国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

小児治験ネットワーク

小児医薬品開発に必要な治験を促進するため、医療機関の治験実施体制整備を進める必要がありますが、小児領域では治験(開発)数が少ないため、小児施設の治験実施体制は盤石とは言い難い状況です。このため、小児医療施設による強固な「ネットワーク」を形成し、ネットワークを通して治験実施体制を整備していくことが重要になります。
日本に全国の小児医療施設等が加盟している日本小児総合医療施設協議会(Japanese Association of Children's Hospitals and Related Institutions:JACHRI、以下「協議会」という)があります。この協議会加盟施設を母体にし、平成22年11月に「小児治験ネットワーク」が設立され、当室にネットワーク事務局を設置し活動を開始しました。小児領域に特化した国内初の「小児治験ネットワーク」は、平成26年度末で33施設が参加し、施設間の連携強化に努めています。
この小児治験ネットワークの活動を通して、小児領域での治験・臨床研究(以下、「治験等」という)を推進させ、小児に使用できる医薬品・医療機器等の承認取得の拡大・充実を図り、小児医療の向上に寄与していきたいと考えています。

<小児治験ネットワークの主な活動・取組み>
  1. 治験等の実施環境の整備
    1. 小児治験ネットワークを介した治験の実施に必要な各種規程、手順書、書式等の統一化及び手続き等の一元化並びに必要な環境整備
    2. 治験依頼者からの小児治験の誘致及び治験実施可能な医療機関の迅速な紹介
    3. 中央治験審査委員会の設置および機能整備
    4. 治験関係者(CRC(Clinical Research Coordinator:臨床研究コーディネーター)など)への教育・研修
    5. その他、小児治験等を推進するための活動
  2. 小児用剤形を考慮した小児医薬品開発の促進
    1. 小児領域で必要とされる医薬品の実態調査
    2. その他、開発提言のための調査及び研究並びに開発支援

※小児治験ネットワークの取り組みについてもっと知りたい方は、こちら