国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

千葉県こども病院

基本情報(平成27年12月現在)

住所

千葉市緑区辺田町579-1

相談窓口

患者相談窓口
名   称 こども家族支援センター
電   話 043-292-2111 (内線2102)
F A X 043-292-5401
メールアドレス  
対応可能時間 9:00-17:15
医療機関相談窓口
名   称 地域医療連携室
電   話 043-292-2111(代表)
F A X 043-292-3815
メールアドレス kodomo-hp@mz.pref.chiba.lg.jp
対応可能時間 9:00-17:15

施設の特徴(病院からのメッセージ)

 当院の血液腫瘍科は造血器腫瘍、固形腫瘍、非悪性血液疾患(再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病)など幅広い疾患を外科系担当科と協力して診療しており、また造血幹細胞移植に関しては、多い年では年間10例を超えて実施しています。

また、他施設と比較し当院の特徴としては、2009年より闘病仲間の死を患者自身に伝えることを始めており、2011年度からは本格的に実践、医師、看護師、CLS、保育士、薬剤師、栄養士、養護学校教諭、臨床心理判定員など、多職種にわたり患者の精神的支援に努めています。

 もうひとつの特徴としては、2005年度からは日本動物病院福祉協会の協力により、月一回アニマルセラピーを行い、患者、ご家族だけでなく、医療スタッフにとっても癒しの時間を過ごすことが出来、闘病意欲に多大に貢献をもたらしています。

小児がん診療に係る情報

診療受入容量(平成27年12月現在)
小児がん病床(対応可能数) 20床 (4東病棟)
集中治療床(うちPICU、HCU) 9床
外来化学療法(◎実績あり、〇可能)
休日・夜間救急対応
(◎院外患者対応可能(条件記載)、〇院内患者のみ対応可能)
フォローアップ外来
(◎フォローアップ専門外来、〇そのほかの外来)(外来日)
(火、金曜日)
小児がんセカンドオピニオン対応可能診療科 血液・腫瘍科
小児外科
脳神経外科
 
 
        
診療実績(2015年以降は初発+再発、2014年以前は新規診断治療数)
  2015年 2014年 2013年 2010年 -2012年
造血器腫瘍 14 13 6 43
急性リンパ性白血病 7 7 5 32
急性骨髄性白血病 2 4 0 5
まれな白血病 2
MDS/MPDのうちCML 0
MDS/MPDのうちCMLを除く 0
リンパ腫 1 0 0 5
Non-Hodgkin Lymphoma 1
Hodgkin Lymphoma 0
その他のリンパ増殖性疾患 0
組織球症 2 0 0 0
組織球症(HLH)0
組織球症(LCH) 2
その他の組織球症 0
その他の造血器腫瘍 0 2 1 1
Down症TAM登録 0 00 00 00
脳脊髄腫瘍 9 8 4 15
固形腫瘍 6 8 4 16
網膜芽腫・眼腫瘍 0 1 0 1
神経芽腫群腫瘍 2 4 1 5
腎腫瘍 1 0 1 5
肝腫瘍 0 0 0 1
骨腫瘍 0 0 0 0
軟部腫瘍 1 3 0 2
胚細胞腫瘍 2 0 1 2
その他の固形腫瘍 0 0 1 0
その他の固形腫瘍の診断名
 

死亡患者数 4 5 5 17
診療実績(入院数)
  2015年 2014年 2013年 2012年
小児がん入院患者延べ数 126 51 154 167
小児がん入院患者延べ日数 4908 3725 6725 7304
全入院患者延べ数 4294 4086 4059 4052
全入院患者入院在院延べ日数 54299 55740 58213 59946
診療実績(2015年以降は再発、2014年以前は再発・治療抵抗実治療数)
  2015年 2014年 2013年 2010年 -2012年
再発造血器腫瘍 6 2 2 6
再発脳脊髄腫瘍 0 2 2 11
再発固形腫瘍 1 2 0 3
移植実績(移植数)
  2015年 2014年 2013年 2010年 -2012年
同種造血細胞移植 6 5 10 21
同胞間造血細胞移植 0 1 0 7
家族間ハプロ造血細胞移植 0 0 4 3
非血縁造血細胞移植 1 1 1 6
臍帯血移植 5 2 3 2
自家造血細胞移植 3 1 2 3
集学的治療実施体制(年間10例以上 ◎、可能 〇)
  化学療法 手術 放射線
固形腫瘍(下記以外)
脳腫瘍
眼・眼窩腫瘍
骨・軟部腫瘍
療養環境(平成27年12月現在)
面会時間 24時間
面会可能者 両親、同胞(13歳以上)、祖父母
集中治療室面会時間 24時間
集中治療室面会可能者 両親、同胞(13歳以上)、祖父母
付き添い
(〇不要、◎希望で24時間可能、□24時間必要、△夜間必要、▽その他)
入院可能年齢 基本的には15歳以下だが当院でfollow 中の患者は可能
患者家族支援(平成27年12月現在)
相談窓口
患者家族宿泊施設(◎敷地内、〇近隣)
代表的施設名 かるがもはうす
患者同胞短時間預かり施設(◎院内、〇近隣)
患者家族休憩室(◎予約不要、〇予約要)  
院内患者家族会(名称、連絡先) 認定NPO法人ミルフィーユ小児がんフロンティアーズ
発育・療育支援(平成27年12月現在)
院内学級(◎:分教室、〇:訪問教育)
通院患者の通学(〇可能)
ベッドサイドでの授業(〇可能)
高校生への教育支援体制(◎:分教室、〇:訪問教育)
通院患者の通学(〇可能)
ベッドサイドでの授業(〇可能)
就学前児童保育
保育士
臨床心理士  
チャイルドライフスペシャリスト
ホスピタルプレイスペシャリスト  
子ども療養支援士  
ソーシャルワーカー
診療機能(平成27年12月現在)
病理組織診断
放射線治療
臓器移植(対象臓器)    
非血縁同種骨髄移植認定施設
非血縁同種末梢血幹細胞移植認定施設  
臍帯血移植認定施設
輸血・細胞療法センター  
集中治療部(◎小児専門もあり、〇あり)
長期フォローアップ
(院外患者対応可:◎(条件記載)、院内患者のみ:〇)
移行医療(院外患者対応可:◎(条件記載)、院内患者のみ:〇)
緩和ケア(院外患者対応可:◎(条件記載)、院内患者のみ:〇)
思春期・青年期がん診療
(◎実績あり、〇可能)(対応可能年齢)
思春期・青年期がん診療の特色 20歳前後までの再発例
高校は養護学校高等部に編入可能です。
専門資格保持者(平成27年12月現在)
小児科専門医
小児外科専門医
日本小児血液・がん学会認定外科医
脳神経外科専門医
整形外科専門医
眼科専門医
日本小児泌尿器科学会認定医
日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医  
日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医  
小児歯科専門医  
リハビリテーション科専門医  
がん治療認定医機構がん治療認定医
日本輸血・細胞治療学会認定専門医  
日本放射線治療専門放射線技師認定機構放射線治療専門放射線技師  
がん専門薬剤師  
日本病院薬剤師会がん専門薬剤師  
日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師  
がん看護専門看護師  
小児看護専門看護師
がん化学療法看護認定看護師  
緩和ケア認定看護師  
がん性疼痛看護認定看護師  
小児血液・がん専門医
移植認定医
臨床研究(平成27年12月現在)
臨床研究支援センター  
参加臨床試験数 29
治験実施(有〇)  
治験実施内容