蓋 若琰

氏名 がい じゃくえん
蓋 若琰
Ruoyan Gai
職名、役職 政策科学研究部 政策評価研究室 室長
臨床疫学部 医療技術評価室 室長
専門領域 公衆衛生学、医療経済学、医療技術評価、母子保健、健康科学に関わる量的及び質的研究技法
現在の主な研究テーマ 臨床決断また政策形成に資する費用対効果評価、成人期以後の慢性疾病負担を見据える母子保健対策、子どもの「dual burden of mulnutrition」問題の介入研究、子ども向けの健康効用評価尺度の開発、国際保健(保健財政、母子保健、疾病負担)
共同研究が可能なテーマ 医薬品・医療機器・臨床治療法の開発の社会経済的効果評価、患者生活の質に関連する臨床アウトカム評価、疫学研究、中国の病院との共同研究と現地調査
略歴 【学歴】
2006年3月 お茶の水女子大学文教育学部人間社会科学科 卒業
2008年3月 東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻修士課程 修了
2011年3月 東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻博士課程 修了 
【職歴】
2009年4月 日本学術振興会特別研究員
2011年5月 東京大学大学院医学系研究科特任研究員
2011年12月 中国山東大学公衆衛生学院講師
2012年3月 中国山東大学公衆衛生学院准教授
2012年6月 中国山東大学公衆衛生学院准教授、社会医学研究室副主任 
2015年4月 国立成育医療研究センター研究所政策科学研究部政策評価研究室長、臨床開発研究センター医療技術評価室長
主な所属学会 医療経済学会、国際医薬経済・アウトカム研究学会(ISPOR)日本部会、国際保健医療学会、International Health Economic Association (IHEA)、International Society for Developmental Origin of Health and Diseases、Society for Medical Decision Making(SMDM)
主な論文業績ページを参照