国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > 新着情報
  • > 2018
  • > 産経新聞“若いうちから妊娠・出産の知識を…「プレコンセプションケア」 妊娠前からの健康意識が大切”として報道されました

産経新聞“若いうちから妊娠・出産の知識を…「プレコンセプションケア」 妊娠前からの健康意識が大切”として報道されました

国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センターの荒田尚子・母性内科診療部長の取材記事が産経新聞で情報公開されました。

医師・スタッフ

荒田 尚子の画像

氏名 あらた なおこ
荒田 尚子
Naoko Arata
所属・役職 周産期・母性診療センター 母性内科 診療部長
妊娠と薬情報センター (兼務)
卒業大学(卒業年) 広島大学医学部(1986)
専門分野 内分泌・代謝学(特に妊娠に関連した糖尿病、甲状腺領域)
母性内科学
資格・学位 医学博士
日本内科学会認定 内科専門医
日本内科学会認定 内分泌代謝科専門医・指導医、評議員
日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医・指導医、理事
日本糖尿病学会 糖尿病専門医・指導医、学術評議員
日本糖尿病・妊娠学会評議員

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

よりよい情報提供のためにあなたのリクエストを教えてください