国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

寄付について Contribution

寄付について Contribution

折鶴の折り方とその歴史

今日は平和のシンボルでもある折鶴について、知識を深めながら折り方もご紹介します。

折鶴とは

折鶴(おりづる、折り鶴)は、正方形の紙を折って鶴に似せた形に作るもので、折り紙の一種。最もポピュラーな作品のひとつであり、折り方も簡単なため多くの世代に知られている。初心者向けの折り紙本の多くには作り方が掲載されている。
1枚の紙に切り込みを入れて、多数の折鶴を完全に切り離さずにくっついた状態で折る「連鶴」や、単体の折鶴を多数折って繋げていく「千羽鶴」などもある。他に尻尾を引っ張ることで羽を動かすものもある。また、折り終えた際に鶴の下部に息を吹き込むことで、胴体部分を膨らませることができる。
広島の七夕や仙台七夕などでは、七夕飾りの一つとして折り鶴を用いる。(出典:Wikipedia)

歴史

折鶴が文献に現れるのは江戸時代であり、井原西鶴の1682年に出版された『好色一代男』の中で、主人公の世之介が「比翼の鳥のかたち」をした「をり居(おりすえ)」をつくるという記述がある[1]。ただし『好色一代男』では図や絵がなく文章のみで書かれているため、「比翼の鳥」の折り紙がどのようなものなのかは定かではない。はっきりと折鶴が描かれるのは1700年に出版された『當流七寶 常盤ひいなかた』である。そのひいなかたの中の121番「落葉に折鶴」の項に、着物の模様として折鶴が描かれている。
その後、折鶴を発展させた連鶴が誕生した。明確な形で連鶴が記載されているのは1797年京都で出版された『秘伝千羽鶴折形』である。しかし1800年前後の複数の錦絵(浮世絵)には連鶴と思しき連なった鶴が描かれており、『秘伝千羽鶴折形』以前から連鶴が存在していたと考えられている。具体的には、少なくとも18世紀後半には江戸で連鶴が折られていたと考えられる。(出典:Wikipedia)

今日見つけた折鶴

今日、折り紙を回収していたら素敵な折鶴に出会いました。
目がとってもかわいいです。羽に書かれた前向きなメッセージも素敵ですね!
IMG_1398の画像

折り方

ご存知の方も多いかもしれませんが、こちら を参考にしてみてください。
調べていたら、実はたくさんの種類の折鶴があることが分かりました。
上級者の方は、こちら も挑戦してみてください。

折った折り紙の写真を撮って”おりがみツリー”宛てにメッセージで送ってください

折った折り紙の写真を撮ってFacebookページ”Origami Tree - おりがみツリー”宛てにメッセージで送ってください
お送りいただきましたお写真は、こちらのブログで順次紹介させていただきます。
みなさまからのお便り、心よりお待ちしております。

皆さまが折った素敵な折り紙、是非ソーシャルメディアに投稿してください

皆さまが折った素敵な折り紙、是非ソーシャルメディアに投稿してください。
その際、投稿にハッシュタグ #おりがみツリー を設置いただければ嬉しいです。
みなさまの投稿、心よりお待ちしております。

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次年度以降も『おりがみツリー』を継続するため、そして次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。