国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

(業績 平成25年度)神経内科

平成25年度

原著論文(英文・和文)

  1. Haga N, Kubota M, Miwa Z. Epidemiology of hereditary sensory and autonomic neuropathy type IV and V in Japan. Am J Med Genet Part A 2013;161A:871–4. 
  2. Shinohara, M, Saitoh, M, Nishizawa, D, Ikeda, K, Hirose, S, Takanashi, JI, Takita J, Kikuchi K, Kubota M et al. ADORA2A polymorphism predisposes children to encephalopathy with febrile status epilepticus. Neurology. 2013;80:1571-6. 
  3. Kato M, Yamagata T, Kubota M, Arai H, Yamashita S, Nakagawa T, Fujii T, Sugai K, Imai K, Uster T, Chitayat D, Weiss S, Kashii H, Kusano R, Matsumoto A, Nakamura K, Oyazato Y, Maeno M, Nishiyama K, Kodera H, Nakashima M, Tsurusaki Y, Miyake N, Saito K, Hayasaka K, Matsumoto N, Saitsu H. Clinical spectrum of early onset epileptic encephalopathies caused by KCNQ2 mutation. Epilepsia. 2013;54:1282-7. 
  4. Miyake N, Koshimizu E, Okamoto N, Mizuno S, Ogata T, Nagai T, Kosho T, Ohashi H, Kato M, Sasaki G, Mabe H, Watanabe Y, Yoshino M, Matsuishi T, Takanashi J-i, Shotelersuk V, Tekin M, Ochi N, Kubota M, Ito N, Ihara K, Hara T, Tonoki H, Ohta T, Saito K, Matsuo M, Urano M, Enokizono T, Sato A, Tanaka H, Ogawa A, Fujita T, Hiraki Y, Kitanaka S, Matsubara Y, Makita T, Taguri M, Nakashima M, Tsurusaki Y, Saitsu H, Yoshiura K-i, Matsumoto N, Niikawa N. MLL2 and KDM6A mutations in patients with Kabuki syndrome. Am J Med Genet Part A 2013;161A:2234–2243. 
  5. Nakamura K, Kodera H, Akita T, Shiina M, Kato M, Hoshino H, Terashima H, Kubota M et al. De Novo Mutations in GNAO1, Encoding a Gαo Subunit of Heterotrimeric G Proteins, Cause Epileptic Encephalopathy. The American Journal of Human Genetics. 2013; 93, 1–10 
  6. Shiihara T, Miyake T, Izumi S, Sugihara S, Watanabe M, Takanashi J, Kubota M, Kato M. Serum and CSF biomarkers in acute pediatric neurological disorders. Brain Dev 2013 (in press) 
  7. 中澤 裕美子, 前川 貴伸, 小穴 慎二, 石黒 精, 太田 さやか, 寺嶋 宙, 柏井 洋文, 久保田 雅也, 堤 義之, 中澤 温子, 師田 信人, 阪井 裕一. 脳幹部腫瘍との鑑別に組 織生検が有用であった多発性硬化症の 11 歳男児例 . 日本臨床免疫学会会誌 2013;36:175-179.

総説(英文・和文)

  1. 柏井 洋文, 久保田 雅也, 師田 信人, 中川 聡 頭蓋内圧モニタリングと頭蓋内圧降 下療法 小児内科 2013;45: 224-228 
  2. 久保田雅也 守本倫子、北村正幸、師田信人 鼻汁、頭痛、嘔吐 “目・耳・鼻・口の 診かたと初期対応” 小児内科 2013;45:1838-41 
  3. 柴田明子 アーチファクトおよび突発性異常波と間違えやすい正常波形 2013 徹底解 説!小児のてんかん 「小児科学レクチャー」総合医学社 東京 2013;3:pp1373-77 
  4. 長澤哲郎 てんかんと外国旅行 2013 徹底解説!小児のてんかん 「小児科学レクチャ ー」総合医学社 東京 2013;3:pp1517-22 
  5. 柏井洋文 乳幼児で てんかん発作と鑑別すべき非てんかん発作 2013 徹底解説!小児のてんかん 「小児科学レクチャー」総合医学社 東京 2013;3:pp1431-8 
  6. 寺嶋宙 童気以降で てんかん発作と鑑別すべき非てんかん発作 2013 徹底解説!小児 のてんかん 「小児科学レクチャー」総合医学社 東京 2013;3:pp1439-45 
  7. 山本真梨子 発作時脳波をとる適応と測定環境 2013 徹底解説!小児のてんかん 「小 児科学レクチャー」総合医学社 東京 2013;3:pp1412-8 
  8. 渡辺優 てんかんに影響する身体的・精神的ストレス 2013 徹底解説!小児のてんかん 「小児科学レクチャー」総合医学社 東京 2013;3:pp1523-7 
  9. 長澤哲郎 ニトラゼパム 精神・神経の治療薬事典 2014-15 樋口輝彦総監修 総合 医学社、東京 2013,pp241-2 
  10. 長澤哲郎 臭化カリウム(精神・神経の治療薬事典 2014-15 樋口輝彦総監修 総合 医学社、東京 2013,pp 258-9 
  11. 寺嶋 宙,久保田雅也 頭痛 国立成育医療研究センター病院 小児臨床検査マニュア ル 松井陽、奥山 虎之( 編集主幹) 診断と治療社 東京 2013,pp72-4 
  12. 柴田明子,久保田雅也 けいれん・意識障害 小児臨床検査マニュアル 松井陽、奥山 虎之( 編集主幹) 診断と治療社 東京 2013,pp75-8 
  13. 安藤亜希,久保田雅也 筋力低下・筋緊張低下 小児臨床検査マニュアル 松井陽、奥 山 虎之( 編集主幹) 診断と治療社 東京 2013,pp79-83 
  14. 山本真梨子,久保田雅也 クレアチンキナーゼの異常 小児臨床検査マニュアル 松井 陽、奥山 虎之( 編集主幹) 診断と治療社 東京 2013,pp142-5 
  15. 安藤亜希,久保田雅也 てんかん(薬物療法) 小児臨床検査マニュアル 松井陽、奥 山 虎之( 編集主幹) 診断と治療社 東京 2013,pp244-6 
  16. 柏井洋文,久保田雅也 急性脳症・脳炎 小児臨床検査マニュアル 松井陽、奥山 虎 之( 編集主幹) 診断と治療社 東京 2013,pp247-50 
  17. 柏井洋文,久保田雅也 筋ジストロフィー・筋強直性ジストロフィー 小児臨床検査マ ニュアル 松井陽、奥山 虎之( 編集主幹) 診断と治療社 東京 2013,pp251-4 
  18. 柴田明子,久保田雅也 先天性ミオパチー 小児臨床検査マニュアル 松井陽、奥山 虎 之( 編集主幹) 診断と治療社 東京 2013,pp255-8 
  19. 寺嶋 宙,久保田雅也 ミトコンドリア病 小児臨床検査マニュアル 松井陽、奥山 虎 之( 編集主幹) 診断と治療社 東京 2013,pp259-60

著書(英文・和文)

  1. 久保田雅也(編集)、五十嵐隆(総監修) 2013 徹底解説!小児のてんかん 「小児科学レ クチャー」vol 3 no 6 総合医学社 東京 2013.12