国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > プレスリリース
  • > 2018
  • > "WHO recommendations on home-based records for maternal, newborn and child health"(母子の健康のための個人健康記録に関するガイドライン)に貢献

"WHO recommendations on home-based records for maternal, newborn and child health"(母子の健康のための個人健康記録に関するガイドライン)に貢献

FireShot Capture 179 - WHO I WHO recommendations on home-bas_ - http___www.who.int_maternal_child_の画像

世界保健機関による、母子健康手帳を含めた、母子の健康のための個人健康記録に関するガイドラインが発行されました。このガイドラインでは、母子の健康のための個人健康記録をすべての国で整備していくことを推奨しており、日本の母子保健分野における国際貢献が期待されています。

国立成育医療研究センターの森 臨太郎政策科学研究部長がガイドライン委員として、また森らが行ったモンゴルにおける母子健康手帳のクラスターランダム化比較試験の結果がガイドラインの推奨に結びつくことで、貢献しました。国際協力機構(JICA)もその開発に協力しています。詳しくは世界保健機関の下記のページをご参照ください。

▸ 関連情報

本件に関する連絡先

国立成育医療研究センター(代表)

03-3416-0181

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


取材に関すること: 企画戦略局 広報企画室