母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査
(無侵襲的出生前遺伝学的検査)についてお知らせ


 本検査に関しては、日本産科婦人科学会の中に検討委員会が設置され、この検査に対する基本的な考え方や検査を行う場合に求められる要件などが「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」として、平成25年3月9日にとりまとめられました。

 その指針を受けて、日本医師会、日本医学会、日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会および日本人類遺伝学会は、同日共同声明を出しました。その声明では、「その実施は、臨床研究として、認定・登録された施設において慎重に開始されるべきである。」と、また、施設の認定・登録は、「日本医学会臨床部会運営委員会「遺伝子・健康・社会」検討委員会の下に設置する「母体血を用いた出生前遺伝学的検査」施設認定・登録部会で行う」とされています。

 当センターは、これらの指針と声明に沿って臨床研究を開始するため、施設の認定・登録を申請し、認可を受けました。臨床研究参加の予約受付を平成25年4月3日より、また臨床研究は4月9日より開始いたします。

詳細については「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査(無侵襲的出生前遺伝学的検査)の臨床研究」をご覧ください。

 

(2013/04/01)

 

過去のお知らせ

2013年3月12日

2013年1月8日




















▲ ページ上部に戻る

▲ 病院トップページに戻る