国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

臨床疫学部

部門紹介

臨床疫学とは、集団の健康課題を対象とする疫学における研究や技法として、臨床研究の成果を診療現場に適用していく根拠に基づく医療(EBM)や、ランダム化比較試験やコホート研究といった疫学研究手法を臨床試験のプロセスに適用して、臨床研究の発展に寄与してきた学問領域です。
臨床疫学部では、コクラン共同計画日本支部をはじめとする系統的レビュー(システマティックレビュー)、費用対効果分析(決断分析)を含めた医療技術評価、さらに診療ガイドラインといった手法で、臨床研究と診療現場をつなげる役割を果たすと同時に、疫学技法に長けた専門家が臨床研究のデザインの支援や発案などを行っています。また、700程度の小児医療の主要疾患の登録と関連情報提供を通じて、臨床研究のシーズを探し出すとともに、参加者の検討などで、臨床研究開発センターの活動を支えています。

業務・研究内容

当部には、EBM推進室、医療技術評価室、小児慢性特定疾病情報室があります。
  1. EBM推進に向けた取り組みについて
    科学的根拠(エビデンス)を政策や臨床、医療現場に適応するためには、入手し得る最良の科学的根拠(系統的レビュー)の信頼性と確からしさを評価する必要があります。EBM推進室では、コクラン共同計画日本支部としてコクラン系統的レビューの著者を支援するとともに、ワークショップや系統的レビュー手法の教育、科学的根拠に基づく医療やケアの普及啓発に取り組んでいます。
  2. 医療技術の評価について
    医療技術評価とは、医薬品、医療機器等や新しいケアなどの医療技術に関して、その利用による医学的・経済的・倫理的な影響について評価することです。医療技術(診療行為)に関する系統的レビューと、医療経済評価(費用対効果分析)など、幅広い分野にまたがる政策分析を行います。医療技術評価室では、系統的レビューと費用対効果分析の専門家が、成育医療を中心にした医療技術の評価に取り組んでいます。
  3. 小児慢性特定疾病に関する情報について
    小児慢性特定疾病情報室では、小児慢性特定疾病対策において医療費助成を受けるために申請された患者データを集約・精査し、小児慢性特定疾病に係る基礎的なデータベースを構築し、これらのデータを研究者、研究機関等に提供することにより、小児慢性特定疾病の治療研究の推進を図ることを目指しています。
    さらに、小児慢性特定疾病児童等の治療・療養生活の改善等に資する情報の一元化を図り、患者やその家族、小児慢性特定疾病児童等の支援団体および関係学会、自治体等にわかりやすく情報提供するためのポータルサイト「小児慢性特定疾病情報センター」を構築、運用し、小児慢性特定疾病児童等の治療・療養生活の改善等に寄与することを目指しています。

EBM推進室

科学的根拠(エビデンス)を政策・臨床や現場に適応するには、個々の研究に基づくのではなく、入手しうる最良の科学的根拠(系統的レビュー)の信頼性と確からしさを評価し、適応します。EBM推進室では、コクラン共同計画日本支部としてコクラン系統的レビューの著者を支援するとともに、ワークショップや系統的レビューの手法の教育、科学的根拠に基づく医療やケアの啓発活動に取り組んでいます。

医療技術評価室

医療技術評価とは、医薬品・医療機器・新しいケアなどの医療技術に関して、その利用による医学的・経済的・倫理的な影響について評価する、広い分野にまたがった政策分析とされていて、通常、その医療技術(診療行為)に関する系統的レビューと医療経済評価(費用対効果分析)、必要に応じて総意形成によって成り立っています。医療技術評価室では、系統的レビューと費用対効果分析といったそれぞれの専門家をそろえる体制を組んで、成育医療を中心に医療技術評価に取り組んでいます。

小児慢性特定疾病情報室

小児慢性特定疾病対策において医療費助成を受けるために申請された患者データを集約、精査し、小児慢性特定疾病に係る基礎的なデータベースを構築し、これらのデータを研究者、研究機関等に提供することにより、小児慢性特定疾病の治療研究の推進を図ることを目指しています。
さらに、小児慢性特定疾病児童等の治療・療養生活の改善等に資する情報の一元化を図り、患者やその家族、小児慢性特定疾病児童等の支援団体および関係学会、自治体等にわかりやすく情報提供するためのポータルサイト「小児慢性特定疾病情報センター」を構築、運用し、小児慢性特定疾病児童等の治療・療養生活の改善等に寄与することを目指しています。