国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

臨床研究フェロー

国立成育医療研究センター
臨床研究フェローシッププログラム
NCCHD Clinical Research Fellowship Program

臨床研究フェローシップは、臨床研究の専門家を養成するための、2~3年のプログラムです。臨床研究フェローは、以下の臨床研究フェローシッププログラム修了のための要件を満たす範囲で、自身の研究分野(research interests)に沿った、独自のプログラムを組むことができます。

臨床研究フェローシッププログラム修了のための要件(Program Requirements)

国立成育医療研究センターの臨床研究フェローシッププログラムを修了したと認定されるためには、以下の条件を満たす必要があります。
  • 自ら設定したリサーチクエスチョンに対して、研究計画の立案から実施までを行う=プログラムの全期間を通して1件以上
  • 筆頭著者として英語原著論文の出版=プログラムの全期間を通して1件以上
  • 1年次、臨床研究教育セミナーへの参加=2セミナー以上
  • 2年次以降、教育補助業務=2セミナー/年以上
  • 臨床研究フェロープレゼンテーションの実施=1回/年以上

リサーチアドバイザー(Research Advisor)

臨床研究フェローは、臨床研究開発センターのいずれかの部に所属し、自身のresearch interestsによりリサーチアドバイザーを選択します(原則として臨床研究開発センターの部長あるいは室長)。リサーチアドバイザーは、臨床研究フェローに対して当該分野に関連した教育を行うとともに、臨床研究フェローに臨床研究実施の機会を与え、臨床研究の各ステージを自ら行えるよう支援します。
臨床研究フェローは、自身のresearch interestsや実施している研究の進捗状態、フェローシッププログラムの期間により、プログラムの中途で所属部およびリサーチアドバイザーを変更することができます。また、臨床研究フェローはその所属を問わず、臨床研究開発センターの各部から専門的なアドバイスや支援を受けられます。

プログラムアドバイザー(Program Advisor)

プログラムアドバイザーが、臨床研究フェローがリサーチアドバイザーを選択し、独自のフェローシッププログラムを作成する支援を行います。また臨床研究フェローの必修コースの取得状況や実務実習の実施状況など、修了のための要件を満たしているかの確認も行います。プログラムアドバイザーは、臨床研究教育部長が担当します。
また臨床研究フェローは、プログラムアドバイザーの指導のもと、プログラムの期間を通して全員で協力し、1つのプロジェクトを遂行することが勧められます。内容は臨床研究フェローの興味、背景により、相談のうえ決定されますが、例としては、全員で協力しての研究課題の遂行や教育プログラムの立案・実施などがあげられます。

必修コース(Core Courses)

臨床研究フェローは、臨床研究教育セミナーのうち、1年次に2セミナー以上を受講し、2年次以降年間2セミナー以上について教育補助を行うことが求められます。

臨床研究フェロープレゼンテーション(Clinical Research Fellow Presentation)

臨床研究フェローは、1年に1回、自身の実施している研究に関して、臨床研究開発センターの全職員を対象にしたプレゼンテーションを行います。

臨床研究フェローランチミーティング(Clinical Research Fellow Lunch Meeting)

臨床研究フェローは、2ヶ月に1回程度、臨床研究開発センター長・臨床研究教育部長・臨床研究教育室長とlunch meetingを行い、フェローシッププログラムの実施状況やその他意見交換を行います。

実務実習(Practicum)

  • 教育補助(Teaching Assistant:TA)
    臨床研究フェローは、2年次から(既に当該分野のトレーニングを受けている者に関しては1年次より)、臨床研究教育セミナーおよび臨床研究相談室の補助業務を行います
  • 研究補助(Research Assistant:RA)
    臨床研究フェローは、臨床研究の各種技法を習得するために、自身が実施する臨床研究以外にも、所属する部の臨床研究の補助を行います。

修了後の進路(Career Path)

  • 臨床研究を実施する医療職(医師・看護師・薬剤師・その他コメディカル)
  • 医療機関・研究機関・教育機関あるいは民間組織(製薬企業・CRO)において、臨床研究を支援・推進する専門職
  • 大学等の教育機関の臨床研究を専門とする教員
  • 研究機関の臨床研究を専門とする研究者