循環器科・心臓血管外科

グレン手術

上大静脈(上半身から帰ってくる血液)と肺動脈をつなげる手術を「グレン手術」と呼びます。

主に、単心室などの疾患に対して行われる手術で、生後3-6ヶ月程度で行わることが多いです。手術後の酸素飽和度はおよそ80%前後となります。

bdg

このグレン手術を行った後、生後1-3歳くらいで「フォンタン手術」を行います。

通常、グレン手術の前、フォンタン手術の前それぞれで心臓カテーテル検査を行い、肺動脈の形や肺動脈圧を検討します。

▲ ページ上部に戻る

▲ 診療科・部門に戻る