国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

思春期早発症の新たな原因を解明

Gタンパク共役型受容体の機能亢進を招く新たなメカニズムを解明


国立成育医療研究センター分子内分泌研究部の鈴木研究員、深見部長らのグループは、薬剤治療研究部の山内室長、浜松医科大学小児科の緒方教授らのグループと連携し、思春期早発症患者においてPROKR2遺伝子変異を同定しました。

PROKR2は、Gタンパク共役型受容体(GPCR)の1つで、脳におけるホルモン分泌制御に関与しています。 PROKR2遺伝子は、思春期遅発症の原因遺伝子としてよく知られています。

今回同定された変異タンパクはシグナル伝達能を喪失していましたが、同じ細胞内に存在する正常なPROKR2タンパクの機能を高める作用があることが見出されました。患者さんは正常なPROKR2と変異のあるPROKR2の両方を持っていたことから、変異タンパクが正常タンパクの機能亢進を介して過剰ホルモン分泌を招いたと考えられます。

プレスリリースのポイント

  • 思春期早発症患者さんの中には、原因不明の方が多くいらっしゃいます。このような患者さんの発症原因の一部には、PROKR2変異があると推測されます。この情報は、思春期早発症患者さんの診療に役立ちます。
  • ヒトには約750のGPCRがあり、ホルモン分泌調節や感覚受容を含むさまざまな生体内機能に関与しています。これまで、GPCRの機能亢進を招く変異はごく少数しか知られていません。これらはすべて異常なシグナル伝達能を有するタンパクを作るものでした。今回同定されたPROKR2変異と同様の奇異性機能亢進メカニズムは、他のGPCR遺伝子にも生じると推測されます。
  • 今回の成果は、GPCR機能亢進に起因する新たなヒト疾患の解明につながる可能性があります。



      図5の画像
      図6の画像

      発表論文情報

      著者: Fukami M, Suzuki E, Izumi Y, Torii T, Narumi S, Igarashi M, Miyado M , Katsumi M, Fujisawa Y, Nakabayashi K, Hata K, Umezawa  A, Matsubara Y, Yamauchi J, Ogata T.
      題名: Paradoxical gain-of-function mutant of the G-protein coupled receptor PROKR2 promotes early puberty.
      掲載誌:J Cell Mol Med 2017 [Epub ahead of print]

      ご寄付のお願い Contribution&Donation

      国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

      国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

      次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。