国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

患者・ご家族の方へ Patient & Family

患者・ご家族の方へ Patient & Family

セカンドオピニオン外来の流れ

国立成育医療研究センターのセカンドオピニオン外来の流れ

1. 連絡

  • 医療連携室セカンドオピニオン外来担当者(03-3416-0181(代))に電話でご連絡ください。医療連携室セカンドオピニオン外来担当者が対応します。

2. 確認

  • セカンドオピニオン外来担当者-電話で必要事項を確認します。
    • 当センターでのセカンドオピニオンが可能か
    • 現在の主治医から診療情報提供書などの必要資料を用意いただけるか
  • 関係書類の入手方法の確認/ご案内

3. 日時決定

  • 医療連携室セカンドオピニオン外来担当者が、担当医と日程を調整後、候補日を相談者に電話でご連絡し、セカンドオピニオン外来の日時を決めます。

4. 郵送

  • 入手した関係書類一式を確認してください。
  • 診療情報提供書と資料を現在の主治医から入手(日時決定前に入手し、郵送していただく場合もあります)
  • 申込書 同意書 相談シートに必要事項を記入し捺印。
  • 必要書類をセカンドオピニオン外来担当宛てに書留で郵送し、連絡をお願いいたします。

5. セカンドオピニオン当日

  • セカンドオピニオン当日、予約時間の20分前までに来院し、初診受付1番カウンターで「セカンドオピニオン外来」を予約していることを伝えてください。
  • 医療連携室セカンドオピニオン外来担当者が案内しますので、お待ちください。(続柄確認の書類を確認いたします。)

以下の場合はセカンドオピニオン外来での、ご相談の対象になりません

  • 当院での診療を明確に希望している場合
  • 当院での診療を依頼する診療情報提供書を持っている場合
  • 主治医に対する不満及び主治医が了解していない場合
  • 既に終了している治療に対しての相談
  • 相談内容が当院のセカンドオピニオン外来の専門領域以外の場合

お願い

セカンドオピニオンを希望する旨を、必ず現在の主治医に伝えてください。主治医からの診療情報提供がない場合、有効なセカンドオピニオンを行うことができません。
情報の提供が不十分な場合、医療機関に問い合わせを行う場合があります。

セカンドオピニオンに必要なもの

  1. 現在の主治医からのセカンドオピニオン用診療情報提供書と参考資料 (CT,MRI,超音波、検査データなど)
  2. セカンドオピニオン外来申込書、同意書、相談シート(「関係書類の入手方法」をご覧ください。)
  3. 相談者が本人ではない場合、相談者と患者の続柄を確認できる書類(保険証、母子手帳など)

関係書類の入手方法

(1) 国立成育医療研究センターホームページからダウンロードする。

(2) 医療連携室から書類一式を郵送する。

<関係書類の内容>

  1. 国立成育医療研究センター セカンドオピニオン外来についての説明書 
  2. 国立成育医療研究センター セカンドオピニオン外来申込書 
  3. 同意書 
  4. セカンドオピニオン相談シート

利用料金

全額自費扱いになります<健康保険適用外>

① 相談時間料金

60分 21,600円
75分 27,000円
90分 32,400円

  • 相談時間は原則として60分以内です
  • 以下の料金には返書作成料が含まれます

② 追加料金

画像診断 CTまたはMRIを含む画像診断を行った場合 5,250円

CTとMRIを含まない画像診断を行った場合 2,625円
複数科対応 複数診療科の担当医が対応した場合 5,250円
病理診断 病理医が病理診断を行った場合 7,700円

<免疫染色検査や遺伝子検査を行った場合には、別途料金がかかります>

お問い合わせ

セカンドオピニオンについての質問は、医療連携室セカンドオピニオン外来担当に電話でお問い合わせください。「医療連携室・患者支援センター セカンドオピニオン外来担当」をお呼び出しください

国立成育医療研究センター(代表)

03-3416-0181

平日 9:00~16:00
(12月29日~1月3日・土日祝日を除く)