は、上記の目的を達成するために、保育士に対する専門的な研修制度を確立し、一定の水準に達した場合、「日本医療保育学会認定・医療保育専門士」として認定する。
 
(日本医療保育学会 資格認定要項 より)

保育のようす

デイリープログラム
0:00

6:00起床
7:00朝食
8:00

10:00おやつ
保育活動(集団・個別)
児の成長発達に沿った生活援助(排泄・手洗いなど)
保育活動(集団・個別)の画像
12:00昼食
昼食介助

14:00保育活動(個別)
15:00おやつ
保育活動(個別)
家族とのコミュニケーション
保育活動(個別)の画像
18:00夕食
20:00就寝

ぽけっと保育

生活経験が豊かになるよう、季節の変化などを考慮して、月2回”ぽけっと保育”を行っています。他の病棟の保育士にもお手伝いをしてもらい、午後の短時間いつもと違う雰囲気の中、パネルシアター紙芝居、工作などをしています。
ぽけっと保育の様子01の画像
ぽけっと保育の様子02の画像
ぽけっと保育の様子03の画像
ぽけっと保育の様子04の画像