国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

「看護の日」のイベントを開催しました

5月12日はフローレンス・ナイチンゲールの誕生日です。『いのちに寄り添うプロフェッショナルとして』とし、看護部が主催で、1階エントランスホールにて看護の日のイベントを行いました。
看護師、助産師による育児相談や健康チェック、体験コーナーを設け、普段と違った形で患者さんと接することが出来ました。またパネル展示を行い、日頃のスタッフの取り組みも紹介いたしました。

健康チェック・病院ごっこ

DSC0462の画像
DSC0486の画像
チャイルド・ライフ・スペシャリストと病院ごっこ

体験コーナー

_DSC0494 (2)の画像
_DSC0492 (2)の画像
_DSC0495の画像
体験コーナーでは看護衣を着て記念写真をしました

育児相談

_DSC0512 (2)の画像
_DSC0516の画像
_DSC0497の画像

臨床試験推進室

DSC0498の画像
DSC0513の画像
アンケートにご協力頂きありがとうごいました。

治験のマスコットボーイ『ちけんくん』

_DSC0507の画像
DSC0518の画像
治験のマスコットボーイ ちけんくんは子どもたちに大人気でした。

パネル展示

看護の日01の画像
看護の日02の画像
看護の日03の画像
看護の日04の画像
看護の日05の画像
スタッフの取り組みをパネル展示しました。

▸ 国立成育医療研究センターの看護部

国立高度専門医療センター国立成育医療研究センター看護部は、胎児期から小児及び次世代を育成する成人期を含めて、対象となる子どもと家族が生涯をとおして健康生活が維持・増進できるように看護を実践しています。

当センターでは、年齢とともに変化する状況をふまえ、小児医療だけではなく、成人医療と連携した移行期(トランジション)外来を開始。退院後も医療的なケアを必要とする子どもと家族が、その人らしく穏やかなくつろぎができる施設「もみじの家」を開設いたしました。このように現状や動向をふまえ、常に進歩・発展していくための取り組みを行っております。

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。