国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

データセンター業務

質の高い臨床研究を行うためには、間違い(エラー)のないデータ収集が不可欠です。しかし、人間が作業を行う以上、間違いをゼロにすることは困難です。業務手順書やIT(情報技術)はエラーを減らすことを目的として作成・活用されます。大切なことはこれらのツールを揃えることではなく、ツールを活用した業務フローを取り入れ、データエラーを限りなくゼロに近づけることです。
データ管理部では組織的にデータセンター業務を担い、データエラーをゼロに近づけるための支援を行います。具体的な業務は、① 被験者登録支援、② データマネジメント、③統計解析からなります。さらに、データエラーが発生しにくい研究計画を立てることも重要なため、計画書作成の支援も行っています。
 の画像

  • 研究計画書および症例報告書作成支援
    無駄なく、計画的にデータを収集する支援を行います。エラーが少なくなるような症例報告書デザインも支援します。
  • 登録システム・データ収集システムの設計と運用
    被験者が多くなると、紙媒体での登録やデータ収集は困難になります。メリットが大きいと判断された場合、電子的に症例登録やデータ収集を行うシステム(EDC)の運用支援を行います。
  • データマネジメント
    登録状況のモニタリングを行って責任医師に報告します。また、欠損値や誤入力などのチェックを行い、品質の高いデータセットに仕上げます。最終的に解析用データセットを作成します。
  • 統計解析
    統計解析作業の流れは事前に文書化されます。その手順に沿って作業を行うことで、質の高い解析結果を提供します。
お問い合わせ:臨床研究相談窓口 (メールアドレス:下記)
臨床研究相談窓口のメールアドレスの画像