不育診療科

妊娠は成立しても流産や死産あるいは新生児死亡を繰り返し、生児を得ることができない病態を不育症といいます。

一般的には2回連続した流産・死産があれば不育症と診断し、原因を探索します。また1人目を正常に分娩しても、2人目、3人目が続けて流産や死産になった際、続発性不育症として検査をし、治療を行なう場合があります。

最近の研究では、不育症の検査で原因がはっきりとした方は適切な治療を行ない、原因不明(偶発的な流産をくり返したと思われる方)の方は何も治療をしなくても、次回の妊娠で成功する確率は高く、過去に5回までの流産であれば、おおむね治療成績は良好とされています。ただし、6回以上の流産歴のある方は難治性で特別な治療法が必要かもしれません。原因にもよりますが、最終的には80%以上の方が出産することができるとされています。


流産はどれくらいの頻度でおきますか?

女性の年齢にもよりますが、妊娠の15%程度が流産になると言われています。妊娠反応だけが陽性で、子宮の中の赤ちゃんの袋がみえる前に流産してしまう化学流産は不育症の流産回数には含めません。


不育症の原因として考えられることは何ですか?

夫婦の染色体異常に加えて、妻側の要因としては、子宮形態異常、内分泌異常、凝固異常、免疫異常など種々の要因があります。この中には、偶然に流産を繰り返しただけで、異常が無い人も含まれます。
詳しく調べても原因が分からない場合が、35~60%ほどあります。不育症患者の50%は、胎児の染色体異常を偶然繰り返しただけという報告もあります。また初めての流産でも妊娠10週以降の場合では、母体の要因が重要になってくるとされていますので、検査をする意義はあるされています。


流産を来す原因として考えられているものには以下のような病態があります。

  1. 免疫学的異常
    抗リン脂質抗体などの自己抗体陽性 → 胎盤で血栓をつくり胎児の循環障害を来す
    同種免疫異常 → 父親の一部を含む胎児を異物とみなして排除しようとする
  2. 内分泌学的異常
    甲状腺機能異常・黄体機能不全・プロラクチン分泌異常
  3. 子宮形態異常
  4. 両親の染色体異常

成育医療研究センターでの不育症外来の流れについて教えてください

外来診療は毎週水曜日と木曜日の午前中に行っています。診療は予約制となっており、初診の方は30分の診療枠を確保しています。プライバシーの保護にも心がけ、診療の順番が来たら、患者様のお名前は呼ばずに、受付時に渡されるポケットベルにメッセージで連絡をさせていただいています。


初診


          ①問診  今までの妊娠歴を中心にお尋ねします
                    前医での検査データなどお持ちの方はご持参してください
     ②診察   内診や超音波検査などで子宮や卵巣の形状を調べます
     ③月経周期に合わせた検査計画を立てます          
                        おおよそ全ての検査を終了するのに2ヶ月程度かかります


2回目以降の診察


           ①不育症の検査を開始  流産や死産の原因を調べます
           ②検査の結果確認と今後の方針の検討


治療にはいろいろな方法がありますが、どの治療法を選択するかが大切なポイントとなります。

リスクを知り 適切な治療を選択することで 自信を持って次の妊娠へ臨みましょう


成育医療研究センターにおける不育診療について

当センターでは以下の検査項目に基づいて診療を行っています。

妊娠前に行う検査

生理3日目

① 女性ホルモン検査 FSH、LH、E2、PRL
  甲状腺機能検査  FT3、FT4、TSH、抗サイグロブリン抗体、抗TPO抗体、TSHレセプター抗体
  ~卵巣機能や甲状腺機能に対するホルモン検査です 〔約4,500円〕
② AMH(抗ミューラー管ホルモン)  ~卵巣予備能を予測する検査です〔約12,000円〕
③ 超音波検査  ~子宮の形態・卵胞の数などをチェックします


生理後の低温期に行う検査

① 子宮卵管造影検査および後撮影(翌日) 検査に2日間要します
  ~子宮に造影剤を注入してX線撮影を行い、子宮の形態ならびに内腔の病変の有無を検索します 〔約1,200円〕
② 子宮鏡検査
  ~内視鏡を子宮内に挿入して、子宮内腔の病変の有無を検索します 〔約2,400円〕


高温期中頃に行う検査

① 超音波検査  ~子宮内膜の厚さ・卵巣などをチェックします
保険診療で行う検査 〔約8000円〕
  黄体ホルモン、凝固検査(プロテインC抗原/活性、プロテインS抗原/活性、血小板)
  抗体検査(抗核抗体、抗カルジオリピン抗体IgG、抗CL-β2GPI抗体、ループスアンチコアグラント蛇毒法/リン脂質中和法)
  自費診療で行う検査 〔約33,000円〕
  APTT、抗カルジオリピン抗体IgM、抗フォスファチジールエタノールアミン抗体IgG / IgM、XII因子活性、抗プロトロンビン抗体
  ~黄体機能検査や、流産に関与する凝固検査ならびに抗リン脂質抗体などの抗体検査となります


随時検査

① 夫婦染色体検査 ~ご夫婦の同意が得られた場合に行っています 〔お一人で約9,900円〕
② 糖尿病検査(空腹時血糖、インスリン、HbA1c)~結果により糖負荷試験などを追加します 〔約1000円〕


妊娠確認後に行っている検査

① 血液検査(hCG、P)、超音波検査
  ~胎児発育をチェックするために行います
② 流産絨毛染色体検査
  ~流産となった場合、染色体異常による流産かどうか判断するために行います 〔自費¥65,000〕


  • * 外来は月曜日から木曜日まで、いずれも午前中の診療となります。
  • * 担当は月曜日・火曜日は小澤伸晃、水曜日・木曜日は三井真理となります。学会などにより変更することもあります。
  • * 免疫療法や手術治療が必要となる場合は、他の病院を紹介させて頂くことがあります。
  • * 診療結果を学会や論文等で発表することがあります。
      (プライバシーの保護に関しては十分留意致します。)

成育医療研究センターの不育症治療はどのようなことを行っていますか?

検査で見つかった異常について適切な治療を選択します。

凝固因子異常や抗リン脂質抗体症候群では、抗血栓療法(アスピリン内服やヘパリン注射)を行う場合があります。甲状腺機能異常や糖尿病などの内科疾患やホルモン分泌異常が判明した場合には母性医療診療部と連携しながら治療を行い、その他にも不妊診療科・産科・胎児診療科・遺伝診療科などとも綿密に連携しながら患者さまに合わせた医療を提供しています。妊娠成立した場合は、初期流産を超える時期(おおよそ妊娠12週)まで不育診療科で診療を行い、以降は当センター産科へ診療の引継ぎをしています。

このように当院では各診療科との綿密な連携により、妊娠成立から出産さらにはその後の育児までをサポートする包括的な診療が可能です。こころの診療部や母性内科などとの協力のもとに、患者さんの「こころ」のケアに関しても十分に配慮した医療が行えるよう一同心掛けています。


成育医療研究センター不育診療科の治療成績を教えてください。

2002年から2009年までに当センターで診療を行った流死産を経験された方に、流死産原因を推定、次回妊娠転帰まで調査したところ、適切な治療を施行することで約96%の方が次回の妊娠で生児を得ることができています。 流死産に対して系統的な原因検索により反復性の有無を判断することが大切で、母体側要因を有する場合は適切な妊娠管理が有効であると考えています。


外来診療について

  • 外来診療担当表はこちらを御覧下さい。
  • 担当医師については、こちらを御覧下さい。
  • * 外来は月曜日から木曜日まで、いずれも午前中の診療となります。
  • * 担当は月曜日・火曜日は小澤伸晃、水曜日・木曜日は三井真理となります。学会などにより変更することもあります。
  • * 免疫療法や手術治療が必要となる場合は、他の病院を紹介させて頂くことがあります。
  • * 診療結果を学会や論文等で発表することがあります。
      (プライバシーの保護に関しては十分留意致します。)

▲ ページ上部に戻る

▲ 周産期・母性診療センターに戻る