国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

こころの診療部について

こころの診療部 部長  奥山 眞紀子
小枝 達也

基本情報

こころの診療部では、一般の小児科や精神科では対応できないような、子ども(中学3年生まで)のこころの問題もしくは乳幼児期の親子関係の問題に対応しています。

当部を受診する場合、まず、かかりつけの医療機関を受診するか、保健所などに相談してください。医療機関や保健所等からの紹介状を持参の方、もしくは医師や保健師等から直接連絡をいただいた方のみ、予約を受け付けます。紹介元の医師等から受診する科の指示がない場合、「受診内容」の情報を参考に、受診する科を決め、連絡してください。

ただし、当センターは精神科病棟がないため、激しい行動の問題(自傷、暴力や興奮等)がある方の入院は困難です。

受診方法

こころの診療部には「乳幼児メンタルヘルス診療科」「児童・思春期メンタルヘルス診療科」「児童・思春期リエゾン診療科」があります。就学前の方は乳幼児メンタルヘルス診療科、就学後で中学3年生までの方は児童・思春期メンタルヘルス診療科を受診してください。高校生以上の初診は受け付けていません。児童・思春期リエゾン診療科は、慢性疾患等で入院しているお子さんとその家族のリエゾン精神医療を担当しています。そのため、外来での初診は受けつけていません。

紹介元の医師等からの指示がない場合、下記を参考に、受診する科を選び、予約センターに連絡してください。曜日毎に担当医が決まっているため、担当医の希望があれば、予約時に伝えてください(小枝、田中、三木のみ予約センターで取り扱い可)。

まず、子どもの状態について、以下で確認してください。

  • 発達障害の疑いがある。
  • 発達の遅れがあり、それに伴う二次的な問題がある。
  • うまく友達が作れないなど同年代の子どもとの関係に問題がある。
  • 強いこだわりがあって、生活に支障をきたしている。
  • 子どものかんしゃくが著しく、育児が困難になっている。
  • 他の子どもに比較して非常に多動である。
  • 家庭や保育園や学校での行動に問題がある(爆発しやすい、喧嘩しやすいなど)。
  • 学習の問題がある(読字に困難があるなど)。

上記に該当する問題がなく、その他(下記に幾つか例を挙げます)の問題がある子どもの相談も受け付けています。

  • 事故などで怖い経験をしてその後に眠れない、親から離れられないなどのこれまでにない症状がでてきた。
  • 子どもが虐待を受けていたり、ドメスティックバイオレンスのある家庭に育った。
  • 性被害やその他の犯罪被害があった。
  • 学校等でいじめの被害を受けた。
  • いじめや犯罪の加害者となっている。
  • 手洗いがとまらない、儀式的な行動を繰り返す、ある観念が頭から離れないなどの強迫症状がある。
  • 出したくないのに声が出てしまう。話したくないことを話してしまう。
  • その他、何らかの不安が強くて生活に影響している。
  • うつうつとしている。
  • 夜眠れない。
  • 家では良く話すのに学校では全く話をしない。
  • 長期間学校に行かない。

なお、緊急性(数日以内の受診が必要)がある場合は、かかりつけの医師から直接医療連携・患者支援センターに連絡してください。