国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

(業績 平成23年度)消化器科

平成23年度

[原著論文:査読付(Reviewed Paper)]

  1. Nomura I,Morita H,Hosokawa H,Fukuie T,Watanabe M,Ohtsuka Y,Shoda T,Terada A,Takamasu T,Arai K,Ito Y,Ohya Y,Saito H,Matsumoto K: Four distinct subtypes of non-IgE-mediated gastrointestinal food allergies in neonates and infants, distinguished by their initial symptoms. J Allergy Clin Immunol 2011;127:685-688.e8
  2. Shimizu H,Migita O,Kosaki R,Kasahara M,Fukuda A,Sakamoto S,Shigeta T,Uemoto S,Nakazawa A,Kakiuchi T,Arai K: Living-related liver transplantation for siblings with progressive familial intrahepatic cholestasis 2, with novel genetic findings. Am J Transplant 2011;11:394-398
  3. 垣内俊彦,新井勝大: バンコマイシンとセフタジジム使用中に発症した偽膜性腸炎の1例. 小児科診療 2011;74:149-151
  4. 新井勝大,清水俊明,位田忍,内田恵一,鍵本聖一,友政剛,中里豊,余田篤,金泰子,牛島高介,藤澤卓爾: 小児炎症性腸疾患におけるQuality of Lifeの評価 日本語版IMPACT-Ⅲアンケート調査票の作成. 日本小児科学会雑誌 2011;115(4):820-822
  5. 垣内俊彦,新井勝大,山本晶子,北岡昭一郎,松田諭,藤野明浩,永井章: 目で見る小児科 学童期に下血を契機に発見されたMeckel憩室の1例. 小児科 2011;52:1-2
  6. 垣内俊彦,新井勝大,肥沼幸,清水泰岳,栁忠宏,井口梅文,中澤温子,松井陽: 自己免疫性肝炎の要素を有した原発性硬化性胆管炎の1例. 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌  2011;25:63-68

[総説]

  1. 清水泰岳,新井勝大: 膵疾患が疑われるとき. 小児科診療 子どもの臨床検査―症候から診断・治療へ  2011;74:293-303
  2. 新井勝大: クローン病の初期診断の進め方―小児を中心に. 消化器の臨床 2011;14:545-552
  3. 新井勝大: 炎症性腸疾患の診断法、鑑別診断、内視鏡を行うタイミングについて教えてください 疑問解決小児の診かた. 小児内科 2011;43:705-707
  4. 大林奈穂: [第109回]症例:10歳6か月 男児,主訴:遷延する発熱. 小児内科 2011;43巻9号:1417
  5. 大林奈穂: 下痢しやすい. 小児内科 2011;43巻10号:1631

[著書]

  1. 垣内俊彦,新井勝大: クローン病. 児玉浩子・玉井浩・清水俊明編集, 小児臨床栄養学, 診断と治療社, 2011;211-215
  2. 新井勝大: 小児炎症性腸疾患患者の診療. 日々紀文・久松理一企画, 炎症性腸疾患を日常診療で診る, 羊土社, 2011;169-174 2011;185-190
  3. 新井勝大: 炎症性腸疾患に生物学的製剤を使用するタイミングは. 五十嵐隆監修, EBM小児疾患の治療 2011-2012, 中外医学社 , 2011;185-190
  4. 伊藤玲子: A型肝炎ウィルス. 岡部信彦編集, 小児感染症学, 診断と治療社, 2011;382-385
  5. 伊藤玲子: E型肝炎ウィルス. 岡部信彦編集, 小児感染症学, 診断と治療社, 2011;386-389