国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

(業績 平成24年度)腎臓・リウマチ・膠原病科

平成24年度

[原著論文:査読付(Reviewed Paper)]

  1. Ito S: Disease Course in Childhood Steroid Sensitive Nephrotic Syndrome Is it Changeable. Ind J pediatr 2012; 49;868-9
  2. Sakamoto S,Kasahara M, Fukuda A, Tanaka H, Kakiuchi T, Karaki C, Kanazawa H, Kamei K, Ito S,Nakazawa A: Pediatric liver-kidney transplantation for hepatorenal fibrocystic disease from a living donor. Pediatr Transplant 2012;16:99-102
  3. Iijima K, Someya T, Ito S, Nozu K, Nakanishi K, Matsuoka K, Ohashi H, Nagata M, Kamei K, Sasaki S: Focal segmental glomerulosclerosis in patients with complete deletion of one WT1 allele. Pediatrics 2012;129:e1621-5
  4. Uemura O, Honda M, Matsuyama T, Ishikura K, Hataya H, Nagai T, Ikezumi Y, Fujita N, Ito S, Iijima K; The Japanese Society for Pediatric Nephrology, the Committee of Measures for Pediatric CKD: Is the new Schwartz equation derived from serum creatinine and body length suitable for evaluation of renal function in Japanese children? . Eur J Pediatr 2012;171:1401-1404
  5. Ishikura K, Yoshikawa N, Nakazato H, Sasaki S, Iijima K, Nakanishi K, Matsuyama T, Ito S, Yata N, Ando T, Honda M; for the Japanese Study Group of Renal Disease in Children: Two-Year Follow-Up of a Prospective Clinical Trial of Cyclosporine for Frequently Relapsing Nephrotic Syndrome in Children. Clin J Am Soc Nephrol 2012;7:1576-1583 
  6. Harada T, Ito S, Mori M, Yokota S: Anatomical condition mimicking superior mesenteric artery syndrome might cause duodenal involvement in Henoch-Schönlein purpura. Pediatr Int. 2012;54:579.
  7. Noda S, Ogura M, Tsutsumi A, Udagawa T, Kamei K, Matsuoka K, kitamura H, Atsumi T, Ito S: Thrombotic microangiopathy due tomultiple autoantibodeies related to antiphospholipid syndrome. Pediatr Nephrol 2012;27:681-5
  8. Udagawa T, Kamei K, Ogura M, Tsutsumi A, Noda S, Kasahara M, Fukuda A, Sakamoto S, Shigeta S, Tanaka H, Kuroda T, Matsuoka K, Nakazawa A, Nagai T, Uemura O, Ito S: Sequential liver-kidney transplantation in a boy with congenital hepatic fibrosis and nephronophthisis from a living donor. Pediatr Transplant 2012;16:E275-80 
  9. Sato B, Katagiri YU, Iijima K, Yamada H, Ito S, Kawasaki N, Okita H, Fujimoto J, Kiyokawa N: The human CD10 lacking an N-glycan at Asn(628)is deficient in surface expression and neutral endopeptidase activity. Biochim Biophys Acta 2012;1820:1715-23
  10. 伊藤秀一, 佐古まゆみ, 斉藤真梨, 佐藤舞, 藤丸拓也, 小椋雅夫, 亀井宏一: わが国の小児急性血液浄化療法の実態調査. 日本小児腎不全学会雑誌 2012;32:231-232 
  11. 伊藤秀一: 小児の急性腎障害(AKI)と急性血液浄化療法. 日本小児科学会雑誌 2012;116:666-678 
  12. 後藤美和, 二宮誠, 上村治, 松山健, 伊藤雄平, 幡谷浩史, 伊藤秀一, 山川聡, 石川智朗, 本田雅敬: 小児腎疾患患者に対する運動制限についてのアンケート調査. 日本小児腎臓病学会雑誌 2012;25:6-17
  13. 岡田はるか, 服部淳, 井口梅文, 益田博司, 小林由典, 小穴慎二, 阪井裕一, 賀藤均, 伊藤秀一, 阿部淳: 初回大量免疫グロブリン療法不応でインフリキシマブ投与を行った川崎病再発例とその経過. 心臓 2012;44:623-624 
  14. 石川智朗, 佐藤舞, 藤丸拓也, 宮園明典, 小椋雅夫, 亀井宏一, 伊藤秀一: RSウイルス感染症により病態の悪化をきたしたステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の4例. 日本小児腎不全学会雑誌 2012;32:310-311 
  15. 亀井宏一, 石川智朗, 宮園明典, 佐藤舞, 藤丸拓也, 小椋雅夫, 宇田川智宏, 田中秀明, 宇野光昭, 清谷知賀子, 森鉄也, 佐古まゆみ, 中村秀文, 伊藤秀一: 肝芽腫に対しカルボプラチン投与を行った慢性腎不全の1歳男児例. 日本小児腎不全学会雑誌 2012;32 :157-159  
  16. 亀井宏一, 宮園明典, 佐藤舞, 石川智朗, 藤丸拓也, 小椋雅夫, 伊藤秀一: 採尿を必要としないイヌリン血漿クリアランス法の試み. 日本小児腎不全学会雑誌 2012;32 : 265-268  
  17. 亀井宏一, 宮園明典, 佐藤舞, 石川智朗, 藤丸拓也, 小椋雅夫, 伊藤秀一: 採尿を必要としない腎糸球体濾過量測定の試み. 日本小児科学会雑誌 2012;116 : 1869-1874 
  18. 亀井宏一: 小児の腎機能検査の現状と問題点. 日本小児科学会雑誌 2013 ; 117 : 11-20.

[原著論文:査読なし]

  1. 小椋雅夫,亀井宏一,宮園明典,佐藤舞,藤丸拓也,石川智朗,松岡健太郎,田中秀明,笠原群生,伊藤秀一: 国立成育医療研究センターにおける腎移植の特色と問題点. 日本小児腎不全学会誌  2012 ;32 :125-129

[総説]

  1. 伊藤秀一: 【小児疾患の診断治療基準(第4版)】(第2部)疾患 泌尿・生殖器疾患 急速進行性糸球体腎炎. 小児内科 2012;44増刊号:612-614 
  2. 伊藤秀一: 小児期発症難治性ネフローゼに対するリツキシマブ治療の可能性. 腎と透析 2012:73:463-467 
  3. 伊藤秀一: 【腎疾患治療マニュアル2012-13】続発性腎疾患 チアノーゼ性心疾患に伴う腎障害. 腎と透析 2012;72増刊号:343-346 
  4. 伊藤秀一:【ネフローゼ症候群治療の最前線】リツキシマブ 小児. 腎と透析 2012;72:876-880
  5. 伊藤秀一: 【クローズアップ小児リウマチ・膠原病】<臓器別診断へのアプローチ>腎泌尿器系 血尿、タンパク尿、浮腫、高血圧所見などから診断へ. 小児内科 2012;44:67-71
  6. 伊藤秀一: 【クローズアップ腎・泌尿器】管理・治療の進歩 膜性増殖性糸球体腎炎と補体第二経路異常症. 小児内科 2012;44:259-264
  7. 伊藤秀一: 小児ループス腎炎. 腎と透析 2013;74:112-116
  8. 小椋雅夫,亀井宏一,伊藤秀一: 【クローズアップ腎・泌尿器】管理・治療の進歩 学校検尿有所見者への対応. 小児内科 2012;44:233-236
  9. 宇田川智宏, 伊藤秀一: 【腎疾患治療マニュアル2012-13】尿細管疾患 尿細管間質性腎炎 薬剤・重金属による腎障害. 腎と透析 2012;72増刊号:411-415
  10. 石川智朗, 伊藤秀一: 【小児・思春期診療 最新マニュアル】(4章)よくみられる疾患・見逃せない疾患の診療 腎尿路系疾患と生殖器疾患 尿路感染症. 日本医師会雑誌 2012;141 特別1:S203-S204
  11. 亀井宏一: 専門医をめざす! 小児科試験問題集増補版 2012;337-350
  12. 亀井宏一,伊藤秀一,守本倫子: 【腎疾患治療マニュアル2012-13】症候と検査への対応の仕方(診断)聴力障害. 腎と透析 2012;72増:101-104
  13. 亀井宏一: 第5章 これで安心 日常生活について. こどもの腎炎・ネフローゼ 2012;141-156
  14. 亀井宏一: 18章 腎・泌尿器・生殖器疾患 急性腎不全. 最新ガイドライン準拠小児科診断・治療指針 2012; 686-688
  15. 亀井宏一, 伊藤秀一: 巣状分節性糸球体硬化症 小児疾患の診断治療指針. 小児内科 2012増刊号; 44 : 624-625.
  16. 小椋雅夫: やさしくわかる 腎臓のしくみとはたらき. 国立成育医療研究センターBookシリーズ こどもの腎炎・ネフローゼ 2012;25-37.
  17. 小椋雅夫,伊藤秀一: 米国KDOQIガイドラインの要点と日本の現状16. 小児CKDの栄養管理.腎と透析. 2012;73:564-568

[著書]

  1. 伊藤秀一: こどもの腎炎・ネフローゼ. 編集 伊藤秀一,監修 五十嵐隆,メディカルトリビューン:2012
  2. 伊藤秀一: 小児の腎不全・透析・腎移植の現状と問題点.  新 腎不全・透析患者指導ガイド, 編集 湯村和子,高橋公太,濱田千江子,監修 湯村和子, 日本医事新報社, 2012;155-157
  3. 伊藤秀一: 第3章全身性疾患に伴う腎障害.(各論部門編集責任者・伊藤秀一) 小児腎臓病学, 診断と治療社, 2012;47-83
  4. 伊藤秀一: 第3章全身性疾患に伴う腎障害 3ループス腎炎. 小児腎臓病学, 診断と治療社, 2012;307-313
  5. 亀井宏一: 第3章全身性疾患に伴う腎障害 6先天性代謝異常症に伴う腎障害. 小児腎臓病学, 診断と治療社, 2012;323-327
  6. 藤丸拓也,伊藤秀一: 第2章 とことん解説Ⅰ ネフローゼ症候群. 成育医療研究センターBookシリーズ こどもの腎炎・ネフローゼ, 株式会社メディカルトリビューン, 2012;39-82
  7. 藤丸拓也,伊藤秀一: 膀胱尿管逆流症. 小児・思春期診療 最新マニュアル, 株式会社中山書店, 2012;205-206