国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

寄付について Contribution

寄付について Contribution

ウィッシュリストから組み立て式のジャングルジムを戴きました

この度、国立成育医療研究センターのウィッシュリストから組み立て式のジャングルジムを戴きました。リハビリテーション科では、子どもの発達促進の手段として遊びを用います。中でも、前庭感覚や固有受容覚を刺激する遊びは重要です。
こうした刺激が不足すると、転びやすくなったり、体が不器用になったりします。さらには怒りっぽくなるなど、感情のコントロールが難しくなることもあります。
2017.6.14.kazuki.092.サンプルの画像

ジャングルジムを使った遊びはバランス感覚や筋力の向上、リラクゼーションなどに役立ちます。また、ブランコや滑り台による前庭刺激や、鉄棒やジャングルジムによる固有受容覚を鍛えることができます。さらに、この製品は拭くことが簡単にでき、折りたたんで運ぶこともできるため、幅広く使用することができるのも魅力です。
2017.6.14.kazuki.099.サンプルの画像

療養中の子どもたちは、公園で遊んだり、広い場所で体を大きく動かすなどの機会が少なく、日常生活の中で当たり前に経験できるはずの刺激が減ってしまいます。このことは、子どもの療養そのものや、その後の心身の発達に影響を与えかねません。
2017.6.14.kazuki.105.サンプルの画像

国立成育医療研究センターのリハビリテーション科では、機能訓練や発達促進訓練の手段として、さまざまな遊びを用い、療養中の子どもたちの力を最大限引き出せるようなアプローチを心がけています。

お子様の声 Child's Story

2017.6.14.kazuki.086.サンプルの画像

まだ小さいため発語は難しいのですが、普段自由に動けないこの子にとって、思い切り動けるお気に入りの空間になっているようです。

ご家族の声 Family's Story

2017.6.14.kazuki.109.サンプルの画像

重い先天性の疾患によって、肝臓移植が必要になって急きょ入院したのが2年前。臓器移植手術は無事成功し、その後も呼吸器など全身に症状の残る身体ではありますが、入院しながらこうしてリハビリに通っています。 
普段、身体の状態の配慮から、同世代のこどもたちと保育に参加したり、外に出て身体を動かす機会がなかなかないのですが、こうして個室で思い切り動ける機会があるということが有り難いと感じています。

医療スタッフの声 Staff's Story

リハ科2の画像

この度は、素敵なジャングルジムをご寄贈いただき、ほんとうに有難う御座います。このジャングルジムは、リハビリテーション科で一番大きな個室に設置させていただきました。
国立成育医療研究センターでのリハビリテーションは免疫力の低下したお子さんを対象にすることもあり、 状態への配慮から個室で実施することがあります。この個室は清潔を保てない玩具の設置はできないため、今までは、がらんとしたスペースでした。そこで、清掃が簡単で安全な遊具を探していたところ、このジムを見つけ、ウィッシュリストに希望を出した次第です。
戴きましたジムを設置したところ、お部屋の雰囲気が一気に明るくなり、一転子どもたちの“わくわくスペース”になりました。 見た目的にも楽しいため、子どもが自ら動きたいという気持ちを沸かせるかのようです。
なかなか歩きたがらなかった子どもが、入室と同時に一目散にジムまで小走りする様子が見られたり、乳幼児がジャングルジム目指してハイハイをしてつかまり立ちをしたり。入院生活ではなかなか味わうことのできない『ブランコの揺れる感覚』――これを リハビリのごほうびとして、たとえ好きではない練習であっても、リハビリをがんばろうとする子どもの姿も見られるようになりました。

TSUNAGU∞PROJECT 国立成育医療研究センターのウィッシュリストのごあんない

国立成育医療研究センターでは、Amazonギフトのウィッシュリストを運用しております。こちらのウィッシュリストは、​入院・通院される患​者さんの療養環境の向上のため、​看護・保育・療育といった様々な​ケアを支える大切なツールにを、子どもの療養を支える専門職が一人ひとりの状態・目的に合わせて選定したものになります。
この度、CLS(チャイルド・ライフ・スペシャリスト)・保育士・リハビリテーション(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)という専門職らによって、入院している子どもの体験を支える器具を選定したウィッシュリストを公開しております。
他にどのような物品が求められているかは、下記のリンクよりご覧いただけますと幸いです。

ご支援・ご寄付を賜りました皆さまに、厚く御礼申し上げます。今後とも、国立成育医療研究センターを何卒よろしくお願いいたします。