国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

(業績 平成23年度)形成外科

平成23年度

[原著論文:査読付(Reviewed Paper)]

  1. Nagasao T, Miyamoto J, Shimizu Y, Kasai S, Kishi K, Kaneko T.:Effective scoring of scapha prevents helix irregularity in prominent ear correction - A biomechanical study.J Craniomaxillofac Surg. 2011 Aug 10.(Epub ahead of print)
  2. Nagasao T, Miyamoto J, Jiang H, Kaneko T, Tamaki T.:Biomechanical analysis of the effect of intracranial pressure on the orbital distances in trigonocephaly.Cleft Palate Craniofac J. 48:190-196, 2011.
  3. 高木俊範,師田信人,井原哲,金子剛:矢状縫合早期癒合症における術後の形態学的評価とその変化.小児の脳神経36: 20-25, 2011

[総説]

  1. 金子剛:先天性巨大色素性母斑の治療現行の治療の限界と自家培養表皮の適応拡大に向けて(小嶋純編集).医学のあゆみ,診断と治療社,東京,2011, pp867-872

[著書]

  1. 金子剛,師田信人:小児脳神経外科-整容を重視した脊髄髄膜瘤皮膚欠損の再建術.NS Now整容脳神経外科Update.(寺本明編集).メジカルビュー社,東京,2011, pp112-122
  2. 金子剛:言語障害形成外科的手術の実際.小児リハビリテーション.ポケットマニュアル.(本田真美,小沢浩,橋本圭司編集).診断と治療社,東京,2011, pp150-154