国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

エジプト国立肝臓センターにおける生体肝移植手術支援


臓器移植センター
笠原群生


2016年12月29日~2017年1月2日までエジプト外科学会発表・メノフェーヤ大学国立肝臓センターで生体肝移植手術支援に参加して参りました。エジプトはイスラム国家のため、お正月も通常勤務です。エジプト外科学会では「日本の生体肝移植手術の技術革新」について発表してきました。生体肝移植は日本発祥の医療で、数多くの革新的手術手技が日本の先輩外科医によって開発されてきた歴史があります。その後カイロからメノフェーヤ州に移動し31日原因不明肝硬変2歳男児、1月1日原発性硬化性肝硬変17歳男子、1月2日カロリー病2歳女児の3例生体肝移植支援を行ってきました。エジプトはイスラム国家のため宗教上の理由で、脳死臓器移植が困難で、末期肝不全患者さんの救命には生体肝移植が不可欠です。国立肝臓センターでの肝移植支援は2001年より開始しており、すでに15年になります。私と同じように若かった移植医が成長する姿を拝見することができ、大変有意義な時間を過ごせました。今後も中東での生体肝移植の支援を続けていこうと思います。


写真1.国立肝臓センターでの生体肝移植手術支援
2017_0104_1.jpgの画像

写真2.手術後に移植チームと
2017_0104_2.jpgの画像

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

本件に関する連絡先

国立成育医療研究センター(代表)

03-3416-0181

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


取材に関すること: 総務部総務課広報係(内線 7783)