国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

患者・ご家族の方へ Patient & Family

患者・ご家族の方へ Patient & Family

「乳児アトピー性皮膚炎への早期介入による食物アレルギー発症予防研究/多施設共同評価者盲検ランダム化介入並行群間比較試験(PACI study)PACI study」のご案内

現在皮膚科では、アレルギー科と共同でアトピー性皮膚炎の乳児を対象とした卵アレルギー予防の研究を行っています。

離乳食を始める前に湿疹があると食物アレルギーを発症しやすいことがわかってきました。

特に生後1~4か月に湿疹ができた赤ちゃんのリスクは非常に高く、アトピー性皮膚炎の重症度に比例して高くなります。

そこで、このようなかゆみのある湿疹を早く治すと生後6か月時の卵アレルギーが予防できるかを明らかにする
研究(パッチースタディ)を2017年7月より開始しました。

アトピー性皮膚炎とまだ診断がついていなくても構いません。
生後7週から13週で、痒い湿疹のある患者様がいらっしゃる場合、是非ご紹介ください。お問合せお待ちしております。            

                                          皮膚科医長 吉田和恵

詳しくは下記ホームページでご案内しております。
一般外来と別枠の研究外来となりますので、スムーズに初診が予約できます。
PACI Study(パッチ―スタディ)研究事務局
メール:allergy_research@ncchd.go.jp 
研究専用電話:080-4143-4992(予約センターではなく研究専用電話でご予約となります)