国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

(業績 平成23年度)腎臓・リウマチ・膠原病科

平成23年度

[原著論文:査読付(Reviewed Paper)]

  1. Ito S, Kamei K, Ogura M, Sato M, Fujimaru T, Ishikawa T, Udagawa T, Iijima K: Maintenance therapy with MMF after rituximab in pediatric patients with steroid-dependent nephrotic syndrome. Pediatr Nephrol 2011;26:1823-1828
  2. Ito S, Ikeda H, harada T, Kamei K, Takahashi E: Cyclophosphamide followed by Mizoribine as maintenance therapy against refractory steroid dependent nephrotic syndrome. Pediatr Nephrol 2011;26:1921-1922
  3. Kamei K, Nakanishi K, Ito S, Saito M, Sako M, Ishikura K, Hataya H, Honda M, Iijima K, Yoshikawa N; for the Japanese Pediatric IgA Nephropathy Treatment Study Group: Long-Term Results of a Randomized Controlled Trial in Childhood IgA Nephropathy. Clin J Am Soc Nephrol  2011; 6 :1301-1307.
  4. Kamei K, Ito S, Shigeta T, Sakamoto S, Fukuda A, Horikawa R, Saito O, Muguruma T, Nakagawa S, Iijima K, Kasahara M: Preoperative dialysis for liver transplantation in methylmalonic acidemia. Ther Apher Dial 2011;15 ::488-492.
  5. Harada T, Kaneko T, Ito S, Hataya H, Nariai A, Mori M, Yokota S. Superior mesenteric artery syndrome: risk factor for duodenal involvement in Henoch-Schönlein purpura. Pediatr Int. 2011;53:630-633
  6. Harada T, Ito S, Sasaki T, Kunisaki R, Shiojima H, Ogawa M, Yokota S: GI involvement of sigmoid mucosal erosion in a 13-year-old girl with microscopic polyangiitis. Gastrointest Endosc. 2011;74:937-939
  7. Uemura O, Honda M, Matsuyama T, Ishikura K, Hataya H, Yata N, Nagai T, Ikezumi Y, Fujita N, Ito S, Iijima K, Kitagawa T: Age, gender, and body length effects on reference serum creatinine levels determined by an enzymatic method in Japanese children: a multicenter study. Clin Exp Nephrol 2011;15:694-699
  8. Kobayashi I, Kubota M, Yamaada M, Tanaka H, Ito S, Sasahara Y, Whitesell L, Ariga T:  Autoantibodies to villin occur frequently in IPEX, a severe immune dysregulation, syndrome caused by mutation of FOXP3. Clinical Immunology 2011;41:83-89
  9. Otsubo K, Kanegane H, Kamachi Y, Kobayashi I, Tsuge I, Imaizumi M, Sasahara Y, Hayakawa A, Nozu K, Iijima K, Ito S, Horikawa R, Nagai Y, Takatsu K, Mori H, Ochs H, Miyawaki T: Identification of FOXP3-negative regulatory T-like( CD(4)+CD25(+)CD127low)) cells in patients with immune dysregulation, polyendocrinopathy, enteropathy, X-linked syndrome. Clinical Immunology 2011;141:111-120
  10. Sakamoto S, Kasahara M, Fukuda A, Tanaka H, Kakiuchi T, Karaki C, Kanazawa H, Kamei K, Ito S, Nakazawa A: Pediaiatric liver-kidney transplantation for hepatorenal fibrocystic disease from a living donor. Pediatr Transplant 2012;16:99-102
  11. Sasaki K, Kasahara M, Fukuda A, Kimura T, Shigeta T, Tanaka H, Nakagawa S, Ito S, Nakagawa A: Living-donor liver transplantation using hyper-reduced graft for a neonatal fulminant hepatic failure. Pediatr Int 2011 ;53:247-248.
  12. Oyazato Y, Iijima K, Emi M, Sekine T, Kamei K, Takanashi J, Nakao H, Namai Y, Nozu K, Matsuo M: Molecular Analysis of TSC2/PKD1 Contiguous Gene Deletion Syndrome. Kobe J Med Sci  2011;57:E1-E10. 
  13. Shima Y, Nakanishi K, Kamei K, Togawa H, Nozu K, Tanaka R, Sasaki S, Iijima K, Yoshikawa N:Disappearance of glomerular IgA deposits in childhood IgA nephropathy showing diffuse mesangial proliferation after 2 years of combination/prednisolone therapy. Nephrol Dial Transplant 2011 ; 26 : 163-169.
  14. 伊藤秀一: 小児期発症難治性ネフローゼに対するリツキシマブ治療の可能性. 日本小児腎臓病学会雑誌  2011;24 : 156-157
  15. 亀井宏一, 佐藤舞, 石川智朗, 藤丸拓也, 堤晶子, 野田俊輔, 宇田川智宏, 小椋雅夫, 伊藤秀一. ステロイド投与による血清シスタチンC測定値への影響. 日本小児科学会雑誌2011 ; 115 : 74-6.
  16. 亀井宏一, 堤晶子, 野田俊輔, 石川智朗, 佐藤舞, 藤丸拓也, 宇田川智宏, 小椋雅夫, 大橋牧人, 磯部英輔, 土井房恵, 川田容子, 源規安, 伊藤秀一: 無酢酸透析液が有用であった生後5ヶ月の男児例. 日本透析医学会雑誌  2011 ; 44 : 87-92.
  17. 亀井宏一, 伊藤秀一, 飯島一誠: 採尿を必要としないイヌリンクリアランスの測定の試み. 日本腎臓学会雑誌  2011 ; 53 : 181-8.
  18. 亀井宏一, 小椋雅夫, 佐藤舞, 石川智朗, 藤丸拓也, 宇田川智宏, 六車崇, 中川聡, 堀川玲子, 笠原群生, 伊藤秀一: 1歳未満の急性血液浄化療法. 日本小児科学会雑誌 2011 ; 115 : 1307-13.
  19. 亀井宏一, 宮園明典, 佐藤舞, 石川智朗, 藤丸拓也, 小椋雅夫, 伊藤秀一: 免疫抑制薬内服患者への弱毒生ワクチン接種の有効性と安全性についての検討. 日本小児腎臓病学会誌 2011 ; 24 : 179-86
  20. 小椋雅夫, 亀井宏一, 堤晶子, 野田俊輔, 佐藤舞, 藤丸拓也, 石川智朗, 宇田川智宏, 伊藤秀一. 難治性ネフローゼ症候群におけるリツキシマブの恩恵 骨合併症の見地から. 日本小児腎臓病学会雑誌 2011 ; 24 : 31-35.
  21. 小川真喜子,塩島裕樹,原田知典,坂元祐子,中村智子,伊藤秀一,横田俊平: 十二指腸潰瘍による偽性Bartter症候群の1例. 日本小児腎不全学会雑誌  2011;31 : 93
  22. 宇田川智宏,小椋雅夫,亀井宏一,尾田高志,伊藤秀一: Posterior reversible encephalopathy syndrome(PRES)で発症した容連菌感染後急性糸球体腎炎の一男児例. 小児高血圧研究会誌 2011;8 :37-43
  23. 矢田菜穂子,本田雅敬,伊藤秀一: 低リン血症患者の治療に関するアンケート調査 結果報告. 日本腎臓学会誌 2011;53 : 458
  24. 福田晃也,重田孝信,阪本靖介,笠原群生,堀川玲子,重松陽介,伊藤玲子,野田雅裕,西垣五月,垣内俊彦,伊藤秀一,亀井宏一,中澤温子,中川聡,松井陽.メチルマロン酸血症とプロピオン酸血症に対する生体肝移植療法の位置づけ. 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 2011;25 : 38 
  25. 服部淳,益田博司,四家達彦,小穴慎二,阪井裕一,伊藤秀一,賀藤均,齋藤昭彦,阿部淳: 川崎病のバイオマーカー高値が診断前からみられた川崎病不全型の1男児例. 心臓 2011;43 : 706-707
  26. 飯島一誠, 佐古まゆみ, 木村利美, 服部元史, 亀井宏一, 野津寛大, 宍戸清一郎, 相川厚, 森田研, 後藤芳充, 和田尚弘, 大塚泰史, 長田道夫, 斉藤真梨, 本田雅敬, 土田尚, 中村秀文: 小児腎移植におけるミコフェノール酸モフェチルの多施設共同オープンラベル臨床試験 有効性・安全性、薬物動態の評価. 日本小児腎臓病学会雑誌  2011 ; 24 : 36-46.

[原著論文:査読なし]

  1. 亀井宏一, 小椋雅夫, 佐藤舞, 石川智朗, 藤丸拓也, 宇田川智宏, 六車崇, 中川聡, 堀川玲子, 笠原群生, 伊藤秀一: 1歳未満の急性血液浄化療法. 日本小児腎不全学会雑誌 2011 ; 31 : 229-31.
  2. 小椋雅夫,亀井宏一,佐藤舞,石川智朗,藤丸拓也,宇田川智宏,伊藤秀一: 国立成育医療研究センターにおける腎移植後サイトメガロウイルス感染症. 腎移植症例集2011 2011;39-41
  3. 佐藤舞, 藤丸拓也, 石川智朗, 宇田川智宏, 小椋雅夫, 亀井宏一, 伊藤秀一: 急性腎障害から回復することなく末期腎不全に移行した乳児の3例. 日本小児腎不全学会雑誌 2011 ; 31 : 89-92
  4. 宇田川智宏, 小椋雅夫, 亀井宏一, 尾田高志, 伊藤秀一 : Posterior reversible encephalopathy syndrome(PRES)で発症した溶連菌感染後急性糸球体腎炎の一男児例. 小児高血圧研究会誌  2011 ; 8 : 37-43

[総説]

  1. 伊藤秀一: critical care nephrology. 小児集中治療病態とAKI. 腎と透析 2011;70 :373-377
  2. 伊藤秀一: 免疫抑制薬の臨床応用実践論(第34回)間質性腎炎ブドウ膜炎症候群(TINU症候群). 炎症と免疫 2011;19 : 522-528
  3. 伊藤秀一: 【川崎病の本態にせまる‐古くて新しい研究から‐】治療にせまる(治療法・有効性から本態にせまる)血漿交換療法. 小児科診療 2011;74 : 1201-1205
  4. 伊藤秀一: 小児急性肝不全に対する人工肝補助療法. 医工学治療 2011;23 : 71-74
  5. 伊藤秀一: 【透析医療に必要な薬の使い方】免疫抑制薬(膠原病、ANCAなど). 腎と透析2011;70 : 613-617
  6. 伊藤秀一: 【輸液Q&A】初期輸液にカリウムが0~低濃度の液を使用するのはなぜですか?. 小児内科 2011;43 : 734-736 
  7. 亀井宏一, 伊藤秀一: 特集 透析患者、移植患者への感染症へのアプローチ. 移植患者における水痘と麻疹への対処法. 腎と透析 2011 ; 70: 950-2
  8. 亀井宏一, 伊藤秀一: 特集 小児腎疾患への対応. ネフローゼ症候群に対するリツキシマブとミコフェノール酸モフェチルの有用性. 小児科  2011 ; 52:1865-72
  9. 小椋雅夫,亀井宏一,伊藤秀一: 【輸液Q&A】生理食塩水はNa 154 mEq/lなのになぜ生理的なのですか?. 小児内科 2011;43:723-725
  10. 小椋雅夫,亀井宏一,伊藤秀一: 不感蒸泄・代謝水. 小児科学レクチャー 2011;1:20-24
  11. 小椋雅夫,亀井宏一,伊藤秀一: 特集 【腎代替療法の問題点を再考する】長期生存を得るための方策、合併症対策 末期腎不全小児. 腎と透析 2011;71:397-401
  12. 小椋雅夫,亀井宏一,伊藤秀一: 学校検尿有所見者への対応(総論). 小児内科 2012;44:233-236
  13. 佐藤舞,伊藤秀一: 尿路感染症の診断について説明してください. 小児内科. 2011増刊号;43:760-764
  14. 宇田川智宏,伊藤秀一: 【輸液Q&A】なぜ輸液製剤のK濃度は40mEq/L以下なのですか?. 小児内科 2011;43 : 737-739
  15. 石川智朗, 亀井宏一, 伊藤秀一. 【小児の酸塩基平衡Q&A-異常へのアプローチ-】体液の調節 体液の調節 基礎と考え方. 小児科学レクチャー  2011 ; 1 : 8-13

[著書]

  1. 伊藤秀一: ガイドラインでみる小児CKDの診療(解説). 日本医事新報, 2011;4574:80-86
  2. 亀井宏一, 佐藤舞, 石川智朗, 藤丸拓也, 宇田川智宏, 小椋雅夫, 伊藤秀一: 免疫抑制薬内服患者への弱毒生ワクチン接種の有効性と安全性. 第44回日本臨床腎移植学会記録集 腎移植症例集, 日本医学館, 2011; 129-132
  3. 亀井宏一: Ⅱ.各論 第3章 全身性疾患に伴う腎障害 6.先天性代謝異常に伴う腎障害. 小児腎臓病学, 診断と治療社, 2012;323-327
  4. 石川智朗、亀井宏一、伊藤秀一:体液の調節~基礎と考え方~.(五十嵐隆監修) 小児の酸塩基平衡のQ&A(小児科学レクチャー Vol 1-1), 総合医学社, 2011;8-13