国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

患者・ご家族の方へ Patient & Family

患者・ご家族の方へ Patient & Family

笠原 群生(国立成育医療研究センター 臓器移植センター長)「沢山の子どもたちが医者を目指してくれたらうれしい」│2016年度ブラック・ジャックセミナー企画

臓器移植センター長
笠原 群生

462870_330222510374250_1016231431_oの画像

――現在のお仕事について教えてください。
肝臓や腎臓の悪い子どもの患者さんの臓器を移植しています。

――仕事で大事にしていること、大事にしてきたことを教えてください。
とても困っている患者さん・ご家族が国立成育医療研究センターに来るので、患者さんを支えることを大切にしています。

――いつ、どうして小児外科の世界を目指そうと思いましたか?
移植外科では、手術しなければ亡くなってしまう患者さんを、助けることができるからです。

――仕事の楽しさはどのようなところにあると思いますか?
よくなっていく患者さんを診ることです。

――仕事で辛かったことはありますか?
患者さんの治療がうまくいかないと、とてもつらくなります。

――これからお仕事でチャレンジしたいことはどんなことですか?
後輩の外科医を育成することです。

――これからの将来、どんな力が必要になってきて、どのように準備をすべきだと考えますか?
これからはiPS細胞やES細胞などによる再生医療が発展していくと思います。若い力が必要です。

――小さい頃どんなお子さんでしたか?
あまり優秀な子供ではなかったです。勉強は算数が好きでした。田舎生まれなので裏山で虫取りしたり、魚釣りをして遊んでいました。

――「ブラック・ジャック」のイメージ、思い出に残るシーンをお聞かせ下さい。
かっこいいなんでも治せる天才外科医。
第4話 ときには真珠のように”本間丈太郎先生の「人間が生き物の生き死にを自由にしようなんて、おこがましいと思わないか」のセリフが好きです。

――手塚マンガについて、思い出に残るシーン・作品をお聞かせ下さい。
どろろの成長してゆく姿が好きでした。

――子どものころに熱中していたことや好きだったことはなんですか?それは今に繋がっていると思うことがありますか? 
子供のころは遊んでばかりいて親によく怒られていました。好きなことは川で魚取り、ザリガニ釣り、山で虫取りです。朝早くから夜遅くまでやっていました。体を動かすことが好きなので、今の外科医の生活に役立っています。

――今の小学校・中学校・高校の子どもたちへのメッセージ、お願いします。
外科医はだれでもなれるものではありません。高い技術と精神力が必要です。外科医は手術で患者さんを治すことができます。大変だけどやりがいのある仕事です。沢山の子どもたちが医者を目指してくれたらうれしいです。外科医になって私たちと一緒に困っている患者さんたちを治していきましょう。

国立成育医療研究センター“ブラック・ジャック セミナー”のご案内

このたび、国立成育医療研究センターでは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の共催のもと、「ブラック・ジャック セミナー」を開催いたします。【お申し込みは終了しました】

ブログの購読はメールマガジン・facebookが便利です